イ・ジュンギ大好きブログ^^
プロフィール

みゅーず

Author:みゅーず
みゅーずのイ・ジュンギ大好きブログ^^
宜しくお願いしますm(__)m

韓国語は、まだまだ勉強中です。至らぬ点、
誤訳もあり得ますので、記事の持ち出しは
ご遠慮ください



English Version

한국어 버전

カテゴリ
ジュンギ君動画
「CriminalMinds」ハイライト 「月の恋人 歩歩驚心:麗」ハイライト   「夜を歩く士」teaser1 「夜を歩く士」teaser2 「朝鮮のガンマン」ハイライト 「Two weeks」ハイライト 「アラン使道伝」teaser 2012.02.16 除隊teaser
JGshock / twitter
ジュンギ君のドラマ関連商品
Amazonファミリー
月別アーカイブ
.


image_readtop_2013_1001475_13820711421078547
image_readtop_2013_1001479_13820712021078550
image_readtop_2013_1001497_13820713001078552
image_readtop_2013_1001499_13820713511078555
image_readtop_2013_1001501_13820713931078556
image_readtop_2013_1001502_13820714351078559
image_readtop_2013_1001505_13820714931078562
image_readtop_2013_1001507_13820715351078564
image_readtop_2013_1001510_13820715821078569
image_readtop_2013_1001514_13820716911078574
image_readtop_2013_1001517_13820717351078575





韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
ランキングに参加しています。それぞれにポチッとしていただけると励みになります^^
スポンサーサイト
2013/11/20 20:50 「2weeks」インタビュー TB(-) CM(0)

‘また、再発見’イ・ジュンギ、 “今の僕は青春スターでも演技派俳優でもないけれど”
기사입력 2013-10-18 09:04

狂ったように走った。そして殴られた。絶壁から落ちたし、急流にも巻き込まれた。
殺人の濡れ衣を着た逃亡者だった。すさまじい死闘には理由があった。結婚どころか
恋愛もしないイ・ジュンギが娘を助けるための過程だった。
いわゆる ‘いわれのない苦労をするドラマ’おかげでスタッフの中では忌み嫌う俳優
1位にも名前があがった。“苦労するドラマだけ撮影したものだから、名簿にイ・ジュンギ
が居たならしない”という笑えない冗談だった。

今回のドラマ‘2weeks(MBC)’でもイ・ジュンギ(31)は、苦労を買ってした。実際、今までの
作品もそうだった。犬とオオカミの時間(2007, MBC)’も‘一枝梅(2008, SBS)’も,
‘HERO(2009)’でもアクションは、省いたりしなかった。‘2weeks’は、その全ての肉体労働の
結集版だった。“欲ではない欲に重たくして重量感のある作品を選ぶ事になる”といい、自ら
‘変態指向’であると言うほどだ。

“ドラマを終えてて見ると寂しくて憂鬱な感じになります。演技だったが家族に対する感情を
最大値に引き上げて使用して止まってしまったので、何も無いかのような気分になったんです。
酒を一杯飲みながら涙を流したりもします。感情の復旧作業が必要な時であるようです。”

幾つもの作品をしたが、このように余韻が大きく残るドラマは無かったと言う。初の父性愛演技
にイ・ジュンギは“針のむしろに座った気分”だったと言った。“出来るだろうかと言う危惧心”
に“心の中ではぶるぶる震えていた。”と言う事だ。

20131018000118_0


‘2weeks’は、しかし改めてイ・ジュンギを‘再発見’した。切々とした父性愛演技も
すさまじい逃亡者演技も合格だった。一度も持った事が無かった‘父性愛’と言う感情を
引きだしたので今は“1人で居る時間は楽しむ事が出来ないほどに怖くなる”と言うほど
深く没入していた作品だった。

わざと欲を出した。毎場面を受け取った時アクションを追加したりもした。死んで生き帰った
‘急流シーン’も、イ・ジュンギの提案だった。感情シーンはもっとする。時には過剰になる
様な感情演技は真実味がないと感じん時が多く、何度も撮影した。別名‘涙の3段階’
バージョン。感情の濃度別に撮影した後、制作陣に選択の機会を渡すことだ。


“立った一度与えられた機会じゃないですか。演技が不足しようが、やり過ぎようが、その時間を
すこしでも活用する事が出来るなら、そこで何でも見つけてみようと言う考えです。制作陣も
信頼をもって任せてくれる場面なので終演俳優として当然責任感を持たなければならないと思います。
僕自身のためでもあるし。作品を終えるとずっと残念感が大きいが、未練なく注ぎ込んで出来た
物ならば減るじゃないですか。”

後悔泣く走ってきたおかげなのか、ドラマを終えたイ・ジュンギの顔は明るく華やかだった。
’チャン・テサン‘を消せば間違いなく‘綺麗な男’だ。そのイメージを消し去るために
その多くのノワール物を選択したが、ファンたちはもう“素敵に見えるロマンティック
コメディー”をしろと言う。


“今の僕はハイティーンスターと言うにも、演技派俳優と言うにもあいまいでしょう。
不足した元を埋めようとぶつかってみたら、あるキャリアが確実に構築されると言う
訳ではないようです。青春スター隊列にのぼるために見せかけの手段をこうじる事も
出来たけれど、それは違うと思いました。真正性を尽くして僕を投じるのが重要だと思います。
草してみたらイ・ジュンギだけの位置がつくられるのではないでしょうか”





韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
ランキングに参加しています。それぞれにポチッとしていただけると励みになります^^
2013/11/20 19:51 「2weeks」インタビュー TB(-) CM(0)

10756054
70301052
46172042
80092531
83305516
83324549
93753975
image_readtop_2013_999888_13820521641078135
image_readtop_2013_999889_13820522181078137
image_readtop_2013_999893_13820523001078138
image_readtop_2013_999896_13820524161078139






韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
ランキングに参加しています。それぞれにポチッとしていただけると励みになります^^
2013/11/20 17:43 「2weeks」インタビュー TB(-) CM(0)

20131018023258573526
20131018023616879998
20131018023803826847
20131018023855755889
20131018023956832255
20131018024105953669
20131018024238583775
20131018024336712514
20131018024628798578
20131018024717274074







韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
ランキングに参加しています。それぞれにポチッとしていただけると励みになります^^
2013/11/20 11:30 「2weeks」インタビュー TB(-) CM(0)

[インタビュー]'2weeks' イ・ジュンギ,"ロマンティックコメディーをしない理由は?恋愛スキルが不足してるので"
입력: 2013.10.18 07:58

2013101701000761400044281

俳優 イ・ジュンギ(31)が、父性愛演技後結婚と恋愛に対する考えがぐっと増した。
イ・ジュンギは最近終演したMBC水木劇‘2weeks’で白血病を持った娘スジン(イ・チェミ)に
骨髄を寄贈するために死闘を繰り広げるチャン・テサン役を熱演した。ドラマを好評のうちに
終えた彼は“今回の作品をしながら、結婚に対する思いを沢山した。僕に子供が生まれて家庭を
持ったらどんな気持ちになるだろうか悩んだ”と話した。

2013101701000761400044282

そう言いながら“父性愛演技は、いまだに100% 理解する事は出来ないが、それでも無難に演じた
様だ”と自評した。“実際に初めにはドラマを固辞しようとした。僕がよくわからない感情が多く
くてそうした。父性愛演技は (‘追跡者’) ソン・ヒョンジュ先輩が余りにも上手になさった。
なので‘これを(一歩)間違えば数年休まなければならない’ と思った。”

2013101701000761400044283

それでも挑戦した理由は、ソ・ヒョンギョン作家の積極的な提議のためだ。イ・ジュンギは
“旅路を切り開いて行くのがはいゆうだろうとソ・ヒョンギョン作家様は、その道を確実に
提示してくださる方だった。”と言いながら “作家様が所定面から単刀直入に‘ジュンギさんが
このような事をすることを見たし、何をする事が出来るのか知っていると。そんな部分は私が
作ってあげる’と話されたのだが、堂々としていて自信感にあふれている姿に信頼を持った。”
と言った。
だからと言って負担感を完璧に振り払う事は出来なかったのか、彼は“初放送の前まで気をもんだ
1~2話にチャン・テサンの多様な感情と人生の話しが全てあふれ出て序盤が重要であるからだ。
しかし初回が流れてレビュー記事とコメント、ファンカフェとインターネット掲示板などを見て
みると好評ばかりだったので余りにも嬉しくて‘ウア~’ と叫び声をあげた”と話した。

2013101701000761400044284


‘2weeks투윅스’のダメだけでなく 20代から30代を越えて自ら自信感が無くなった部分もあった。
イ・ジュンギは“もう30代ではあるが、20代の俳優としての残像がのこっている。俳優として
キャリアを完璧に積んだと言う事ではない。僕だけの武器が無くなる俳優になったのではないかと
悩みと負担感が多かった。”と告白した。幸いに ‘2weeks’で自信感を沢山撮りもどした彼は、
“今回内面的に沢山満たされたようだ。何よりも次回っさくなどの計画を訪ねてくる関係者たちが
多い。失敗したら次の行動を気にしたりしないだろうに、沢山の人が尋ねるのを見ると、気分が良い”
と満足そうにした。
だからと言って作品が全てを満たしてくれる事が出来ない空虚感がまた訪れて来た。彼は、
“周辺で‘お前に隣にいる人がいないからそうなんだ. それもただの人ではなくて愛する人が
いないからそうなんだ’と言うんだ。 30代序盤の男として人を愛を恋しいと言う事もある”として
恋愛に対する監視を見せることもした。しかし、これに続く言葉が“恋愛をいつ頃する事が出来るか
考えてみたら僕が恋愛を出来ない最も大きな理由が、心配がとても多いからだ。前に恋愛をした事が
ない訳ではないが、常に思う事が‘僕がただ寂しいから恋愛するのではないのか’と言う事だった。
また、恋愛したら一から十まで全てをやってあげたいが、作品をする事になったら仕事にハマって
しますので、良くしてあげられなくなる。相手ががっかりするだろう。機にいつ人がいても
‘付き合ってみるか?’ と言う事が出来るだろうか。今は 30代だがそんな言葉を言う事からしても
何か責任感が大きくなるようだ。”と言い、ありとあらゆる心配をした。

2013101701000761400044285

心配をしながらも恋愛が切実だと言った。彼は“時にはファンたちが僕のsキスシーンを負担がる
けれど、恋愛を沢山しながらそんな縁起のスキルも多分に違うようだ。”と言いながら “僕が
ロマンティックコメディーを選ばない理由も僕がそんな縁起に対する負担を感じるのでそうなのでは
ないかと思った。”と話した。そうだとしたら、イ・ジュンギがロマンティックコメディーに出演
したら恋愛した事だと見ればよいと言う事だろうか。彼は “ラブコメを上手にするようなら
そのように考えても良いのではないだろうか?”と言ってパッと笑った。






韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
ランキングに参加しています。それぞれにポチッとしていただけると励みになります^^
2013/11/20 10:53 「2weeks」インタビュー TB(-) CM(0)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
一日に1回ポチッ宜しくお願いしますm(__)m
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アマゾンショップ
キーワードをイ・ジュンギにしているのに・・ 他のジュンギ作品が紹介される事もありますが~^^;


Kindle
Kindle本ストアー
人気ブログランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポーツ&アウトドア商品