イ・ジュンギ大好きブログ^^
プロフィール

みゅーず

Author:みゅーず
みゅーずのイ・ジュンギ大好きブログ^^
宜しくお願いしますm(__)m

韓国語は、まだまだ勉強中です。至らぬ点、
誤訳もあり得ますので、記事の持ち出しは
ご遠慮ください



English Version

한국어 버전

カテゴリ
ジュンギ君動画
「CriminalMinds」ハイライト 「月の恋人 歩歩驚心:麗」ハイライト   「夜を歩く士」teaser1 「夜を歩く士」teaser2 「朝鮮のガンマン」ハイライト 「Two weeks」ハイライト 「アラン使道伝」teaser 2012.02.16 除隊teaser
JGshock / twitter
ジュンギ君のドラマ関連商品
Amazonファミリー
月別アーカイブ
.


20140612-2

予告動画は KBS公式HP より 방송보기 ⇒ 미리보기

本編動画は、同じく 방송보기 ⇒ 다시보기
で見ることが出来ます(^^)

***ネタばれ の 内容です***

朝鮮のガンマン 1話
朝鮮のガンマン 2話
朝鮮のガンマン 3話
朝鮮のガンマン 4話
朝鮮のガンマン 5話
朝鮮のガンマン 6話
朝鮮のガンマン 7話
朝鮮のガンマン 8話
朝鮮のガンマン 9話
朝鮮のガンマン 10話
朝鮮のガンマン 11話
朝鮮のガンマン 12話
朝鮮のガンマン 13話
朝鮮のガンマン 14話
朝鮮のガンマン 15話
朝鮮のガンマン 16話
朝鮮のガンマン 17話
朝鮮のガンマン 18話
朝鮮のガンマン 19話
朝鮮のガンマン 20話
朝鮮のガンマン 21話
朝鮮のガンマン 22話



韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります^^


Amazonタイムセール 毎日チェック
スポンサーサイト

予告動画は KBS公式HP より 방송보기 ⇒ 미리보기

本編動画は、同じく 방송보기 ⇒ 다시보기
で見ることが出来ます(^^)


第 22部 :: 朝鮮のガンマン :: 9月 4日 木曜日
2014-09-04(木)22:00 KBS 2TV
新しい政策が発表され、皆が喜ぶ中、日本と清の兵士たちが
都に姿を現した。
ユンガンとスインは政変の失敗と共に命がけで都を脱出するが...

*******************************************
いよいよ明日は最終回です。
歴史通りに描かれるようですが・・

このドラマ、最後に向かうほど主人公が誰なのか
分からない事態に陥りましたね~
明日は、日本軍が良い形で表現されません
事実なのですが、必要異常な脚色が無い事を願っています。

ただ、どうしても中宮を残酷に殺したその場面を
描かざるを得ないようですね~><
今まではドラマの中で、かなり美化して描かれてきた
中宮なのですが、そうではなかった事実も見直されているようです。

ユンガンは、とことん ツキが無い男です。
このドラマ、ユンガンの人生にスポットを当てて描かれていない
と言う事が残念でなりません。


************************************************
【聞き取り あらすじ】

永遠の愛を誓ったユンガンとスイン

街では全ての民が平等な世の中になったと
民衆が歓喜の声をあげていた

所が、日本軍が都へ入ってくる。
ユンガンが日本の力を借りれば、以前の軍乱の際に
清国の力を借りて清国の属国のように扱われた事と
同じ事になると言った事をお忘れですかと言うと

そんなはずは無いと言うオッキュン
民は外征の助けは望んでいません、何故民の事を
考えないのですか。
外国の手を借りたとなれば民は背を向けます。

懸命に訴えるユンガンの言葉は通じない
ユンガンは、それならば自分はこれ以上一緒に出来ないので
離れると言う。
これは自分が望んだ事ではない、外国の力を借りてどんな
世界を作ると言うのかと猛烈に抗議するユンガン

オッキュンは、今や兵たちは自分よりもユンガンを信用していて
統率してくれるユンガンが抜けては混乱を招く。
成功しかけている政変も上手くいかなくなる、それを願うのか
と言ってユンガンを引き止めようとする。

仕方のない選択だったのだと言うオッキュン
そこへホギョンがやって来て、日本の公使館員が王と中宮を
王宮へ移動させると言う。

急いで止めようとするユンガンらだったが、日本公使館らが自分
達が責任を取ると言う。

ユンガンは、今王が王宮へ戻れば清国に連絡をおくって兵を
呼ぶと心配していた。この様な事になると予測できなかったのか
と言うユンガン

宮中では、王の中心である役人が宮中に戻ったと聞きすぐに
挨拶に駆けつけていた。
中宮はその役人に贈り物をする。オッキュンが選んだ内官が
中を改めたが何も発見されなかった。

役人は自宅に戻り中宮の言うとおりすぐに中を改めると、清国の
袁世凱に連絡をとり軍を送るよう要請してほしいと手紙を書いていた。
(この中宮、王の許可は事後承諾です~~!)

日本軍が守っている王の寝所を見ているユンガン
スインはこのまま旅立とうと言うなら、ついていくと言うスイン

ユンガンは、状況が安定するまで残るつもりだと言う。
スインは、それまでユンガンのそばで待つと言う。

民は世の中が変わったと言いつつ、外国の手を借りた事に腹を
立てていた。
そこへ中国軍が都に乗り込んでくる。

日本軍と中国軍がにらみ合いになるが、日本軍は早々に退却
情勢はいきなり悪化する。

急ぎ兵士たちを集めなければならない。
そして、始まった銃撃戦。

スインにオッキュンらと一緒に奥へに難城と言うユンガン
中国の兵たちの勢いに退却せざるを得ない政変軍
ユンガンはバリケードを作り、銃で応戦 駆けつけたサンチュも
一緒に戦っていたが、ユンガンはスインを連れて先ず逃げろと言う。

サンチュは嫌だと言う。
自分はユンガンに助けられなければ、今まで生きる事も出来なかった
だろうし、チェミにも会う事が出来なかった、
ユンガンのそばに最後までいる事が自分の運命だと言うサンチュ

ホギョンもやって来て、ここを非難しないと全員死んでしまうと言う。
スインを捜しに行くユンガン

そこへやってきたのはオッキュンとヨンヒョ
オッキュンは日本に自分と一緒に逃げようと言う。
全てを投げ出して逃げ出すオッキュンら

スインをみつけ、ホギョンと合流。
逃げようとしているところへサンチュが足を撃たれてしまう。
ホギョンに先に逃げるようにと言うユンガン

サンチュは、自分をここにおいて早く逃げろと言うサンチュ
だめだ、チェミに何と言ったらいいんだと言うユンガン
諦めないユンガン

サンチュはお願いがある。子供に名前をつけてください。
俺みたいな名前じゃなくて、兄貴がつけてくれたら良い人生を
暮らせそうだから。と言うサンチュ
わかった、ここを出たら一緒に考えよう。と言うユンガン

そして、サンチュはバリケードから表に出ておとりになる。
スインを安全なところへ連れて来たホギョンは、ユンガンのところへ
戻り、ユンガンを援護する。
ユンガンは、サンチュをバリケードに引っ張って来て。このまま
真ではだめだと言うが、既に虫の息のサンチュ

サンチュにすがって泣いているユンガンを引きずるようにして
逃げるホギョン

ホギョンは、政変に失敗したので、スインの家に行かねばならない
と言う。
都を出なければならなくなったと言うスイン

スインの母は、お前のおかげで嬉しかった。
お前の父が夢見ていた新しい世の中になったと嬉しかったと言う
この機会に全国を見物して歩くと言う母
私の心配はせず元気で暮らしなさい。必ず生きてまた私の娘として
戻っていらっしゃいと言う。

母と別れのあいさつをして旅立つスイン

制圧された王宮、イルトとジョンフンはサンチュの遺体を見て
ユンガンを心配するが、イルトは必ず生きていると言う。

王宮は制圧され、ユンガンが逃げたと聞いたウォンシンは、自分の
手でユンガンを捕えると言う。
都から逃れられないようにすると言う。

都を出る門には兵士が検問をしていて出る事が出来ない。
そこへウォンシンらが近づいてきていた。
身を隠そうとしているユンガン達を目撃したウォンシンらが追いかける。

ウォンシンの撃った弾がスインに命中
肩を撃たれ倒れるスイン
ユンガンがすぐさま振り向きウォンシンの兵を一人撃ち
ホギョンも応戦する。

近くの屋敷内に逃げ込むユンガン一行。
そこへ義禁府の兵がやって来た。ウォンシンは謀反者が中へ逃げたので
包囲してほしいと言う。

ユンガン達は包囲されてしまう。
ホギョンがおとりになりスインと逃げろと言う。
ホギョンは、自分にはこれ以上失う者は無い。父も新しい世界も
自分が守るべきものはもうない。と言う

一緒に行こうと言うユンガンに首を振るホギョン
ダメだと言う事は良く分かっているだろう。頼むからスインを
助けて逃げてほしいと言う。

この様な世界で生きる事が辛いと言う事は分かっているが
必ず生き延びて生きてほしいと言うホギョン

そして、屋敷の中にウォンシンらが乗り込んでくる。
ホギョンがおとりになり屋敷の外へ、兵、そしてウォンシンらも
ホギョンを追う

スインをおぶって屋敷を逃げ出すユンガン

ホギョンは兵たちの銃撃を受けて死んでしまう。

ウォンシンは必死になってユンガンを追いかける。
街ではあちこちに兵がいて、なかなか進む事が出来ないユンガン

そこへイルトとジョンフンがユンガンを見つけてやってくる。
そして、検問所へ行くイルト。
ユンガンとスインは王命により都の外の安全な場所へ避難させる
と言い。検問を正面突破する。

イルトは、ユンガンの言葉が正しかった。王を守る事が朝鮮を
守る事ではなかった。と言う。

そして、ユンガンとスインを見送るイルトとジョンフン

スインは衰弱していて、傷の手当てをしなければならない。
ユンガンはスインの体から弾を取り出す。

生きていけるでしょうか。私たちのために死んでいった人たち
の分まで。ちゃんと生き抜く事が出来るでしょうか。と言うスイン
スインを腕に抱き、そうできるでしょう。辛いでしょうが
彼らの分まで最後まで生きぬかねばなりません。と言うユンガン

そして、スインにキスをするユンガン


夜が明けて
目を覚ましたスインとユンガン

先ず寺へ行き、チェミとヨナに自分たちの無事を知らせる事にする。
所が、チェミや、ヨナそして尼僧たちまで引っ立てて行ったと
聞いたユンガン。

連行されている人々を銃で救い出すユンガン
ユンガンが救い出した初年は、倒れている兵から弓を取る。
これからは、ユンガンと一緒に皆を守ると言う少年

スインが待っている寺へ戻ってくるユンガン

ウォンシンは執拗にユンガンを追っている。

チェミにサンチュの死を伝えるユンガン


ユンガンが寺を出た所へウォンシンが追ってくる。
急いで逃げるユンガン一行

ウォンシンは、このまま隠れていたら皆殺しにすると言う
お前の命が欲しいだけだ。ユンガンお前さえ命を差し出せば
残りの人々は生かしてやると言う。

スインは、ユンガンを引きとめて最後まで私たちと一緒に
いてくれなければなりませんと言う。

うなづいたユンガンだったが。
置き手紙をのこして、ウォンシンと対決しに行く。


すまないお嬢さん、 またお嬢さんとの約束を破り一人で
立ち上がった。しかし、この戦いはいつかは立ち向かわなければ
ならない宿命のような戦いです。あの者と私がどうしても
切らねばならない最悪な悪縁を切る最後の道です。そして
お嬢さんと私のために残された日々のためにも、必ず解決
しなければならない、そんな物ごとです。
これ以上辛さや寂しさをお嬢さん一人で味あわせたりしません
必ず戻りお嬢さんの隣に立つ。だからどうか私を待ってください。
何も心配せず何も悲しんだりせず、そうやって、また会いましょう。


対峙するユンガンとウォンシン
ウォンシンとユンガンの対決は、ユンガンの射撃の腕の方が
勝っていた。ユンガンがウォンシンの足、肩を打ち、ゆっくりと
ウォンシンに近づくユンガン

早く撃て、俺を殺すのが怖いのか、苦しいのかと言うウォンシン
ユンガンは、お前の人生も哀れだな。余りにも虚しいな。と言う
ウォンシンは、さっさと撃て、お前の同情は要らないと言う。
お前も時代を間違えて生まれた哀れな人間だ。今更お前を殺した
所で何が変わる。死んだ人は生き返らないし流れた時間を取り戻す
事も出来ない。そう言うと、銃をおろし私はお前を許す事にする。
復讐は虚しさを残すだけだと言う事はお前も知ったはずだ。

そして、ウォンシンのもとを立ち去るユンガン
ウォンシンは懐からへウォンの短銃を取り出し、こめかみに当てて
自殺する。

そして、ユンガンはスインらのもとへ戻ってくる。


数年後、
炊き出しをしているスイン
差し出された器に小さな花束が入っている。見るとユンガン
ご飯代だ、これで足りるか?と言うユンガン
花を受け取り、綺麗 と言うスイン
私の眼にはあなたが更に綺麗だと言うユンガン
まさにとても美しいお嬢さんのようだ。と続ける

ユンガンは、自分のもとへ集まってきた民たちと共に
苦しめられている人々を救っていた。

民を苦しめている役人は 満月の黒砲手がやってくると聞いて
震えあがる。


おわり


**********************************************

何と言うか・・・お茶を濁された感ありあり
色々はぐらかされた気もしますが・・

主役を、開化の時代 として その中を生きる人々
とするとまあ・・・納得出来る(?)かもしれません。

あらすじを書いてみると、それなりに面白いストーリー
であるようにも感じます^^

何はともあれ、「朝鮮のガンマン」 (何度も言いますが
個人的には「朝鮮の狙撃手」もしくは「「朝鮮の銃使い」と言う
タイトルにしたいなぁ~。 

…と言う事で あらすじ おしまいです 

色々不備があると思います。どうぞ大目に見てください><


韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります^^


Amazonタイムセール 毎日チェック

予告動画は KBS公式HP より 방송보기 ⇒ 미리보기

本編動画は、同じく 방송보기 ⇒ 다시보기
で見ることが出来ます(^^)

第 21部 :: 朝鮮のガンマン :: 9月 3日 水曜日
2014-09-03(水)22:00 KBS 2TV
郵便局の混乱の隙に反対派を処断した
開化派は、ユンガンとスインの活躍で王を
景祐宮に移動する事に成功した。
ついに、全ての束縛から抜け出しもっとも美しい姿で
互いに向き合う事になるユンガンとスイン。
一方、かろうじて命を救ったチェ・ウォンシンは、
商団の軍隊を呼び集めるために軍に潜入して、
これを見破ったユンガンと命をかけた死闘を繰り広げる。
そして、また ひとりが政変の中...

**********************************************

史実では、この政変は3日天下で終わってしまうのですが
一応、21話では落ち着くようです。
・・・いや、フェイクか??

とにかく、明日を待ちます^^

予告映像のユンガンの最期のセリフは
 나와 함께 살아주지오 と聞こえるので
「私と一緒に暮らしてください」 
これは、もう プロポーズでしょう


***********************************************
【聞き取り あらすじ】

19話

郵政局で祝宴が開かれるため朝廷の役人たち
海外の主だった来賓が集まっている

ユンガンは、松明を持ち郵政局の建物に
火をつける

自分の担当軍を移動させるよう指示する手紙が来て
父が出席している郵政局の方である事を知ったホギョンが
軍だけを先に目的にへ行かせ自分は郵政局へやってくる。

式典が始まり、進行する中、火事の知らせが入り
宴会場の人々が逃げ惑う。
そして、朝廷の役人たちが一斉に切られていく。

ホギョンは父を守り会場から逃がす。
ウォンシンも切られるが、とどめを刺される前に
テーブルの下に身を隠す。

今のうちに王を景祐宮に移動させようとオッキュンらが動き
スインは爆弾を仕掛けに移動する。

ホギョンは逃げている途中で仲間に会い会い言葉を求められ
答える。父ビョンジェはホギョンが家に戻ってきたのは、全て
政変のための計略だったのかと驚き、怒る。
ホギョンは、命だけでも永らえてくださいと逃げるようにと
父に伝えて、自分の役目を果たそうと歩き出すが、父はその前に
政変軍兵士にみつかり切られてしまう。

ビョンジェはわずかな時間だったがお前が自分のそばに戻って
くれて嬉しかった。と言い残して息を引き取る。

オッキュンのヨンヒョは、寝ている王を訪ね、政変が起きたため
ここは危険です、安全な場所へお逃げくださいと言う。
すると、中宮が政変を起こしたのは、清国か日本かと尋ねる。
答えあぐねるオッキュン

スインの爆弾が破裂
王は、その音を聞いて移動することに同意する。

一方、へウォンは郵政局が襲われたと言う一報を聞き、父を捜しに
郵政局へ。
命からがら助かったウォンシンが表に出て来たところへへウォンが
駆けつける。

移動中も警護の兵と政変軍とのせめぎ合いがあり、ユンガンが
銃で護衛兵の方や足を撃ち動きを止める。
王を安全なところへお連れするために迎えに来たと言うユンガン
しかし、王は自分の命を奪いに来たのかと言い、中宮はかたくなに
言い分を聞こうとしない。


ユンガンらが移動しているところへ現れたのは、王宮を警護している
イルト、とジョンフンらだった
イルトは王と中宮を解き放てと言うが、出来ませんと答えるユンガン

イルトは剣を抜き止めようとする。
ユンガンは王様を先にお連れするようにと言い、ユンガンはイルト
らと護衛兵と戦う。
イルトと一騎打ちをするユンガン。
ついにイルトに銃を向ける。 早くうてと言うイルト。
そうでないと、お前を地獄の底まで追いかけて切ると言う。
王様が自分にどのような仕打ちをしたのか知っていてもそのような
事を言うのですか。最後まで王を守ると言うのかと言うユンガン

自分は王様をお守りするのが役目の武官だ。
絶対に引きさがる事は出来ない。そうしてはならないと教えて
下さったのは、君の父上だと言うイルト。

王様を守る事が朝鮮を守る事ではありません。まだお分かりに
ならないのですか。私はこの朝鮮を守ります。父上も私に
何も言われないはずです。と言うユンガン
銃を下ろすとジョンフンにイルトをお連れしろと言い立ち去る。

城の外へ出るとサンチュがユンガンを助けるためにやってきた。
サンチュは、子供のためにも新しい世の中を開きたい。
手伝いたいと言うサンチュの気持ちを断る事が出来ないユンガン

景祐宮へ到着するとホギョンが待っていた。
ホギョンは政変を実行する日時を知らされていなかった。
オッキュンは父ビョンジェのためにホギョンの気持ちが弱くならないか
恐れ教えていなかった。ホギョンはそんなに自分が信じられない
のかと言う。
目の前で父が死んだのに何もしてやれなかったというホギョン

その会話を聞いていたスインは、ホギョンが裏切ったのではなく
一人辛い思いをしていた事を知る。
誤解していた事を謝るスイン

景祐宮へ連れて来られて王と中宮
中宮は外勢力の助けを得るために、何としても王宮へ戻らなければ
ならないと王に言う

ウォンシンは、銃を持ち逆徒達をやっつけると言うが、へウォンが
止め、恵商公局へ行き印鑑を持ってくる。と言う
その印さえあれば手出しが出来ないと言う(この辺りは良くわからずTT)

王と中宮に食事を出すスイン
中宮は食事をひっくり返し、食事は要らないと言い、ここは狭くて
寒いので王宮に戻ると言う。

スインは、部屋を暖かくします。それからお体のためにもお食事は
なさってくださいと言う。

そこへやってきたオッキュン
オッキュンに王に仕えている内官が王様を王宮にお連れすると
言い張るので、内官の首をはねろと言うオッキュン

後からやってきたユンガンが、部屋の様子をみて驚く。
ユンガンはオッキュンに王様の目の前で内官を殺すべきではなかった
ちゃんと説得するべきだったのだと言う
皆がオッキュンについているのだから、こう言う時こそ冷静に
対処するべきですと言うユンガン

スインは目の前で内官を殺すのを見て。自分たちがしている事は
本当に正しい事なのか混乱したと言う
ユンガンは、新しい世の中を開くには困難があると思っていた
今日の事はオッキュンがやりすぎだったと言う。
オッキュンも後悔されていると。

護衛軍の動きが怪しい、軍を集めているようだと言う知らせを
聞いたユンガンは、郵政局にウォンシンの遺体を捜しに行くが
見つからない。

ウォンシンが生き延びた事を知ったユンガン
軍隊を動かす前に止めなければならない。
軍を動かす命令を出すのに必要な印を手に入れれば、軍隊は動く
事が出来ない。

ユンガンはその印を取りに走る。
時すでに遅く、ウォンシンとへウォンらが役人から印を手に入れ
ていた。

へウォンが表に出た時に駆けつけて来たユンガン
銃の撃ちあいになり、へウォンが印を落としてしまう。
ユンガンがそれを拾い、ウォンシンらと撃ちあいになる。

こう着状態になった時、へウォンが自分が裏から回ると拳銃を
持って移動する。

反対側からやってきたへウォン
ユンガンと向き合うが互いに撃つ事が出来ない。

仕方なくユンガンは建物の中へ入り身を隠す。
そこへウォンシンもやって来て、部屋の中へ・・
暗闇の中、へウォンがユンガンを捜す。
そして、ウォンシンはへウォンをユンガンと間違えて撃ってしまう。

その隙に、ユンガンは逃げ出す

へウォンは、考えてみたら、昔が良かったと言う
何も持っていなかったけれど、初めて稼いだお金で温かい食事を
食べた事を覚えていますか?
私たちが何故こんな風になったのか。一杯の食事さえあれば
幸せだったのに。

お父さん、私のせいでごめんなさい。そう言いながらへウォンは
死んでしまう。

景祐宮に戻ってきたユンガン
様子がおかしいので、何かありましたかと尋ねるスイン
なんでもないと言うユンガン

王は、これ以上人を殺さないでくれ、そうすればお前たちの言う
新しい世の中を受け入れよう。と言う
お前も私を怨んでいるだろうが、お前にしかこう言う事は言えない
と言う王

王が全てを受け入れ、全てが平等であると謳われる。
奴婢は廃止、女官、内官も解放され、恵商公局も廃止される。

ついに新しい世の中が誕生する。

ユンガンと待ち合わせていた場所にやってきたスイン
綺麗だ、本当に と言うユンガン
これで全てが元通りになった。再びお嬢さんのも度に戻ってきた
もう、辛かった事は全て忘れましょう。
僕らが作った世の中で、一緒にする事だけ考えましょう。

僕と一緒に(生きて)暮らしてください。
もう永遠に別れたりせず。一緒に過ごしましょう。

そして、ユンガンとスインは キスをする。



つづく


**********************************************

ホギョンの父、そして へウォンが死んでしまいました。
父の手により殺されてしまう結末は、ドラマを見ていると
容易に察する事が出来たのですが・・

へウォン、可愛そうでしたTT


韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります^^


Amazonタイムセール 毎日チェック

予告動画は KBS公式HP より 방송보기 ⇒ 미리보기

本編動画は、同じく 방송보기 ⇒ 다시보기
で見ることが出来ます(^^)


第 20部 :: 朝鮮のガンマン :: 8月 28日 木曜日
2014-08-28(木)22:00 KBS 2TV
平凡な人々が夢を持つ事が出来る
もう少し良い世の中のために緻密に動くユンガンとスイン
短い出会いの中で、二人は幸せな再開を約束しながら
切実な思いを育てて行く。
無能な王室と腐敗した官僚たちの偽善のなかでも
革命の日は、このように静かに近づいてきた。
高宗21年、甲申年 郵政局に火柱が立ち上がった。

***********************************************

ドラマが始まったのは 高宗3年だったはず・・・
そして、ユンガンが日本へ渡り、3年後に帰国したなら
高宗6年・・

なのに、高宗21年???

どう言う事?どういう事?どういう事?

とにかく、高宗21年、甲申年実際に政変が起きるのですが、
「甲申政変」3日天下だったんですよ~これが
で、オッキュンは国を出て、中宮 閔氏が差し向ける刺客により
暗殺されるんですが・・・


何度も言うけれど
4話までは 面白かったのになぁ~

完全に失速した気がした19話でした。

*********************************************
【ききとり訳】
宮中へ向かうスインを涙で見送るユンガン

ユンガンはオッキュンのもとへ行き、胸倉を
つかみ、どう言う事ですか、またスインを訪ねて
行ったんですか?また宮女になってくれと言った
んですか!
先生がスインお嬢さんに会ったんですか!

何故スインお嬢さんなんですか。何故宮女なんですか
一体なぜ!

自分がスインの事を命よりも大切な人だと言ったじゃないか
自分に残された唯一の願いだと言ったじゃないですか
どうして私からスインお嬢さんを奪うんですか
一つしかない希望を奪うのかと猛烈に抗議するユンガン

すまない、だが本人が願った事だと言うオッキュン
君を守りたいと選んだのだと言う

王の女になると言う事がどうして私のためだと言うのですか
と言うユンガン

スインお嬢さんが君のために世の中を変えたいと言ったのだ
君のように濡れ衣で追われる人がこれ以上居なくなったら良い
と言っていた。あの子は君のために全ての事をかけたのだ。
君を永遠に追われる身から救うために自分を犠牲にしているのだ
スインお嬢さんを救う方法は一つしかない。
君がこの政変を成功させること、それが君とスインお嬢さんのため
でもある。それから、また我々全てのためでもあるんだ。と言うオッキュン

宮中で女官の服に着替えたスインは、以前ユンガンが言っていた
スインと一緒に暮らす事が人生で初めて持った願いだったと
言う言葉を思い出していた。

ユンガンは、荒れ果てた商会所へ来ていた。
建物の中から出て来たのは、鉱山から逃がし商会所のご飯を盗み
食いして、逃げ出し馬に蹴られて大けがをした少年だった。

少年は、医者へ運んでくれた事のお礼を言うと、お前はここで何を
しているんだ?と尋ねると隠れていたと言う。
少年は耳が良くて、ユンガンの声を聞いて自分たちを助けてくれた
満月の黒砲手だと見破っていた。

おじさんはここで何をしてるの?と尋ねられて、なんとなくと言う
ユンガンに、おじさんも行くところが無いんですか?と少年
そうだ、行くところが無い。何処へ行ったらいいかもわからない
と言うユンガン。
少年は、元気を出してください。満月の黒砲手じゃないですか
僕みたいな人はおおいじゃないですか。全て助けてくれないと。
僕みたいにと言う少年

宮中では、ホギョンがスインの姿を見る
更に宮中警護をする事になったイルト、そしてジョンフンも宮中にいる。
そして、ジョンフンは女官の列の中にスインが居るのを見つけて驚く。

姿を消したユンガンを捜しているウォンシン
簡単にユンガンを見つける事が出来ない
へウォンはほおって置いてはどうですかと言うが、ウォンシンは
ユンガンは生きている限り何かをするやつだ、どちらかが死ぬまで
終わらない戦いだと言う。

ユンガンは少年と当てもなく山道を歩いていた
何処へ行くんですか?と尋ねる少年、おじさんと一緒なのが嬉しい
と言う。
死ぬまで逃げるわけにいかないでしょう。と言う少年に
追われなくなったら何がしたいんだ?と尋ねるユンガン
少年は字の勉強がしたいと言う。お金持ちの子供たちが本を読める
のが羨ましかったと言う。少年
しかしため息をつきながら、夢から覚めなければ、そんな日が
来るわけない、ただお腹いっぱい食べられたら言い。と言う少年


続きを読むをクリックしてください^^

予告動画は KBS公式HP より 방송보기 ⇒ 미리보기

本編動画は、同じく 방송보기 ⇒ 다시보기
で見ることが出来ます(^^)


第 19部 :: 朝鮮のガンマン :: 8월月27日 水曜日
2014-08-27(水)22:00 KBS 2TV

“永遠に共に行くためにしばしの間別れると言うだけです”
官軍をまいて都を抜け出し夜を明かす事になるユンガンとスイン
しかし、チェ・ウォンシンのしつこい追撃により、ふたりは、
しばしの間別れる事になる。
痛切に待つ事... その待っている中でユンガンとスインは互いのために
小さな選択肢を一つずつ選ぶ事になる。

********************************************

怒涛の展開になるんですね~
諸悪の根源は 中宮みたいに感じる~

守護派の言いなりに ユンガンの父を謀反人として
ユンガンを死罪、ヨナを奴婢にした時もそうだし・・

一体この王妃は何を考えているのか・・

王様は思いっきり優柔不断だし~ ┐( -”-)┌ヤレヤレ...

それにしても、この王妃様、ドラマにもなるほど人気(?)
があるようなのですが、今回は、賄賂に目を輝かせてみたりして
とことん悪役ではないにしても、良い印象ではないですね~

この王妃の最期は・・ ネタばれになるかもしれないので
放送されたら 訳します(汗)

***************************************************
【聞き取り訳】

山元が差し向けた手下の遺体を並べて届けたユンガンは
手下を連れて日本に帰れと山元に言う
そして、ウォンシンにも俺を殺したければ、お前が直接
やって来い、お前の全てを賭けてだ。と言う。

ジョンフンらにより山元は逮捕される。
山元は日本公使館を呼べと叫び、覚えておけとユンガンに
捨て台詞をはいて連行されていく。

ユンガンは、いいザマだな、山元までいなくなったとしたら
何処へ話を持って行くのだ?と言うが、ウォンシンはお前は
大きなまちがいを犯したいるぞと言う。

ユンガンは、友の仇を返しているだけだと言う。

山元は日本に帰ったら二度と朝鮮の土は踏めないだろう、この様な
事は二度と起きないと言うユンガン
スインは、でもユンガンの復讐は終わっていないのでまだ危険な
目に遭うんですよね。と言う。
今回は金丸さんが救ってくれたけれど、もうここで止めてほしいと
言うのは私の我儘でしょうか。と言うスイン
スインはユンガンが心配で、もうこれ以上復讐を止めて平和に
暮らせないのかと言うのだった。
いつどんな恐ろしい事が起きるかと思うと心配でたまらないスイン
しかし、ユンガンはここで立ち止まる事は出来ないと言う
ウォンシンが居る限りはやめる事が出来ない。いずれにしても、最後
まで戦うしかなく、そうする事でこの悪縁を断たなければならない
と言うユンガン

朝廷へは日本公使が抗議に来ていた。
6人の日本人の命を奪ったユンガンを逮捕、処罰する事を要求
日本公使は、山元信二(あれ?麵蔵じゃなかったの?ww)の証言と
異なると言う。それでもユンガンを保護すると言うなら、日本政府は
あらゆる手段を講じると脅しをかける。
ビョンジェはユンガンを処罰するよう進言する

イルトは、ユンガンの命が危ないと、ユンガンに身を隠すように
知らせに来ていた。
ユンガンは、ウォンシンと手を組み、朝鮮の民を飢えで苦しませた
山元を保護して日本側の言いなりになると言う事が許せない
王様は一体だれのための王なのですか?朝鮮の民の涙を知らぬふり
なさって、どうやって朝鮮を守るとおっしゃるのですか。

イルトは、私も腹が立つが、王様は君の味方ばかり出来ないだろう
と言う。

スインは、中宮に会う約束の日なので、中宮殿へやってくる。
尚宮が王様と面会中だというので、外で待っている。
中宮は、王室を守る事を心に決めたではないですが、ユンガン一人
のために王室を危険にさらすわけにはいかないと王を説得している。
すぐにユンガンを捕え、死ななければならないならそうなさいませ
と言う中宮

ビョンジェは、王がユンガンを義禁府にとらえさせる事にするだろうから
一足先にウォンシンにユンガンを捕える事で手柄をたてさせ、この
機会に王の心証を良くしようとウォンシンを動かす。
ウォンシンはユンガンを心おきなく殺せる機会がきたと喜ぶ

スインは急いでユンガンに危険を知らせるが、ウォンシンがすでに
迫っていた。
ユンガンはサンチュとチェミに山寺へ行きヨナをせわしてくれと
頼む。

商会所へ乗り込んできたウォンシンは、ついにユンガンの秘密の
隠れ部屋を発見。
間一髪で逃げたユンガンとスインは馬で逃走

義禁府とウォンシンらに追われるユンガンとスイン
馬では逃げられないと馬から降りて山へ逃れる
途中スインが転んで片方の靴が脱げてしまうが、そのまま逃げる
ユンガンとスイン

オッキュンはホギョンから義禁府とウォンシンの私兵まで動いて
居るので、ユンガンが捕まるのは時間の問題だと伝える。
すぐにパク・ヨンヒョのところへ行かなければならないと言うオッキュン

ユンガンとスインの行方が分からないので、スインの家へやってきた
ウォンシン。ユンガンは処刑されるが匿ったりしたら命は無いと
伝えろと言い残して去るウォンシン

何とか追手から身を隠したユンガンとスイン
ユンガンはスインの怪我した足に布を巻き、自分のせいでお嬢さん
まで追われる事になってしまったと言う。
夜が明けたら家に送ると言うユンガンに、ユンガンを捕えるために
私を見張っているはずなので、このまま帰れば危険だと言う。
しかしユンガンは、お嬢さんが自分と一緒に身を隠しているわけにいは
行かないと言う。
スインは、このまま別れたりしない、二度と若様から離れないと
言う事を聞かない。

ユンガンを救うためにパク・ヨンヒョを訪ねたオッキュンは、
満月の黒砲手と言う民から英雄と言われている狙撃手の話をして、
それがユンガンであり、我々に必要な人物であると告げる。
ヨンヒョの兵を呼び、ユンガンを捜索救出してほしいと言うオッキュン
の要求を快諾するヨンヒョ

朝、目を覚ましたユンガンは、逃げる途中でスインが落とした靴を
捜すために道を戻る。
スインの靴を見つけてふと見るとウォンシンらが山を登って来ていた。
一方、目を覚ましたスインはユンガンがいないので、辺りを見ていると
追手が登って来ているのを見つけ逃げるスイン

スインを撃った追手の銃声を聞きつけ、音の方へ向かうユンガン
転げ落ちるスイン。
ユンガンは何処だと聞かれるが、知らないと言うスイン

ユンガンは、追手を銃で撃ちスインを救い、二人で逃げる。
途中で、拾った靴をスインに履かせるユンガン

ウォンシンと義禁府にはさまれる形になったため、スインに先に
山をおりて、ヨナの居る寺でヨナと一緒にいてくれと言う。
必ず尋ねて行くと言うユンガンの言う事を嫌だと言ってきかないスイン
ユンガンを一人置いていけないと言うスイン
このまま別れたら永遠に会えない気がするという
ユンガンは心配するな、今回も必ず戻る。絶対に別れたりしないと
そう言うとスインに急いで行くように促す。

そして、ユンガンは走って逃げだす
逃げながら銃を撃ち、転がったユンガンは気の幹に頭を打ち付けて
谷へ落ちる
銃を拾い起きようとしたユンガンだったが気を失ってしまう。

そして、ウォンシンと義禁府もユンガンの姿を見失ってしまう。

スインが約束通り寺へ行くが、ユンガンは姿を現さなかった。

オッキュンにより救われたユンガン
先ずは体を回復させろと言うオッキュンに、都でヨナとスインが
自分を待っているはずなので都へ行かなければならないと言うユンガン
しかし、今都へ行くのはとても危険なので、しばらくここにいて
やってもらいたい事があると言うオッキュン

スインは、ユンガンが姿を現さないので心配するスイン

山元の件も、ユンガンさえ処刑すれば不問に処すと言う事になった
と中宮に報告したビョンジェは息子ホギョンを軍を統率する役職に
就けるよう中宮に申し出て、快諾を得る

ホギョンは自分の意図せぬところで官職に就く事になる。
街で以前、開化の意志を共にしていた学友にも皮肉を言われてしまう。

スインは家に帰ると母からユンガンのせいで迷惑をこうむるのは
もうこりごりなので、嫁ぎ先を決めるので嫁に行きなさいと言われ
てしまう。
チョンイは、奥様の言うとおりになさいませとスインを説得する
女はただ、自分を愛してくれる人に会って暮らすものだそうです
暮らしているうちに情もわくそうです。そのように暮らしてください。
他の人たちみたいに・・

オッキュンはユンガンが満月の黒砲手だと言う事を知っていると言い
我々がしようとしている事も、それと同じで民を自由にして救う事だ
と言う。
ユンガンの持っている銃の腕をここの兵士たちに教えてほしいと言う

ユンガンは兵たちに銃の指導を始める

奴婢は解放され、万民が平等な世の中をつくる、そのために君が
必要だと言うオッキュンの言葉を思い出すユンガン

ウォンシンは自分の部下がヨンヒョが担当している軍隊が現場に
居た事を突き止め、ユンガンがもしかしたらそこにかくまわれて
居るのではないかと疑い、調べる事にする。

スインはオッキュンから、決断をせまられていた。
スインは、オッキュンにこの仕事が成功したら本当に世の中が
変わるのでしょうか?罪のない人々の悔しさを晴らす事が出来る
そんな世の中になるのですか?ユンガン若様のように無実の罪で
追われる人がいない、皆がその場で暮らす事が出来るのですか?

そうだ、そうなるだろう。この事さえ成功したら、ユンガンももう
追われたりしない。これ以上権力の犠牲者が出無いそんな世の中を
作るのだ。ただしい法をつくり、その中で全ての者が平等で自由な
そんな世の中を作るのだと答えるオッキュン

スインが宮女になると伝えると母は反対する。

一方ユンガンは、軍人たちの指導を助けると決意する。
そして、スインらに自分の無事を伝えて戻ると許可を得る。

ジョンフンとイルトは宮中警護をする事になる。
これ以上隠れて捜査する必要がないので、宮中に来るように王より
命がくだり、ジョンフンは嫌だと言うが既に辞令が降りていた。

ホギョンはスインが宮女になると聞き、驚くが、ホギョンの理解を
得ようとは思わないと言うスイン
ユンガンの事はどうするのかと尋ねられても、忘れると言うスイン
そんな簡単に忘れられるのかと言うホギョン、だったら自分の気持も
自分のそばにいてくれてもと言うが私にとっては良いお兄さんで
有るだけだと言うスイン

ヨナのいる寺へやってきたユンガン
サンチュ、チェミとも再会する。
そこで、スインが宮女になると言って挨拶だけして帰って行ったと
聞くユンガン
そして、その宮中に入る日が今日だと聞き、急いでスインのもとへ
走り出すユンガン

スインはユンガンを守る事が出来るなら怖くないとつぶやいていた
そこへユンガンがやってくる。そして、宮女になる事を反対する。
若様のためです。同じ方向へ向かうために選んだ道です。
更に良い世の中で、若様と一緒に暮らすために、しばし別れる
だけです。と言うスイン
ユンガンは、行かないでください。愚かな事はしないでください。
と言うが、この様に若様の顔を見て行く事が出来て本当に良かった
と言うスイン
心配しないでください、必ずまた会えます。それまで、どうか必ず
お体をお大事になさってください。と言うスイン

宮中から迎えに来た輿に乗るスイン

ごめんなさい若様、今すぐには私を理解できないでしょうが
いつの日か若様も私を理解する日が来るでしょう。
若様と永遠に一緒にいるために少しの間別れると言うだけです
だから、また会えます。
また会ったら私たち二人、一緒に幸せになれるはずです。
そんな世の中で暮らす事が出来るでしょう。

そして、スインが輿の窓を開けると、ユンガンが路地でスインを
見ていた。
涙でスイン輿を見送るユンガン

つづく


**********************************************

続きを読む・・ と言う風に記事を折り曲げなくても
済むくらい、の内容でした~TT
ユンガンの台詞も、力を込めていたのは、 王様は誰のための
王なのですか!の件くらい・・

商会所にスインを残せば、スインがまたユンガンの居場所を
問われて拷問されるかもしれないから一緒に逃げたとしても・・
山寺へ先に行けと言われたなら、素直に言う事を聞きなさい!と
言いたくなるほど頑固なスイン 足だって怪我してるでしょうが!!!

そして、オッキュンが卑怯にもユンガンが無事だと言う事をスインには
伝えず、ユンガンを想うスインの気持ちを利用したように思えるし、
父を亡くしてお前まで王宮にささげられない、と言う母の引きとめにも
ひたすらユンガンの事だけを想って宮中に入る事にするスイン

宮中に入るその日、ユンガンが止めたのも聞かず、宮中に行くスイン

いつの日か理解してくれる日が来るでしょう。・・・って
思わず「来ないよ!」と言ってしまったのでした><。



韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります^^


Amazonタイムセール 毎日チェック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
一日に1回ポチッ宜しくお願いしますm(__)m
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アマゾンショップ
キーワードをイ・ジュンギにしているのに・・ 他のジュンギ作品が紹介される事もありますが~^^;


Kindle
Kindle本ストアー
人気ブログランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポーツ&アウトドア商品