イ・ジュンギ大好きブログ^^
プロフィール

みゅーず

Author:みゅーず
みゅーずのイ・ジュンギ大好きブログ^^
宜しくお願いしますm(__)m

韓国語は、まだまだ勉強中です。至らぬ点、
誤訳もあり得ますので、記事の持ち出しは
ご遠慮ください



English Version

한국어 버전

カテゴリ
ジュンギ君動画
「CriminalMinds」ハイライト 「月の恋人 歩歩驚心:麗」ハイライト   「夜を歩く士」teaser1 「夜を歩く士」teaser2 「朝鮮のガンマン」ハイライト 「Two weeks」ハイライト 「アラン使道伝」teaser 2012.02.16 除隊teaser
JGshock / twitter
ジュンギ君のドラマ関連商品
Amazonファミリー
月別アーカイブ
.


今頃ですが、「夜を歩く士」関連記事を訳します(-_-;)

「夜を歩く士」イ・ジュンギの時代劇 何故毎回新しいのか?

俳優が一つのイメージで固定されると言う事は、祝福で有ると同時い呪いだ
ひとつのイメージのアイコンになると言う事は、自身だけの確実な競争力と
キャラクターを持つと言う事になるが、同時に新しい役割に挑戦するのに
障害物になるからだ。 だから、続けてアクションだけしていた俳優がロマンスに
挑戦したらぎこちなく感じて、また悪訳で強烈な印象を残した俳優には、似たような
キャラクターだけ提案が入って来たりする。もちろんその枠組みを壊してスペクトルを
広げれば「八色鳥」と同様の勲章が与えられる。

そんな意味でイ・ジュンギは、本当に独特な位置に居る俳優だ。
<王の男>を 通して観客に強力な印象を残した彼は、 <一枝梅> <アラン使道伝> <朝鮮ガンマン>に
続き、最近放送中である <夜を歩く士>まで、あたかも時代劇と言うジャンルに固定化された俳優であるように
感じられる。ところが、その中でもロマンスならロマンス、アクションならアクション など 多様な演技スペクトル
を見せてくれながら、視聴者に「信じて見る俳優」として近づいている。

20151012-1

一角で 彼に「時代劇最高王」と言う賛辞を贈る理由は、どんな作品、どんなキャラクターに
出会っても、イ・ジュンギ式に再解釈して新しい演技を見せてくれているためだろう。
そこには、発声と呼吸と言う基本技がしっかりしている理由もあるだろうが、誇張されない
身振りと眼差し、そして時代劇と言う人るのジャンルで見せてくれることが出来る彼の魅力が
大変に多様だと言う点も省くことが出来ない。

俳優にとって容貌はキャラクターを選択するとか、作品を選ぶとき重要な要因の中の一つだ。
善良な印象の俳優がいくら悪を用いて悪口を言ったとしても、悪人キャラクターにまともに溶け込む
事が出来ない事のように知られる。イ・ジュンギもやはり美しくて鋭いイメージのために、ともすると
役割に限界がある事もあっただろう。 しかし、彼は発声と演技力でこれを克服して、 <王の男> 以降
自身に与えられた時代劇のイメージに閉じ込められるより、これをはるかに、さらに多様なキャラクターに
発展させてきた。

これは、伝統時代劇よりは 主にフュージョン時代劇に彼がキャスティングされた事だけをみ見ても
知ることが出来る。 彼が主演した時代劇の中のキャラクターは、大部分アクションの強度が高いが、
彼は不便な韓服を着てもこれをぎこちなく見えないように消化した。 そして、. <夜を歩く士>では、
彼の鋭い印象を充分活用しながら吸血鬼と言う 多少かけ離れたキャラクターまで「あつらえた服」のように
自然に見せてくれた。

20151012-2

もしも彼が時代劇のキャラクターと言うイメージに閉じ込められたならば「イ・ジュンギ型時代劇」は
分り切っていると言う感じが強くなっていただろう。しかし <一枝梅> <アラン使道伝> <朝鮮ガンマン>
<夜を歩く士>を 開いて見ると、似ていると言う感じよりは真新しいと言うイメージが先に感じられる。
それだけ イ・ジュンギが見せてくれる姿とキャラクターが毎回異なっていると言う意味である事だ。

イ・ジュンギの演技の歩みを振り返って見た時、これからも彼は華麗な見せ場を届けるフュージョン
時代劇に度々姿を輝かせるだろう。それでも韓服を着たイ・ジュンギのキャラクターが食傷気味に
感じる事が無いと言うのは、おそらく「また どんな姿を見せてくれるだろうか」と言う期待感のため
ではないだろうか。もしかしたら 呪いになりえる事もあった時代劇のイメージをむしろ、祝福として
変えて毎回発展させてきた彼の次の行方がとても期待される。


**************************************************

ドラマが終わって しばらく時間が経ちました
これだけ、ジュンギ君の演技力を評価する 報道があるのに

監督や作家 の皆さんが その力を十分に生かしてくれないのには
それらの力を見抜いていない? からなのではないかと思ってみたりします。

ジュンギ君一本で  4人も主役に立てず 「夜を歩く士」のシナリオが
展開したならば、決して なんだか残念に思うドラマとして感じる事は
無かったと思います。

終わってしまったものを、云々したところでどうなる訳でもありませんが
ジュンギ君も、自分がどんな演技が出来るかと言う視点ではなく、自分を
どれだけ 素敵なキャラクターとして終始ドラマの中で輝かせてくれるかと言う
視点でドラマを選んでも良いのではないかと 思ったりします~。


さて、今更訳してもね~ 記事、まだストックがあるので ぼちぼち訳します<(_ _)>




韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります^^


Amazonタイムセール 毎日チェック


スポンサーサイト
2015/10/04 18:27 「夜を歩く士」関連記事 TB(-) CM(0)



その・・夜学士と言う存在を表現するために
大変に悩みましたが、過ぎた夏を私の魂と
情熱を全て燃やす事が出来たキャラクターで
そう言う物をひとつひとつ表現する事は簡単
ではなかったんです。そう言う事柄が個人的に
辛くもあったし、ですが、視聴者の方々を
このように、ひとつひとつ理解させ説得させる時
大変に感動もしたし、また、悩んだ後にやって来る
苦痛と快感を届けてくれたキャラクターのようです。


最初の言葉は分らず💦

次は
暑い 暑い


俳優として、重要な位置にいるけれど、ちゃんと出来
ただろうか?視聴者の方々の信頼に背くことなく上手く
やって来たか?と考える事になります。
ちゃんとやって来たでしょう?

(カメラが ウンウン と ^^ )


もう二度と~!♪

写真を撮影して差し上げますよ~


大変に恋しくなるようだし、現場で一生懸命に私が
持って居るものを発散できると言う事は大変に嬉しかったし
幸せだったようです。面白かったです
独特なキャラクターをまた、一度皆様にお見せする事が
出来て、嬉しかったです


最後のテロップ
夜を歩く士 を愛してくださった皆様、感謝申し上げます


*************************************************

キム・ソンヨルのキャラクターも、今までジュンギ君が
演じたことが無い、 新しいキャラクターでした。


物静かなので、激しく表情に現れないのですが
眼差しから 感情を十二分に感じ、 何より声のトーンが
キム・ソンヨル でした♡



さて、今頃になって、ようやく 色々な記事を拾っています。
次回作が始まるまで、 夜を歩く士 関連記事 など、 訳そうと
思いますが、記事は 今更な感じの内容になります(-_-;) 

ぼちぼち 進めますのでよろしくお付き合いください<(_ _)>

2015/09/17 23:47 「夜を歩く士」関連記事 TB(-) CM(0)
11話 12話と流れをつかみつつあるのですが・・・

13話もまだ、なんだかごちゃごちゃしていて

ハクヨン(ハギョン)が祖父と理解しあい、死を覚悟して
世孫を守るというシーンでは涙を誘い

ソンヨルが吸血鬼だと知ったヤンソンは その事で
ソンヨルを遠ざけたりもせず、むしろ切々と愛を語り
ソンヨルは120年間生きて来て 癒された瞬間なのではないか
とそんなことも思ったりしました

・・・・が、ヘリョンとヤンソンのシーンで  二人の会話を聞いていると
ただただ、早口で やり取りをしているような印象で・・

なんだかなぁ~・・

もう少し丁寧な感じが欲しかったと言うか・・


スヒャンもソンヨルが吸血鬼にしてくれないなら、クィに
吸血鬼にしてもらいたいようですが・・・

ソンヨルのように人間の心を忘れない吸血鬼になれるのは
稀(?)と言うか、ほぼあり得ない事の用なのに、それも
長年ソンヨルのそばで見て来ただろうに スヒャン自身は心を失わない
自信でもあるのでしょうか~?


とにかく、ソンヨルの生死を知りたくて、飛んで火にいる夏の虫の如く
せっかく宮中に忍び込んで来たヤンソンを
ソンヨルが連れ出してしまったと知った世孫ユン

ヤンソンさえクィに差し出せばクィを殺すことが出来て、祖父である王も
救えると思っていたのだから ある意味ソンヨルが仇となりました

11話、12話で あらかたストーリーが片付いた気分になっていて
今後はどんな展開になるのかと思ったのですが、どうやら
そんな心配は無用だったようです

ところで、 クィは 一度ヤンソンの血を味見したことが有りました・・

…と言う事は、ヤンソンの血がクィにとって毒になりえると言う事は
あり得ないなぁ、と思うのですが・・

果たして・・・ 

ところで、ソンヨルとヤンソンの恋の行方ですが・・
これまた、 韓国ドラマあるある  すれ違いではなくやむを得ない事情により
相手を遠ざけざるを得ない 「お前は私から遠く離れろ」と言う台詞を
予告編でソンヨルが言います

まだ(?)4話残っていますから、 今後もまだまだ すれ違いを
繰り返すのだなぁ・・・(・・;)


昨夜は 本家 MBCに接続していたにも関わらず フリーズ
してしまって、ひとりいじけていました(-_-;)

今日は、ちゃんと視聴出来る事を願っています(^^)



シナリオひとつで、ここまで変わってよいのかと思うほど
今日もとても面白く 最後まであっという間でした

場面の流れも自然だし
何より登場人物のキャラクターがそれぞれ生きていて
1話でエネルギーを使い果たしたかのような状態で
だんだん 気持ちがじり貧になっていった10話までの
もやもやが 今週の11話、12話で吹っ飛びました

王様のイ・スンジェさんと ジュンギ君との場面も
ずっと以前から見たかったのですが、今日実現しました\(^o^)/


今週で 今までの軌道修正完了 それも完璧に

ヤンソンがジンである事を ヤンソン以外は知り
そして 秘策の母系 が ヤンソンである事が分りました

何故ヤンソンが秘策なのかは 調べた王様自身も
分らないと言っていましたが

クィの子供の末裔である事は間違いないんですね


今日一番 不穏だったのが スヒャン
まさか、悪魔に心を売ったりしませんよね・・・



不思議です今まではあと10話で終われるのか?と心配し
今回は、一気に色々な事が進んだので、あと8話
どんな展開になるの? と気になります。


クィと闘うために 死を覚悟で王宮へ行くことを決意したソンヨル
ヤンソンとキスしながら ひそかに流す涙が 切なすぎでしたTT



今日は、のっけから ストーリーの展開が変わった
気がして、

本当にありきたりの、当たり前の台詞で
今更何を言う・・ と一見取れそうな 臭い台詞でしたが

今まで10話の間に、 それこそ重みのあるセリフなんて
さっぱり出てこなかった事を考えると とても感動的でした

それに、当たり前の事を 当たり前に言えると言うのは
とても 大変な事で、 ソンヨルが120年間 そうやって
自分にも言い聞かせて耐えて生きて来たのだなと言う
雰囲気も出ていたと思います
(イ・ジュンギファンなので ひいき目です ご容赦ください<(_ _)>)


更に、ジュンギ君の感情が台詞から ドンドン伝わって来て
実際にその台詞を喋っていないのに 表情だけで
表現するシーンなんかも、 イ・ジュンギファンには
とても嬉しい素敵なシーンになったと思われます。

少なくとも、私にはそう受け止める事が出来ました。


以前 同時にチャンネルを変えながら 二つのドラマを
見ているようだと書きましたが、 今日は そんな気分にも
ならず 最初からこんな風にしてくれたら と何度か思いました(;'∀')

そうしたら、 作家さんをあらたに投入されたそうです

ジュンギ君の 第2幕 と言う言葉、本当に新たに開始
されたんだなぁ。。

そんな気分です。
ただ、 主人公ソンヨルが中心でストーリーが進み、ヤンソンがそれに
沿って出て来て、新たな 狩人が登場

クィ、世孫、ヘリョン の分量が今回とても減りました
なので この登場人物を応援している人々にとっては
今日はとてもつまらない展開になったかもしれませんが

11話は ドラマの軌道修正のために いたし方が無いと言う
感じになるのではないかと、勝手に思っています。


明日が、とても楽しみになりました。(本当に^^ )




カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
一日に1回ポチッ宜しくお願いしますm(__)m
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アマゾンショップ
キーワードをイ・ジュンギにしているのに・・ 他のジュンギ作品が紹介される事もありますが~^^;


Kindle
Kindle本ストアー
人気ブログランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポーツ&アウトドア商品