イ・ジュンギ大好きブログ^^
プロフィール

みゅーず

Author:みゅーず
みゅーずのイ・ジュンギ大好きブログ^^
宜しくお願いしますm(__)m

韓国語は、まだまだ勉強中です。至らぬ点、
誤訳もあり得ますので、記事の持ち出しは
ご遠慮ください



English Version

한국어 버전

カテゴリ
ジュンギ君動画
「CriminalMinds」ハイライト 「月の恋人 歩歩驚心:麗」ハイライト   「夜を歩く士」teaser1 「夜を歩く士」teaser2 「朝鮮のガンマン」ハイライト 「Two weeks」ハイライト 「アラン使道伝」teaser 2012.02.16 除隊teaser
JGshock / twitter
ジュンギ君のドラマ関連商品
Amazonファミリー
月別アーカイブ
.



10話

テサン:本当にすまないがイネ、今助けてもらえる人がお前しかいない

スンウ:俺はアイツが嫌いだ。再び現れたこと自体が嫌いだ

ソヒ:パク・チェギョンを謹慎させる所だったのにイム・スンウ刑事がパク・チェギョンを
   助けたの。何故パク・チェギョンを助けるのか理由を調べて

ソンセン:チャン・テサンを助けた人を見つけたのですが、既に姿を消していました
      村の人たちはハン氏だと言っていましたが
イルソク:ハン氏?

スジン:有り難かった、愛してる
テサン:有り難かったし、愛していた
スジン:パパったら、愛は死んだからって終わるの?

スンウ:チャン・テサンと継続して連絡をとっていたんですか?

イネ:スジンの骨髄ドナーがチャン・テサン彼なの

10話

スンウ:僕を、信じられなかったんですか?
イネ:そう言う事ではないんです
スンウ:だったらいったい何故僕に話さなかったんですか?
    スジンは、僕にとって娘だ。僕にとっても娘なんですよ
    僕にとっても・・・娘なんだ知らなかったんですか?

イネ:あっ・・逃げて! 早く行って!
   ごめんなさいスンウさん、ごめんなさい、スンウさん 我慢して
   彼が殺人をしたんじゃないんです。信じてちょうだい

スンウ:今、信じろと言いましたか?
    あなたにどんなにひどい事をしたヤツなのか・・
    僕の前でそんな風にするのか

必死で走るテサン

イネ:私、結婚する人が居るの。スジンが彼を父親のようになついてるの

スンウ:お前をオ・ミスクとコ・マンソク殺人犯として逮捕する
     スジンは、僕にとっても娘なんです

病院
スンウ:それくらいで離してください。
     チャン・テサンはもう十分遠くに逃げただろうから
イネ:ごめんなさい
スンウ:僕は刑事で、チャン・テサンは殺人の被疑者であり脱走犯だ。
     刑事である僕に捕まえるなと言えば、僕はどうしたらいい?
イネ:あの人は、殺人犯ではありません
スンウ:本当に殺人犯だろうがそうでなかろうが、今は脱走犯だ
イネ:スジンの手術の日に来ます。その時に捕まえる事が出来るから
    その時まで、待ってください。捕えられたら死ぬと言いました。
    留置場で、留置場で死ぬ所だったと言っていました。
スンウ:チャン・テサンに会ったんですか?
イネ:電話で話したんです。
   スジンの手術のために脱走したのだと。
   捕まえられたら留置場で死ぬかもしれないから自首出来ないと言ったんです。
スンウ:その言葉を信じたんですか?
イネ:信じるしかなかったんです。
スンウ:だったら、僕の言葉は何故信じなかったんですか
    僕がまさか、スジンに骨髄をくれる人を、そのまま死ぬまでほったらかしに
    しそうだったんですか?
イネ:スンウさんを信じられなくて、テサンさんを信じて・・そんな事じゃないんです
   そんな風に話さないでください
   スジンに骨髄をくれる人がテサンさんで、死なないためだと言う彼の状況を
   信じただけだから。

必死で逃げたテサン、途中の階段で座り込む

スンウ:職業
テサン:死んだのかと聞いてるんですよミスクが!
スンウ:職業
テサン:俺の職業は、質屋の支配人です。タバダ質屋をごぞんじでしょうか
スンウ:ゴミみたいな野郎

テサンは、クソ! と言いながら頭を抱えてうずくまって泣く



スジン:そこで何してるの?
    はずかしげもなく何してるの?大人が
テサン:イネが、どれだけ恥ずかしかっただろうか、どれだけ気まり悪かっただろうか
    お前まで受け止めてくれる人にお前の父親が俺だと言う事実を・・
    どれだけ恥ずかしかっただろうか・・婚約者が追っている脱走犯が俺なのに
    俺は誰にも話すなと言って支えてくれる人に頼る事も出来ないようにして
    いったい、いったい俺ってやつは・・どうして、どうしてこんな風に生きて来たんだ!
スジン:そうよ、どうしてそんな風に生きて来たのよ


8年前釜山
イルソクの部屋
イルソク:チャン・テサンよこれを覚えておけ、毒蛇というのは一度噛みついたら絶対に離さない
     じっとしていれば、ぶじに生きられるし、逆らえば歯でズタズタに食いちぎるぞ
     家族が居れば家族も刺し、子どもが居れば子どもも刺し
     女まで殺されたくなければ余計な事は考えるな
     刑務所に行っても絶対に余計な事は考えるな、毒蛇と言うのは、
     一度噛みついたら絶対に離さないぞ
     クビがちぎれても必ず噛みつきに行くぞ。俺は、そうやって生きてきた


イルソク:俺が怖かった事もお前の心が弱かっただけだ。
     俺の脅迫から逃げる事が出来なかったのもお前に勇気が無かったからだ
     選択は、お前がしたんだよこの愚か者が!


テサン:そうだ、全部俺のせいだ。俺が恐れたんだし、あんたの脅迫に
    俺が屈服したんだ
スジン:だったら、これからは?
テサン:死にたくないし、イネの婚約者の手で逮捕されたくないし。
    お前を殺人者の娘にしたくない
    ムン・イルソク、お前が真犯人だと言う事実を必ず明らかにして見せる


【イルソクの会社】
イルソク:俺がお前の代わりにテサンを育てればよかった
     それにしても、俺かこんなに人を見る目が無かったのか?
     チッ、テサンの野郎、今や盗聴まで疑って自分が先ずおとりを使った?
     ましてや、お前に話しかけてはぐらかした?
     テサンのヤツ、体を売る事は知っていると思ったがこんなに頭がこんなに
     切れるヤツだとは思わなかった。
テジュン:キム・先生が失敗をしたんです。テサンのヤツがそんなに頭が良い訳じゃ
     ないでしょう・・
イルソク:失敗もして。まともに調べる事が出来ず。テサンのヤツの頭にもついて行けず
     テサンのヤツは頭も切れると言う事だ、俺が知る自分が全てじゃないと
     言っていたが、デジカメを持って俺を真犯人にすることもあり得るな・・
     釜山密航に、今度で2回目だ、パク・チェギョンはどうやってテサンの行動を
     知ったんだ?
ソンセン:ソ・イネさんがデパートに来ていました。
イム室長:チャン・テサンが会おうとしていた人は、子どもの母親だったんですね
テジュン:刑事と結婚する女が、テサンに会ってどうするんだ
イルソク:いや・・いや・・

****************************************

イルソク:これは抗生剤じゃないか

*****************************************

イルソク:イム室長。ミスクが死んだ日、テサンが病院に行っていたと言ったな
イム室長:はい。だからデリョンがパドゥ倉庫に送ったんです
イルソク:病院・・病院だ・・


*****************************************

イルソク:ママに隠れてテサンがお前に会いに来ていたのか?
スジン:はい、今日も来ていました

******************************************

イルソク:イム室長。テサンの娘の手術がいつなのか、いつ決定したのか調べろ
テジュン:テサンが娘の手術の日に来ますか?
イルソク:テサンが銃に撃たれて逃げている途中に病院に来て娘に会って行った。
     娘に会って行った・・


【スジンの病室】
スジンが灰色の山、真っ黒な空の絵を描いている

イネ:スジン、今日は気分が良くないの?その絵はどうしたの?
スジン:ママ、私の小説、山と太陽その続きの話よ
イネ:所で山はどうしてこうなの?
スジン:太陽が離れてしまったからこうなってしまったのよ
    太陽が離れてから、太陽がないから、真っ暗になって寒くなったの
    だから、鳥たちも来ないし、花も咲かないし・・けれど、山は
    山だから動く事が出来ないじゃない?だから山ひとりだけその場所で
    動けないでいるの。毎日真っ暗でさむくて
    悲しいでしょう。山がとても寂しいよね
イネ:そうね・・動く事が出来ない山がとてもかわいそう
スジン:そうでしょう
イネ:スジンはどうしてこんなに頭が良いの?
   ママはこんな話考える事も出来ないのに
(電話)
イネ:もしもし
チェギョン:ソ・イネさんですね?私はパク・チェギョン検事と申します

【病院の外】


チェギョン:チャン・テサン脱走事件担当検事パク・チェギョンです
イネ:はい
チェギョン:今日、チャン・テサンさんに会いにデパートへいらっしゃいましたね
      私は全て知っています。チャン・テサンさんは殺人をしてはいなくて、
      スジンの骨髄移植のために脱走しました。何故自首をすることが出来ないのかも
      知っています。殺されそうになったんでしょう。だから、手術の日まで
      逃げ出す事にしたんでしょう。
イネ:私はそう言う事は、良く分かりません
チェギョン:ご存じじゃないですか。心配になりませんか?
      スジンが手術を受けなければならないのに。あんな風に外を歩き回って
      手術の日に来られない事になれば・・
イネ:彼は私の言う事はききません。
   手術の日、必ず来ると言いました。
チェギョン:継続して外を歩き回って捕まえられれば更に危険です。
イネ:誰も信じないと言いました。
チェギョン:同然そうでしょう。とても酷い目にあっていますから
      私が留置場で一緒に寝るなり、何としてでもスジンに無事に手術がうけられる
      ようにするので、デジカメを持って自首するように言ってください。
イネ:デジカメですか?
チェギョン:デジカメさえ有れば、チャン・テサンさんを危険にさらす人たちを
      全て捕まえる事が出来ます。
イネ:本当に安全にしてくれる事が出来るんですか?
チェギョン:約束します
イネ:また、連絡が来たら話してみます
チェギョン:チャン・テサンさん、8年前に刑務所に入りました。
      私の父を刺したと言って自首しました。2005年8月です。8年前です。
イネ:8年前ですか?
チェギョン:今チャン・テサンを危険な目に合わせている人の代わりにです。
      おそらく、周辺の大切な人を殺すと脅迫されたんでしょう。
      チャン・テサンさんがイネさんに今、口をつぐんでいろと言うのも、
      その時と同じ理由からでしょう。イネさんとスジンが無事に保護するためです。

【病院の非常階段】
座り込んで泣くイネ

チェギョン:おそらく周囲の大切な人を殺すと脅迫されたんでしょう

テサン:この年で子どもの父親だと?嫌だね 子どもが嫌だからお前も嫌だ
    いや、お前が嫌いになったから子どもも嫌いになったんだ



【病院の地下駐車場】
チェギョンが車に乗っていて、目の前をスンウが歩いているのを見る
そのスンウから電話がかかってきたのでクラクションを鳴らして知らせるチェギョン

スンウ:おい、パク・チェギョンお前なんだよ、どう言う事だ!
    スジンの骨髄ドナーがチャン・テサンだと言う事を隠していたのか!俺に
チェギョン:ソ・イネさんに聞いたんですか?
スンウ:スジンの命にかかわる事だったんだ。
    話してくれていたら俺がチャン・テサンを撃ったりしなかったじゃないか。
    あんたが俺に酷い事をした事分かってんのか?
チェギョン:その時は知らなかったんです。銃を撃つ前は知らなかった。
スンウ:その次は。その後は何故言わなかったんだ!
チェギョン:ソ・イネさんが言わなかったから。スジンの骨髄に対しての部分は
      ソ・イネさんが話す事で私が出しゃばって言う事じゃありません。
スンウ:スジンの命綱であるチャン・テサンを殺そうとしているヤツが居ると言う事を
    俺が知らずにいなければならなかったと?イネさんは怖くて話しが出来なかった
    かもしれないが、パク検事あんたは違う。俺があんなに尋ねたのに
    あんたはあんたの捜査のために口をつぐんだんだ。
チェギョン:私が話したらイム刑事はどうしましたか?
スンウ:協力(?)・・
チェギョン:そうすれば、事件の話を警察内部に知らせなければならず、そうしたら
      スジンも危険にさらされます
      そんなヤツらに、チャン・テサンが何故脱走したのか教える事になるんです
スンウ:ヤツら?
    確認した。オヤジとチョ・ソヒにコネクションなんてのは無いから、心配せずに
    言ってください。チョ・ソヒひとりじゃないのか?チャン・テサンに殺人の責任を
    なすりつけたのは。じゃあ、あの日あんたを捕まえていた人たちは。
チェギョン:私は死ぬ所でしたチュンチョンで
      私を、現職検事を殺そうとする事が出来るヤツらですアイツらは
      スジン?チャン・テサンを捕まえるためにスジンひとりくらいいくらでも
      殺す事が出来る人たちよ。イム検事が見た事?車に乗っていた私は
      チャン・テサンのおかげで生き延びた所だったんです。
      所でその話をどうして、チャン・テサンは逃げて何の証拠もないのに
      そんな事で捕まえられるなら8年前に捕まえてる。
      そいつらの資料だけでも数箱もある。けれど、逮捕出来る痕跡ひとつ
      何も残さない。だから逮捕出来ないで居るんです。
      昨日、私に対してした事、見たじゃないですか。
スンウ:チョ・ソヒ議員じゃなくて、他は誰なんですか?
    名前だけでも言ってください。

【イルソクの会社】
イム室長:手術が決定した日に、チャン・テサンが病院に行っていたそうです
     オ・ミスクさんが死亡した日です。
イルソク:確かか?
イム室長:その日病院のロビーでソ・イネさんと話している所を監視カメラで確認しました。
イルソク:それはそうだろう・・ミミズの様なヤツがそれだけのことをする理由があったんだ
イム室長:ソ・スジンちゃんの手術は26日だそうです
イルソク:26日?
テギョン:26日なら・・会長、我々のD-dayじゃないですか
イルソク:チャン・テサンの野郎、前世でおれとかなり縁があったようだな。
     娘の手術をして、デジカメを持って俺の首を切ると言う事だな
イム室長:何としても早くチャン・テサンを見つけなければならないんだが
テギョン:ソ・イネに連絡したと言うのだから、その女を脅かして見るか?
イム室長:婚約者がイム・スンウ刑事なのに、下手に手を出したら危険じゃないですか?
イルソク:婚約者が、イム・スンウだ・・・
     まんまとチョ・ソヒに一杯食わせて、パク・チェギョンを助け出したその
     イム・スンウだと言うんだな
イム室長:では、イム・スンウ刑事も何か知っているんじゃないですか、会長


【警察署】
ムン・イルソクについて調べているスンウ
スンウ:(不明) こいつ、見おぼえがあるな
イルト:先輩、お呼びですか?
スンウ:おまえ、こんな刃物見た事あるか?
イルト:いいえ、僕はあの時脱走しているヤツがこんな刃物を使うのかなと思いました
    映画の中に出てくる殺し屋のナイフみたいじゃないですか?
スンウ:どこで作ったのか調べろ
    刃物制作会社にFAXで写真を送れ
    あ、それから、この女家族関係、所有不動産など全て拾え
    「クォン・ヒオク  パドゥ倉庫の住所」
イルト:これ、全部チャン・テサン事件の資料ですが
    再調査するんですか?
スンウ:人質たちにも、殺人犯じゃないと言ったそうじゃないか
    濡れ衣なら晴らしてやらなければ
    早く動け
イルト:はい

スンウ(声):一度で正確に急所を刺している。 同じ人物の腕前ではない
イルソクの写真を見るスンウ
スンウ:どこで見たんだ・・

病院ですれ違ったイルソクを思い出すスンウ
チェギョン(声):スジン?チャン・テサンを捕まえるためにスジンひとりくらい
         いくらでも殺す事が出来るヤツらなんだ
スンウは、スジンが入院している病院へ電話をかける
スンウ:はい、ヨンドンポ警察署イム・スンウ刑事です・・こんにちは
    あの、ちょっと伺いたい事があるんですが

【イルソクの会社】
テギョン:何を躊躇してるんですかアニキ、娘を出しにチャン・テサンをおびき出せば
      ゲームは終わりじゃないですか
イルソク:このアホがくだらないこと言いやがって
テギョン:だから、子供の母親だけでも・・
イム室長:イム刑事はすでに我々を疑っています。なのにヤツの女に手を出せば
     事が大きくなりすぎます。加えて警察署長の息子です。簡単ではありません。
テギョン:ああだこうだ言いやがって、どうするんだよ
イルソク:駒(?)を使おう
テギョン/イム室長:駒(?)とは?
(内線)
秘書:会長、ヨンドンポ警察署イム・スンウ刑事が訪ねて来ました
イルソク:イム・スンウ?

【ミスクの家の前】
テサン:선잠로2다길29-3 (ミスクの家の住所をつぶやきます)

【イルソクの会社】


イム室長とテギョンが部屋から出てスンウが入って来る
スンウ:イム・スンウ刑事です
イルソク:お座りください。何の用で訪ねて来られたのか知りませんが
スンウ:数日前ユイル大学病院小児病棟に後援なさったでしょう
イルソク:ああ、可愛い子供がひとりいましたよ
スンウ:私の娘です
イルソク:知っています。娘のように思っていらっしゃる事は
スンウ:ムン・イルソク会長会長以外の人々は皆生活が苦しく見えるんですかこの野郎
イルソク:とても覇気のある世間知らずの坊ちゃんでいらっしゃる
     警察署長の息子さんらしい
スンウ:あんたがどう言うつもりで後援なんてのをしようと思ったのか知らないが
    スジンと・・
イルソク:ソ・イネに手を出したら俺の手で死ぬと思えこのクソ野郎が
     用件は終わりでしょうか、刑事さん
     では、私が何故突然後援をしようなんて思ったのか疑問を解いて差し上げたいが
スンウ:俺の用件はまだ終わっていないぞ、この野郎
    スジン、イネさんに手を出したら、お前の人生を叩き埃を出すのに
    俺の残りの人生を賭けてでもやってやる
イルソク:俺の望みはチャン・テサンが持っているデジカメだ
チェギョン:ムン・イルソクとチョ・ソヒのコネクションの証拠が入っているデジカメが
      チャン・テサンの手にあります。ミスクもそのデジカメのせいで死んだんです。
スンウ:デジカメ?それは何の事だ?
イルソク:ただ、デジカメひとつのためですよ刑事さん、他にはありません
     あなたの女を良く説得してデジカメを貰ってくれたら、チャン・テサンを
     生かしてやりましょう。
スンウ:なに?
イルソク:私はチャン・テサンを殺したいが、スジンの命綱がチャン・テサンの骨髄
      だそうじゃないですか。
      チョコレートには沈静効果があるそうです、ひとつどうぞ
スンウ:俺に不正取引をしようと言うのか?
イルソク:クォリティある言葉でいえば言葉どおり取引だ
     私は私が欲しいデジカメを手に入れて、あなたは大切なスジンの命を
     救って。
スンウ:狂ったヤツ。あんた本当にイカレてるな。
    脅迫は人に対してするもんだ会長、証拠がないと過信しているようだが
    人を見損なってるぞあんた。今日であんたの人生も終わりだ     
    チャン・テサンがお前の手で捕えられる前に俺が先に捕えるし、その次には
    お前を捕まえてやる

イルソク:イム刑事・・イム刑事

【ソンシルキャピタル1階】
スンウ:チン・イルト今すぐ病院に来い、今すぐに

【病院】
イルト:先輩、何かあったんですか?
スンウ:チン・イルト、今から一歩も動かずにここを守れ
    どう言う事なのか聞かず、知ろうともせず、トイレにも行くな
イルト:はい
スンウ:ここに入る人たちの名簿だ。名前と特徴を全て覚えて誰かが無菌室に
    面談に入る時は消毒をして一緒に付き添い、その面談者が出てくるまで
    病室の前で守っていろ。
イネが中から出てくる
スンウ:ちょっと話しをしましょう

【病院外】
スンウ:イネさん、僕たち、僕たちの事は後で話しをしましょう
    今はスジンに安全に手術を受けさせる事が重要だから
    チャン・テサンがまた電話してくるとか訪ねてきたら、その時は、必ず
    僕に自首をしろと言ってください。僕が何としても調査して濡れ衣を晴らして
    やるから。
イネ:スンウさん
スンウ:必ずそうしてください。分かりましたね


【タバダ質屋】
メールを打っているテサン
テサン:チャン・テサンだ覚えてるか?

メールを送信するテサン
PCのアイコンにある 「セクシートーク」のアイコンをクリックする。

***************************************

デリョン:おい、ソクトゥ、早く来てみろ!早く早く・・

***************************************

デリョンたちが会話している音声と映像が録画保存されている
テサンは、9月11日の日付をクリックする

デリョン(声):もしもし 
        はい、はい・・アニキ!テサンアニキですか?
        出かけてますが?どこに行ったのか聞いて見て・・
        はい・・はい・・え?
        はいはい、社長。パジュ倉庫に使いですか?
        何をですか?何でもいいから持ってこいと?
        タクシーですか?
        おい、早く切れ。
ソクトゥ:何するんですかアニキ
デリョン:今、これをしている場合じゃないんだよ
     ファン社長から電話が来たんだって
     チャンテサンがどこにいるのか探せって・・
ソクトゥ:テサンアニキですか?
デリョン:チャン・テサンがどこにいるのか探せよ!

テサンは、その日の様子をその場にいるかのように把握した(模様)


【イネの書斎】
ソヒはPCでソンジュンと話をしている
ソヒ:今日はソンジュンは絵を何時間(  )
ソンジュン:6時間
ソヒ:ママが出発する日まで何日残ったんだっけ?
ソンジュン:お母さんが出発なさる日、7日残ってます。
ソヒ:そうよ。7日だけ寝たらママはソンジュの所に行くわ
ソンジュン:お母さんがいらっしゃったら。僕の隣の部屋で暮らすの?
ソヒ:お母さんが行ったら、ソンジュンの家はそのまま置いて、スイスを出るのよ
ソンジュ:お母さんがいらっしゃったら、僕たち引越ですか?
      サイポスに引越しよう
ソヒ:そうね、サイポス (ゲーム??)
ベルが鳴る
ソンジュン:マミー、僕は勉強に行かなければなりません

そう言うと部屋から出るソンジュン
ソヒはデスクからパスポートを出す。
ソヒはチョ・ソヒ と ホン・メイと言うパスポートを持っていて、それぞれに
搭乗券が挟んである。


【ソウル市長選出馬表明記者会見場】
記者:ソウル市長選出馬を拒否されたと聞いていましたが
   突然出馬を決心された理由がおありですか?
ソヒ:私の家の前には、一日に数十枚のポストカードが貼ってあります
   ひとり暮らしのお婆さん、力のない市民を非力ながら私を頼って下さる
   そんな方々の心をこれ以上知らない顔をすることが出来ませんでした。
記者2:インチョン慈善競売行事を終えたら、政界を引退なさると言う噂がありましたが
ソヒ:噂は、噂にすぎません
その席に同席していたチェギョン
チェギョン:引退?

【記者会見場の裏廊下】
男:市長選出馬おめでとうございます。
ソヒ:はい、有難うございます

挨拶を終えて歩き出すソヒ。
チェギョンが花束を差し出し

チェギョン:おめでとうございます、チョ議員
ソヒ:ありがとうございます
チェギョン:何が議員をこのようにしたんでしょうか?
ソヒ:質問の核心になる物が抜けていたんでしょうか?
   パク・チェギョン検事
チェギョン:あぁ、そうだったんですね。もう一度お訪ねします
      6日後の慈善競売の日、もしかして私がムン・イルソク会長の
      代わりに出席してはダメでしょうか?
ソヒ:行事出席者の詳細は進行部へお問い合わせください
   それでは
チェギョン(声):何故あんなに堂々としてるの?
ソヒ(声):ムン会長の出席をあんたが、知ってるの?


【イルソクの会社】
ソヒの記者会見を見ているイルソク
イム室長:会長と相談もなしに市長出馬までなさいましたね
イルソク:6日間(   )のない権力を握る・・
     競馬以上でパク・チェギョンがデジカメを手にしようと権力で時間を稼ぎ
     高跳びする・・その後に残された俺が、捕えられたとしても関係ない
     あれはそう言う事だろう
イム室長:手段、方法を選ばず、密売を成功させて逃げるつもりですね
イルソク:チョ・ソヒがいつ発つのか調べろ


【病院】
看護師:スジンのお母さんですね、お待ちください
イネ:もしもし
テサン:俺だ・・チャン・テサン
イネ:どうなってるの、昨日はどうして来なかったの?
テサン:お前の携帯が盗聴されているようだったから、だから変則で伝えたんだ
イネ:私の携帯?だからデパートに刑事たちが・・この電話は大丈夫?
テサン:これは、個人電話じゃなく共有電話だから大丈夫だろう
    それより、今日、もう一度会う事が出来るか?
イネ:それより、テサンさん、昨日パク・チェギョン検事と言う人が訪ねてきたんだけど
   自首したら助けてくれるって。
テサン:自首はダメだ
イネ:危険な事して歩き回らないで自主して助けてもらってよ。
   濡れ衣も晴らしてくれるって言ったわ、その人は本当に信じられそうだった
テサン:自首は、俺が或る物を手に入れてから考えてみる。
イネ:じゃあ、会って話そう。・・

急いでチェギョンに連絡するミンス

【検察庁、ジョンウの部屋】
イネとテサンの会話を聞いているチェギョンとジョンウ

チェギョン:部長はどうお考えですか?
ジョンウ:パク・チェギョン検事よくやっているようだな
チェギョン:今日こそ、終わってくれたらいいんですが
ジョンウ:刑事たちははずして行動しなければならんな
チェギョン:ムン・イルソクに情報を与えないためにもそうしなければなりません
      警察に知らせず検察の捜査監だけで捜査するつもりです
ジョンウ:ソ・イネに誰をつけるのかが問題だな・・キム・ミンス。
     キム捜査官ならイネも顔をしらないだろう


【スジンの病室】
イネ:お店に出なければならないんだけど・・今日はちょっと遅くなるかもしれないの
スジン:嘘
イネ:え?
スジン:スジンの手術の時まで毎日行かなくても良いんでしょう
イネ:とてもとてもかわいい私のス・・
スジン:可愛いスジンなんてしない!
イネ:しないと言ったからって、可愛いわよ
スジン:ママは本当のママなの?
    どうして私をほっておいて、しょっちゅう出かけるの?
    どこに行くの?何の用なの?
イネ:ごめんね。お利口な私の娘・・今日一日だけ見逃してくれない?
スジン:そんなに重要なことなの?
イネ:ウン
スジン:だったら、重要な人の事なの?
イネ(声):あんたを助けてくれる人だから、本当に本当に重要な人よ
イネ:手術が終わったら、皆話してあげる
スジン:ホント?私が尋ねる事も全部話してくれる?
イネ:そうする
   だから、ママをゆるして


【イネの店】
イネ:美味しくお召し上がりください
店員:マネーシャー、この時間にお店に居ていいんですか?
イネ:ジョンウさん、ちょっと大尉変なお願いをするわ


イネの店を見張っている、ミンス。少し離れた所にスンウ
イネが外に出てきて、地下鉄に乗る所を尾行する二人

【電車の中】
テサン(声):3両目の列車の一番前に行き、扉に向かって立っていろ。

ミンス(メッセージ):空港線にのりました
スンウはイネの反対側の扉に向かって立つ

イネが降りるであろう駅でチェギョンらが駅員や乗客に変装して潜伏している
サンフン:遂に一週間に及ぶ追跡が終わるでしょうか
チェギョン:本当の追撃はこれからが始まりでしょう
サンフン:ところで、ソ・イネさんがチャン・テサンにまだ情が残っているんでしょうか
      自主の説得がとても上手でしたが
チェギョン:チャン・テサンは無菌室に電話したんですよね
       娘の前で自首しろ自首しろ・・そう言ったんですよね
サンフン:どうしましたか?
チェギョン:ちょっと、変だと思って
      娘の父親じゃないですか。子供の前でそんな話をするでしょうか?
無線:到着1分前です。

電車から降りたイネ
テサン(声):降りてから、急いでまた乗れ

ミンスは電車から降りイネを探していて、再び乗ったのに気がついた時には
扉が閉じて出発してしまう。
スンウは、電車に乗ったままだった。

別の駅で降りたイネ
後ろを気にしながら走って階段を上がる。
階段を上がってすぐの所に停車しているタクシー客が乗ろうとすると運転手が
予約車ですと言って断っている。

そこへ走って階段を上がってきたイネ
タクシーのナンバーを確認。
テサン(声):5615番のタクシーに乗れ
タクシーに乗るイネ

イネ:予約しました
運転手:はい

スンウはタクシーに乗ったイネを見て、その後からやってきたタクシーに乗ろうと
していた客に公務執行中だと警察身分証をみせてタクシーに乗り込む

【地下鉄駅】
サンフン:それで、お前をまいたのか?
ミンス:すみません。諜報員みたいでしたよ
    ソ・イネさんは民間人の女性ですか?
    降りていたのに、さっと引き返してまた乗ってしまったんです
サンフン:我々をまいてデジカメを取りに行くんですね
チェギョン:ソ・イネさん、訳がわからないわ・・
      だったら昨日、チャン・テサンとソ・イネさんは既に会ったということだ


【ヨンジャのネイルショップ】


ヨンジャ:いらっしゃいませ
イネ:こんにちは。チャ・ヨンジャさんですか?
ヨンジャ:はい、どちらさまですか?
イネ:気分の悪い事を言うようで申し訳ないんですが、コ・マンソクさんが借りて行った
   デジカメを貰いに来ました。
ヨンジャ:デジカメですか?
イネ:コ・マンソクさんと旅行に行きませんでしたか?
ヨンジャ:ところで、どちら様ですか?
     マンソクさんをどうしてご存じなんですか?
テサン(声):マンソクのカーセンターの常連客だと言え
イネ:マンソクさんのカーセンターの常連なんです
ヨンジャ:あ・・マンソクさんはそれをチャン・テサ・・
     一緒に暮らしているお兄さんに借りたと言っていたんだけれど
テサン(声):マンソクが俺に借りたと言っていたと言ったら・・
イネ:違いますよ。私が車を預けた時に車の中にデジカメがあったんですよ
   そしたら、マンソクさんが旅行に行く時に貸してくれないかと頼んだんです
   レンズが出ているデジカメです
ヨンジャ:そうだったんだ。それが、どうしましょう。
     それ、私の友達が捨てると言っていたんだけれど
イネ:捨てるって?
ヨンジャ:ごめんなさい。持ち主がもう使う事が出来ないと思って
     あの子にどうやって捨てたのか聞いてみます


**********************************************

【病院】
テサン:本当にすまないがイネ。今助けてくれる人がお前しかいないんだ
イネ:言って、その証拠と言うのは何?
テサン:デジカメなんだが、マンソクの彼女の所にあるはずなんだ
    しかし、ヨンジャさんが俺の顔を知ってるんだ
イネ:デジカメって、そのデジカメに何が写っていてそれが証拠になるの?
テサン:そのデジカメが、オ・ミスクを殺した理由で、俺が殺人の濡れ衣を着た理由で
    俺を殺そうとする理由だ
イネ:そのデジカメさえ手に入れたら濡れ衣を晴らす事が出来るの?
テサン:それで、殺人の濡れ衣は晴らす事が出来るかもしれないが、
    俺が濡れ衣を晴らそうとするなら、真犯人が誰なのか明らかにしなければ
    ならないんだ。デジカメを見れば分かるんだ
イネ:テサンさんを殺そうとする人は一体誰なの?
テサン:そこまでお前が知る必要はない
    こんな事をさせるだけでも面目ない
イネ:ヨンジャさんの所に行って、デジカメだけ貰ってくればいいの?
テサン:その前にお前が演技をしてくれなければならないんだ
イネ:言ってください。私が何をどうすればいいのか

**************************************************

【ヨンジャの店】
ヨンジャ:はい、有難う学生さん
     スタディがあるって、6時に終わるから、その後に学校に来いって
     住所とその学生の電話番号です。
イネ:ありがとうございます

テサン(声):出る時、これをヨンジャさんに渡してくれ
イネ:これ・・・マンソクさんが私に預けていたんです。
   ヨンジャさんにあげる物だったんです。
テサン:お嬢さんにこんな物まで預けたんですか?
ケースを開けたヨンジャ
ヨンジャ:あ・・あら・・

**************************************************

【舞踊教室】
テサン:練習の虫ソ・イネ
テサンが舞踊教室の前でつぶやくと、中の明かりが消える
テサンが慌てて中に入る

テサン:イネ、ソ・イネ!
イネが、誕生日の歌を歌い始める



テサン:何してるんだよ
イネ:なによ、ガールフレンドが誕生祝いの歌を歌ってあげてるのに
テサン:今日は俺の誕生日じゃないぞ
イネ:違うの?オッパの身分証には今日になってたけど?
テサン:おふくろが隣のおばさんに俺の出生届けを頼んだ日が今日だったんだ
イネ:そうだったんだ・・・じゃあ、本当の誕生日は何時?
   誕生日をおしえてくれないから、去年は私の誕生日をしてくれて
   どうして誕生日を教えてくれないの?
テサン:誕生日なんて重要じゃないだろう。いいよ
イネ:私今日はワカメスープ作っておかずも作ってここまで持って来たのに
   じゃあ、クリスマスイブパーティーとして食事をしましょう
   私が作ったワカメスープとても美味しいのよ知ってる?
テサン:悪いがイネ。俺はワカメスープは嫌いだ。ごめん
イネ:どうして? まあ、いいわ
   これ何?私にくれるの?
テサン:ああ
イネ:私も誕生日のプレゼントを準備したのに
   誕生日じゃないと言うから、クリスマスプレゼントにするわ
   はい
テサン:なんだよ、小さいな
    指輪か?指輪をお前が先にくれてどうするんだよ
    待ってくれればいいだろう
イネ:指輪はオプションで、これが本当のプレゼント
そう言って指差したのは指輪に挟んである手紙
テサン:これ何だ?手紙か?

「あなたを失うかと心配で私はあなたを胸にグッと抱きしめる
いったいどんな魔法がこの世の宝を私の様なか細い両腕に
抱かせてくれたのだろうか  大切なチャン・テサン
産まれてきてくれてありがとう。」

**********************************************

テサンは今でもこの手紙を持っていた

***********************************************

テサン:初めてだ。俺みたいなヤツが産まれてきて良いんだと言った人
    初めてだ。
イネ:それ、どういうこと?
テサン:俺の本当の誕生日は9月22日だ。母さんが死んだ日
イネ:オッパの誕生日にお母さんが亡くなったの?
テサン:自殺したんだ
    俺を妊娠したまま、オヤジに捨てられて。いつも俺を、母さんは生きる事を
    辛そうにしていた。俺の誕生日にワカメスープとチャプチェとか準備しておいて
    死んでしまった。
イネ:それは違うよ。うっかり忘れたのよお母さんが、息子の誕生日
    だと言う事をその瞬間に忘れたのよ。
    それを忘れるくらい、とても辛かったのね

**************************************************

ヨンジャの店から出てきたイネは、その事を思い出していた。
そして、タクシーに乗って移動するイネ
スンウは、ヨンジャの店に行く

スンウ:ちょっと、少し前に女性が来ていたでしょう何と言っていましたか
ヨンジャ:それをどうして?

テサン(声):ヨンジャさんの店の前の383のタクシーに乗って
      (場所名分からず)のカフェに、そこをもしかして覚えているかどうか
       わからないが、
イネ:私たちがソウル旅行をした時に行ったカフェ
テサン:そのカフェにノートPCを借りてあるそのノートPCを席に置いてあるから
    そこに行ってここに連絡しろ

イネ:あの、運転手さん携帯をちょっと貸してください


【カフェ】
予約席を確認するテサン

テサン:どうして来ないんだ?
メールが到着する
イネ:ちょっと遅くなる、待ってて連絡するまで

イネは別の場所で待っていて、店員ジョンウから頼んでいた物を受けとる


そして、テサンにメールが届く
テサン:どうしてこんなに遅かったんだ。何かあったのか?
イネ:今私を見ているんでしょう。これを見たらついてきて。


テサン:おい、イネ
イネ:乗って早く
テサン:どう言う事だ、デジカメが無かったのか?
イネ:ヨンジャさんの友達がネットでデジカメを売ったんだって
   デジカメを持っている学生に連絡して時間と場所を決めてきた
テサン:俺はまた、何かあったかと思って・・
    それで、どうしてこんなに遅かったんだ
    何時にどこで会うのか、それだけ話して車を停めろ
イネ:大学よ、ひとりで行って顔を見破られてつかまったらどうするの
   私が会って貰ってきてあげる
テサン:変装してるから大丈夫だ、俺がする
    どこなのか時間と場所だけ教えてくれ
    ソ・イネ、車を停めろ!お前まで巻き込みたくないんだ

川岸に車を停めるイネ

テサン:大学と言っていたのにどうしてここに来たんだ?
イネ:私の婚約者に連れて行くかと思って怖いの?
   約束の時間は夜なの、それまで明るい時間に歩き回れるの?
テサン:相変わらずだなソ・イネ
    俺のせいで変わったと思っていたが
イネ:オッパも以前のままな所が多い。心の中は今までどおりのくせに
    危険な事ばかりしてる
テサン:すまなかった。昨日はとても混乱しただろう。
イネ:何が
テサン:話してくれればよかったんだ。お前の婚約者が刑事だと言う事
イネ:話したら
テサン:厚かましくお前に助けを求めたりしなかっただろう
イネ:じゃあ、誰に助けてくれと言うの
テサン:困らせてすまない
イネ:何がすまないの?すまないなら、すまない事をしなければいいのよ
   オッパはどうして、どうしてこんなに愚かなの?
   どうしてこんなに、情けないの
車の外に出るイネ
テサンはイネの隣にやって来る

イネ:あんた、8年前に遠洋船に乗った?どうして遠洋船にのったの?
テサン:イネ
イネ:どうして人の人生をあんたが決定するの?あんたがそうしたら
   私が両親について移民に行って幸せに暮らすって誰が言ったの?
テサン:どこで何を聞いてそんな事を言うんだ?
イネ:あんたあの時、遠洋船に乗ったんじゃないんでしょう。
   私とスジンを捨てたんじゃないんでしょう。
   そうね、その時はそうだったとして、今回会った時に何で言わなかったの
   どうして弁明をしなかったのオッパは。何で何も言わずに私に冷たく
   されたままだったの。どうして

*********************************************

イネ:手術室の外で待っていなきゃ、チンピラらしく

*********************************************

イネ:言い訳ぐらいしなさいよ、8年も過ぎたのに
   8年前にそうしなければならない事情があったって
   言ってくれればよかった
テサン:過ぎた事だから、全部過ぎた事だ
イネ:私がオッパを憎んでいたから、まだオッパを憎んでいると思っているのね
テサン:この世に、「そうするしかなかった」と言う事はないんだ


【病院】
スジン:それで?その時ママは何と言ったの?
スンウ:僕をずっと、スッと見ていたけれどウンウンってしたんだ
スジン:それで全部なの?プロポーズされたのに?
    それで?その次には?
スンウ:ママを抱いたんだ。男らしく
スジン:わあ・・
スンウ:ママとオジサンの恋愛の話を聞いて面白いか?
スジン:ママははなしてくれないから
スンウ:スジン
スジン:はい
スンウ:オジサンがこれくらいならスジンのパパとして良くないか?
    ママを愛していて、スジンもとても愛していて、力も強くて
    死ぬときまでママとスジンを守ってあげる事が出来て
スジン:そ、そうみたいね
スンウ:そうみたいか?
    ところで、そうみたいっていうのは?
スジン:それは・・それは・・
    オジサン私耳が熱い
スンウ:耳が熱い?熱が出たのか?熱が出たのか?スジン
スジン:そうじゃなくて、1時間も電話したから電話機が熱くなったの
スンウ:もう1時間になるんだな


【ヨンジャの店】
ヨンジャ:この指輪、チャン・テサンが教えてくれたって言ってたの
     デジカメもそうだし・・
友達:だから通報しなさいよ。マンソクさんを殺した人じゃない


【警察署】
班長:チャン・テサンの行方を知っているみたいだと言うんですか?
ヨンジャ:チャン・テサンだけが知っている物を渡しに来てくれた女性が居たんです

【大学】
テサン:ありがとう。気をつけて帰れ
イネ:あの・・ 私の携帯を買ったついでに
テサン:いいよ、お前の金を・・今日で十分だ
イネ:テサンさんのためにあげるんじゃないの、私が不安だから   
   スジンの手術の問題で突然連絡する事もあるかもしれないし
   デジカメをちゃんと貰ったのか、手術の日に来るのか
   連絡してくれなきゃならないじゃない
   それだって、6日よ
   この中に、私の新しい携帯番号が入力してある
   私の名前じゃないから安全よ
テサン:そうか、そうしよう 6日だけ使うよ
    あっ・・これ。スジンにやってくれ
イネ:今スジンにはめてあげられない。髪が皆抜けて帽子をかぶってるの
テサン:あとで、後で髪の毛がまた伸びたらその時に・・
    ちょっと、ダサいか?
イネ:貰っておくわ
テサン:いくよ
イネ:デジカメを手に入れたら連絡してね
テサン:うん、そうするよ。さあ帰れ、スジンが待ってるだろう
    今日は長い事一人で寂しかっただろう
イネ:わかった。じゃあね


ヒョヌ:もしもし
テサン:シン・ヒョヌさんですね。昼間電話があったでしょう?
    デジカメを貰いに来ました。

ヒョヌ:はい
    あ、そうだ。確認する事があります
    これですね、みてください。動画出来ないでしょう?
    これ、僕が壊したんじゃないですよ。
テサン:わかってるよ
ヒョヌ:けれどこれ、もともと動画が出来ないなんて変なんですよ
テサン:分かってます
ヒョヌ:本当ですよ!カメラ試撮して確認する事も出来ますよ
テサン:分かってるよ。良くしゃべるな
ヒョヌ:良心はあるな


デジカメを手にして笑うテサン
ソ・スジンの復活カレンダー 7に×をつけるスジン

D-6

   
***********************************************************

ひとまずアップします。
確認は後ほどm(__)m

韓国語は勉強中です不備はなにとぞご容赦くださいm(__)m


8年前の釜山でイルソクがテサンを散々脅かしているのですが・・
実は・・釜山訛りでしゃべっているので良く分かりません。
単語の頭の音等でかなりあてずっぽうで書いている事をお断りしておきます(大汗)




韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ

ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると有り難いです^^

TWO WEEKS DVD-BOX1<シンプルBOX 5,000円シリーズ>TWO WEEKS DVD-BOX1<シンプルBOX 5,000円シリーズ>
(2014/07/16)
イ・ジュンギ、パク・ハソン 他

商品詳細を見る


TWO WEEKS DVD-BOX2<シンプルBOX 5,000円シリーズ>TWO WEEKS DVD-BOX2<シンプルBOX 5,000円シリーズ>
(2014/07/16)
イ・ジュンギ、パク・ハソン 他

商品詳細を見る


イ・ジュンギ in TWO WEEKS<スペシャル・メイキング>DVD-BOX1(初回限定生産大判ブックレット・ケース仕様)イ・ジュンギ in TWO WEEKS<スペシャル・メイキング>DVD-BOX1(初回限定生産大判ブックレット・ケース仕様)
(2014/07/25)
イ・ジュンギ、パク・ハソン 他

商品詳細を見る


イ・ジュンギ in TWO WEEKS<スペシャル・メイキング>DVD-BOX2(初回限定生産大判ブックレット・ケース仕様)イ・ジュンギ in TWO WEEKS<スペシャル・メイキング>DVD-BOX2(初回限定生産大判ブックレット・ケース仕様)
(2014/07/25)
イ・ジュンギ、パク・ハソン 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト
2013/09/08 20:13 ドラマ「Two weeks」(聞取り) TB(-) CM(6)
コメント
さらによくわかりました!!!
セリフだとホントによくわかって、字幕で観れたようです♡
とってもうれしいです(*゚▽゚*)
ありがとうございました☆彡
2013/09/08 22:51 あんど URL [ 編集 ]
Re: さらによくわかりました!!!
あんどさん メッセージ有難うございます!

喜んでいただけて何よりです^^
2013/09/09 01:41 みゅーず URL [ 編集 ]
10話早い!!
みゅーずさん、9話に引き続き、10話まで。大変だったでしょう?いつもありがとうございます。
さっそくみゅーずさんの記事を並べながら10話を見直しました。
自分の想像通りのところと、そうだったのかというところとあり、やはり言葉の壁は思ったより厚いです。

訳がなくても十分、楽しめますが、訳があると楽しみが数倍に膨れ上がりますね。

そして、今回も私が注目したのは、イネが8年前の真実を知る前の段階でテサンをかばって逃がしたこと。誤解が解けてからならまだしも、それ知る前にあんなにあからさまに、テサンのこと信じてって訴えてくれて、ありがとう。

そして、俺が濡れ衣を晴らすから次回は必ず、知らせるように言われたのに、スンウの言うこともパク検事のいうことも聞かずに、自分からデジカメ探しを率先して行ったイネは胸がすく想いでした。

スンウの悔しそうな顔は見物でした。
わーいわーい、ざまーみろと、スンウに対して思ったのでした。
私もいい加減大人気ないですが。

そして、また私の怒りの琴線に触れたのは、パク検事にどうして教えてくれなかったんだと怒鳴り込んでいくスンウ。
なんですか、あの人。完全に嫉妬に狂ってますね。
自分で調べろと何回も言われてるのに、教えろ教えろとウザイです。
あれで検挙率No.1とかもてはやされてる刑事だなんて、ちゃんちゃらおかしい。
ソヒとオヤジは関係ないとか、ちゃんと調べたのかしら?
まさかお父さんに直接聞いただけで確認したことにしてない?

スジンのことも勝手に俺の娘だと言って、スジンちゃんにもパパと呼んでくれとガンガン迫ってましたが、どうやらスジンちゃん自身はパパはテサンがいるからと対応に困っているように見えました。あんな小さな子供に対応困らせる大人って。
最後は是非スンウの目の前でテサンのこと、パパと呼んでもらってはっきり思い知らせてやりたいです。

いつもスンウに対して辛口ですみません・・・
2013/09/09 02:54 あんじぇ URL [ 編集 ]
Re: 10話早い!!
あんじぇさん コメント有難うございます^^

穏やかな日曜日、丸々一日かけて訳しました^^;
本来なら週末は仕事で忙しい(はず)なんですが・・(大汗)
ねぎらって頂きありがとうございます^^

スンウに対する嫌悪の気持、よ~く分かります。
イルソクに「世間知らずのガキ」だと言われたそのままだと思います。
これから、もろもろの事を思い知る事になるんだと思います。

2013/09/09 09:38 みゅーず URL [ 編集 ]
す・ご・い!
台詞,書き起こすと膨大な量になって…
ほんとに大変な作業でしょう,頭が下がります。

おかげさまで,このドラマの緻密な作りがよくわかります。

スジンちゃんにはパパはテサンなんですよね…
スンウはアジョシ^^!
太陽と山のお話がどうなっていくのかも気になります…

これからどんな展開になるのか,はらはらどきどき。
みゅーずさん,どうぞよろしく^^
2013/09/10 00:09 junph URL [ 編集 ]
Re: す・ご・い!
junphさん コメント有難うございます^^

死んだと思っていたパパが生きて目の前に現れて
何をしている人なのか、どんな人なのかさっぱり
分からないけれど、スジンにとってはテサンがパパなんですよね^^

台詞を拾うのが辛くない、最終回である事を願いたいです^^
2013/09/10 01:29 みゅーず URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
一日に1回ポチッ宜しくお願いしますm(__)m
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アマゾンショップ
キーワードをイ・ジュンギにしているのに・・ 他のジュンギ作品が紹介される事もありますが~^^;


Kindle
Kindle本ストアー
人気ブログランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポーツ&アウトドア商品