イ・ジュンギ大好きブログ^^
プロフィール

みゅーず

Author:みゅーず
みゅーずのイ・ジュンギ大好きブログ^^
宜しくお願いしますm(__)m

韓国語は、まだまだ勉強中です。至らぬ点、
誤訳もあり得ますので、記事の持ち出しは
ご遠慮ください



English Version

한국어 버전

カテゴリ
ジュンギ君動画
「CriminalMinds」ハイライト 「月の恋人 歩歩驚心:麗」ハイライト   「夜を歩く士」teaser1 「夜を歩く士」teaser2 「朝鮮のガンマン」ハイライト 「Two weeks」ハイライト 「アラン使道伝」teaser 2012.02.16 除隊teaser
JGshock / twitter
ジュンギ君のドラマ関連商品
Amazonファミリー
月別アーカイブ
.


イルソク:(直訳:落とした度胸を拾って戻せテサン)
     まあ、そんなに怯えるなテサンよ
     パク・チェギョンが何故連絡をくれないのか恨めしいだろう?

運転手:車が、故障した見たいです
チェギョン:故障ですって?!

イルソク:お前は3度目の刑務所に入るのが恐ろしくて
      自殺をするんだ
テサン:子どもだけは助けてください会長
     手術だけ受けさせてください、会長、会長!

チグク:タップル(スティック糊)か?

スンウ:チャン・テサンに銃を撃ったのは、俺だったんです

チェギョン:ソ・イネさんがいなくなりました
テサン:イネ!

チェギョン:アイツです

イネ:オッパにまた会えて嬉しかった

スジン:もしもし
    スジンのパパですか?

テサン:手術の日に行くよ

スジン:ところで、本当にパパのお友達なの?
イルソク:もちろん

14話

イルソクが押す車いすに乗り無菌室から出たスジン
エレベーターに乗る

車を運転するテサン
テサン(声):スジン、スジン!

午後5時42分

ソンセン(声):今から到着するまでこの通話を切ったらソ・イネが死ぬぞ
テサン(声):テレビ電話でおれの手足を縛っておきながら
        30分(の猶予)を何故与えたんだ?
        車のナンバーまで前もって教えておきながら
        スジンのために何が何でもイネのもとへ飛んで行けないのを
        知っているくせに、ムン・イルソク
        パク検事やイム刑事に連絡すると思わなかったのか?
        俺の連絡先はイネの携帯にあったんだし・・
ナビ(声):進路を離脱しました
ソンセン(声):進路を離脱してもソ・イネは死ぬぞ
テサン:おいおい、道を間違ったんだよ!

イネが監禁されている建物、駐車してあるソンセンの車に手下が荷物を乗せる

車を運転しているテサン、携帯から何の反応も無い・・
テサン:こいつ、なんだよ・・

テサン(声):ムン・イルソク、イム・ヒョンジュン、ファン・テジュンは何してる
        コイツを俺に相手させて・・

【イルソクの会社】
イルソク:ソ・イネを拉致して刑事たちを病院から走り出るようにさせて
     パク・チェギョンに連絡して警察たちを捜査に走らせる時間30分を
     作ってやれ。テジュンは先にナムヤンジュに行って前もって墓穴を掘っておいて
     イム室長は俺と2次計画の実行準備をする
イム室長:パク検事を誘いこむ場所はそうしたら・・チュンチョンにします
テジュン:しかし、チュンチョンへ行くのにナムヤンジュについて来たら?
イム室長:テレビ電話を変えて娘の話をしたらおのずとやって来る筈です

携帯を手に取ろうとしたテサン

ソンセン(声):この通話を切ったらソ・イネが死ぬ

イネ:ここに来たら、あんたを殺すわ、そうしたらスジンが死ぬ
   これからはその記憶をスジンのために使って
   絶対に来ないで、チャン・テサン

チェギョン:ハヤン洞に写真館があります。イム刑事がそこへ出発しました

テサン(声):スジン!

【チェギョンの自宅】
テサンに電話するが通話中
チェギョン:あーっ、どうして10分もずっと話し中なのよ
何かに気づいた様子のチェギョン

スンウは車を走らせている

エレベーターからおかもちを持って降りてくる男性
チェギョン:ちょっと!
男:あっ!708号のお嬢さん
チェギョン:オートバイを30分だけ貸してほしいの

【エレベーター】



テサン(声):手術の日に行くよ、その前には行けないんだ
        放射線治療に行く時は、必ずママとだけ行けよ
        パパは、もう隠れて会いに行ったりしないよ
        26日、その時に会おうね
エレベーターから降りたスジンはイルソクの目を盗んで靴を片方落とす

スジン:オジサン、靴・・
イルソク:靴?
イルソクが靴を拾いに行った隙に、車いすから立ち上がりエレベーターに乗るスジン

スジン:パパが来るまで待ちなさいって
エレベーターの扉を閉じてイルソクから逃げるスジン

イム室長(声):面会時間、回診(?)する時間、警備回復時間を考えると
        最大で20分を越えてはいけません

無菌室の病棟へ戻ってきたスジン
寝ている医師を揺すって起こそうとする

スジン:先生、先生!
動く様子がないので、辺りを見回していたスジンは病室へ
イルソクが病棟へやって来る

イム室長(声):外に長くいれば感染の危険が大きいです
        即生命が危険になる事もあります
イルソクはスジンの病室を探し始める
棚の影からその様子を見ているスジン

イルソクがトイレ(だと思われる)に入った隙に別の場所へ移動するスジン

イム室長(声):4階の小児病棟網細胞移植室は全部で6つ、患者たちは4人です
        全て6歳から10歳未満の子どもたちで両親はすべて後援説明会
        で集合しています。
イルソクが他の感謝の部屋を見に行っている隙に、スジンは薬だなの中に隠れる
きちんと扉を閉める事が出来ないが、スジンはそこにじっとしている

イルソク:チビのヤツいったいどこに隠れたんだ
みると、棚の扉が少し開いているのを見つけるイルソク

テサンが病院に到着、階段を駆け上がる
病棟に到着して寝ている看護師に声をかけるテサン

テサン:ちょっと!おい!
落ちているスジンの靴を見つけるテサン

テサン:スジン
     スジン!

イルソク:スジン、もうかくれんぼはやめようね

イルソクが扉に手をかけようとした時、テサンがやって来る

テサン:スジン!スジン!

テサンの声を聞いて身を隠すイルソク
テサンは入口に書かれている面会に際する注意書きを見る
消毒をしていないテサンは中へ入れない
扉の外から大声で叫ぶテサン

テサン:スジン!スジン!
     スジン!ここにいないのか?!
     スジン!
     ティンティンのおねえさん!!スジン!!
スジン:パパ?
テサン:スジン!
棚から出たスジンはテサンに駆け寄る

スジン:パパ!
テサン:スジン!
スジンは扉を開けようとする
テサン:だめだ!開けるな!
今ここに出てきたらダメじゃないか!
     早く無菌室に入っていろ、早く!早く!!
スジン:パパは?
テサン:パパがお医者さんを呼んでくるから、だから
     早く戻っていなさい。早く!
スジンは無菌室に戻る

テサン:このクソ野郎!
病棟を出た所にある内線で電話をしようとしたテサン
コッソリ非常階段に逃げるイルソクを目撃する
追いかけようと走り出したテサン
そこへチェギョンがやって来る

チェギョン:チャン・テ・・、何故ここにいるんですか?
       スジンがもしかして・・
テサン:スジンを頼みます
そう言うと走り出すテサン

非常階段を逃げるイルソク

テサン:待て、この野郎!

救急車でイルソクを待っているイム室長、イルソクが遅いので
電話をかけるが、電話に出ないのでメッセージを打ち始め、
見るとイルソクが走って来る、その後を追いかけるテサン



イルソクは建物の屋上へ逃げ、テサンが追いつめる

イルソクを一発殴ったテサン

テサン:この悪魔みたいな野郎!スジンだ、俺のスジンだ!
     俺が救ってくれと土下座までして頼んだ子どもだ
     俺が死ぬからスジンの手術だけはさせてくれと頼んだのに
     俺を殺そうとスジンを拉致するのか!
     この、クソ野郎!
殴ろうとしたテサンを逆に殴り返すイルソク
二人が戦うがテサンの鉄拳と蹴りがイルソクを直撃

テサン:随分弱くなったなムン会長

そう言われたイルソクは立ち上がりテサンに襲いかかろうとするが
テサンに屋上の柵まで追いつめられ、塀の上から頭を突きだす形に
取り押さえられてしまうイルソク

テサン:目をあけやがれ、殺さないでやるから
    俺もお前を自殺に偽装して今すぐ殺す事が出来る
    しかし、殺さない。何故殺さないか分かるだろう?
イルソク:お前は人を殺せないヤツだからだ
テサン:人は殺せないさ、獣は殺せるぞ
    オ・ミスク殺害、コ・マンソク殺人教唆、パク・ホシク殺害、拉致
    その他もろもろ、生涯刑務所のなかで過ごさせてやるから
    お前を殺さない
そう言うと押さえていた手を離すテサン
へたり込んで座るイルソク

イルソク:お前は今日俺を殺さなかった事を生涯後悔する事になるだろうよ
     お前みたいなヤツは俺を絶対に捕まえられない
     熱気だけ持って、そこから抜け出せるならとっくに抜け出せているだろう
     俺が意味も無く毒蛇になったとでも思ってんのか?
     忘れたのか?俺がどう言うヤツか。そうさ、お前が子どもを選ぶと
     思っていた。来年から娘とソ・イネの法事をしろ
     来年から今日はソ・イネの命日になる
テサン:お前は、俺に手を出す事が出来ても、イネとスジンは絶対に手をだす
    事が出来ない。

そう言うとその場から立ち去るテサン
電話をかけるイルソク

ソンセン:チャン・テサンが車から消えてしまいました
イルソク:分かってる、すぐに写真館に行ってソ・イネを連れて来い

イネが監禁されている建物に到着したスンウ
周辺の3D写真と監視カメラから写した写真館の写真を手に持っているスンウ

チェギョン:そいつは車で20分前に抜け出して、外には二人だけいます。

写真館に入ろうとするスンウ
引きとめる手下ふたり

手下1:何ですか?
スンウ:何だって何だよ、写真館の客だろうが
手下2:今日は営業していません
スンウ:何を言ってるんだ今日写真を貰いに来る日なんだ
手下2:社長は用があって出かけられました
スンウ:社長じゃなくて職員、背はこれくらい高くて、痩せてて
    全く友達のくせに約束しておいて守らないのか・・
    中にいるのに居ないふりしてるんじゃないのか・・
手下2:中には誰もいないと言ってるだろう!
スンウ(声):中にはイネしかいないと言う事だな・・

イネは中で縄をほどこうともがいていた
スンウ:おい、出て来い!客が来てるのに
手下2:やめてください。明日また来てください明日
スンウ:明日また来れないだろう、この野郎が!
スンウが手下を殴り争うが相手にならない、手下の一人がナイフを抜くと
スンウは拳銃を取り出す。
驚いた二人は走って逃げだす

扉があかないので拳銃で撃つスンウ
(あの~、中の様子がわからないのに拳銃使うんですか~~?)

スンウ:イネさん
    大丈夫か?怪我はしてないか?
スンウはイネを抱きしめる
スンウ:とても驚いたでしょう
    どうして俺が来たんっだろうと思ったでしょう?
イネ:彼が、寄こしたんでしょう?彼はスジンの命綱だから
   私を救いに来たらだめなんでしょう
スンウ:救いに来ていたんですよ。俺と一緒に・・

【病院】
テサン:じゃあ、イネは無事なんですね
チェギョン:今、病院に向かっています
テサン:スジンは?
チェギョン:来て、直接会ってください
       スジンがパパを探しています
       看護師さんたちは、確認するのに忙しいから
       私が手配してあげます。早く来てください

【面会室】
落ち着かないテサン

ブラインドを開けながらテサンを見て笑うスジン。
テサンから貰ったリボンの髪飾りをつけている。

テサン:アンニョン、スジン
スジン:アンニョンハセヨ パパ
テサン:とても驚いただろう?本当は今日会うはずじゃなかったんだけれど
スジン:パパの言いたい事はこれだったんでしょう?
     手術の日意外に私に会わないって言うのは。今日の、さっきのあの
     オジサンのためだったんでしょう?



    私がパパの言う事を良く聞いたでしょう?
テサン:とてもとても、どうしてそんなによく言う事がわかったんだ?
スジン:悪い友達がいるものなのよ。私の幼稚園の時にも・・
    だから、悪い友達とは遊んだらダメなのよ
テサン:どんなのが悪い友達なんだ?
スジン:ウソを言う子、友達の物を奪う子、弱い子を叩く子、いじめる子、
    それと、割り込みする子
テサン:ママがとても賢く上手に育てたんだな
スジン:頭はよくないんだけど・・
    勉強はよくできないの・・入学してすぐ病気をしたから、
    だからちょっと出来ないの
テサン:わかってるよ、だけど、また学校に行けばよくできるよ
スジン:どうしてわかるの?
テサン:(自分を指して)良くできたんだぞ
スジン:わあ、じゃあ私も良くできるよね
テサン:絶対によく出来なくても良いんだぞ、けれどお前は良くできるはずだぞ
スジン:不思議だ (そう言うとガラスに近づくスジン)
テサンも腰を落としてスジンの顔の高さに近づく
スジン:パパ、お誕生日おめでとうございます
テサン:誕生日?
スジン:ママがワカメスープを作ってくれたの
     パパはワカメスープが嫌いだから、一度も誕生日のワカメスープ
     食べた事がないんでしょう?パパの代わりに私が食べなさいって言ったの
テサン:そうだったのか
スジン:パパの代わりにお祝いしてって、あ、そうだそうだ、ちょっと待って
「パパ!誕生日おめでとう。産んでくれてありがとうございます」
スジンは誕生日を祝うメッセージカードをテサンに見せる。
スジン:パパ、誕生日おめでとうございます。産んでくれてありがとうございます。
涙を流すテサンを見て、泣きそうな顔をするスジン
テサン:とてもうれしくて・・有り難くて
スジン:嬉しかったら笑う物よ
泣き笑いのテサン

ガラス越しにテサンとスジンが手を合わせる

テサン(声):この子が俺をみて笑ってる・・笑ってくれる



【救急車】
イルソク:チャン・テサンのやついったいどうやって分かったんだ
      すぐに写真館に車を回せ!
イム室長:あの、会長。今行けば状況が危険です
      先ずは会社に戻られて、早くアリバイから作られた方が・・
イルソク:お前俺が仏様に見えるのか?
      あんなゴミ野郎にこんなにやられたのに、ほっとけるのか!
携帯が鳴る
イルソク:なんだ!
テジュン:アニキ、今写真館を見張っていた子分たちから連絡が来たんですが
      イム・スンウ刑事が来て、ソ・イネを連れ帰ったそうです
イルソク:イム・スンウが写真館に?
      どうして分かったんだ、どうして分かったんだ!!

【病院】
スンウに連れられて到着したイネの姿を影から見たテサン

テサン:どこも怪我していないみたいだな。よかった
     アイツ、やるじゃないか

【スジンの病室】
ジスクから診察を受けているスジン
イネが戻って来る

イネ:スジン
スジン:ママ
イネ:とても辛かったでしょう、とても驚いたでしょう?
    ごめんね、ごめんね
スジン:面白かった
イネ:面白かったの?
スジン:パパがスーパーマンみたいに現れて、スジン!って言ったの
イネ:そうだったの?
スジン:うん。そうしたら、友達だって嘘を言っていた悪いオジサンが
     ぱっと逃げてったの
     けれど、パパはどうして分かって来たんだろう?
     とても不思議でしょうママ、すごく不思議でしょう?
イネ:そうね、すごく不思議ね
スジン:けれど、ママはどこに行っていたの?
     あの悪いオジサンは、ママが居ないのをどうして知っていたの?
そう言っていたスジンがいきなりもどし始める
スジン:ママ、つらい・・
イネ:大丈夫なんですか?
ジスク:今の所大丈夫なようです
面会室からスジンの病室の様子を見ていたスンウが外に出る

チェギョン:ごくろうさまでした。
スンウ:有難うございました
チェギョン:よかった と言う以外に何も言えません
スンウ:チャン・テサンは?
チェギョン:私を待っています。二人でちょっとすることがあって・・
スンウ:今まで有った事柄、それから、これからすることになる事柄を
    俺にも教えてください。手術まで二日あります、その前に
    ムン・イルソクのヤツを捕まえなければ
チェギョン:分かりました

イネが出てくる
スンウ:話をしていてください。俺は警備室へ行って捜査して来ます
イネ:テサンさんは、どこにいますか?

【病院ロビー】
テサン:何故こんなに遅いんだ



テサン:イネ
イネ:ありがとう、スジンを救い出してくれて
テサン:そんな・・こんな目にあわせて俺が本当に・・すまないと言う言葉を
     言う事すら合わせる顔がない
イネ:私の信号も覚えていてくれて、ありがとう
   スジンを助けなければならないから、テサンさんが来たらダメなんだけれど
   私も生きたかったの、オッパが瞳の写真を覚えていてくれ事をどれだけ
   願っていた事か・・
テサン:忘れるわけがないだろう
    お前がちょっと無鉄砲な所があっただろうだから俺みたいなヤツに出会ったが
    俺みたいなヤツの思い出をいまだに心に溜めているお前の事を知って
    俺がもっと驚いた。
イネ:今日、スジンを救い出してくれた事で、8年前の事をチャラにしましょう私たち。
   あさって骨髄をくれる事で、8年間スジンの前にいてくれなかった事もチャラにして
テサン:そんなに簡単に許せるのか?どうしてそんなにお人よしなんだ
イネ:許してあげたいの。そうしたらオッパもオッパを許すでしょう
テサン:そうしてくれるなら・・そうしてみるよ
イネ:あさって会いましょう
テサン:そうだな、あさって来るよ。それまでは、更に気をつけろ
イネ:そうするわ
テサン:今日は本当に苦労をかけたな、ありがとう
イネ:オッパも


【警備室】
職員:このように線を切ってしまって。メインボードまで全て故障したんです
スンウ:まともな監視カメラがひとつも無かったと言う事ですか?
職員:その間に撮影された物はひとつもありません
スンウ:もしかして、その前にバックアップされたファイルは?
職員:故障する前にバックアップされた物はあります。
    実時間でバックアップするので。
スンウ:それなら、そこに飲み物を配ったお譲さんは写っているな

【公園】
カップ麺を食べているテサンのチェギョン

チェギョン:もうひとつあげましょうか?
テサン:いいです。余り沢山食べると眠たくて徹夜出来ません。
チェギョン:あーっ!ムン・イルソクのクソ野郎。
       スジンも顔を見たんだし、テサンさんも見たんだから
テサン:スジンに証言させる事は出来ないし、俺も同じ事だし
     目撃者である俺らが現在身動きできない状態なのは知ってるでしょう
     激怒するのをやめましょう
チェギョン:そうね。どうして私がこんなに腹をたてるのかな
       ムン・イルソクをおもいっきり殴って怒りはすこしおさまりましたか?
テサン:殺したからと言って怒りがおさまるだろうか?
チェギョン:さっき、ムン・イルソクを捕まえた時、先ず連行だけでもしておけばよかった
       ソ・イネさんを証人にして
テサンは録音機を出して
テサン:これでムン・イルソクを捕まえればいいんです
チェギョン:録音機を手に入れたんですか?
テサン:さっき昼間に録音機を取り戻し出てきたら、イネの拉致した電話を受けたんです。
チェギョン:ところで、ソ・イネさんの瞳を拡大して見る事どうして分かったんですか?
       ソ・イネさんが信号を送ったと言ったじゃないですか
       それはどう言う事だったんですか?
テサン:それについては、俺一人で・・・俺の中に留めておきたい事なので
    聞いて見てください
録音を聞いて鼻で笑うチェギョン
テサン:どうですか?
チェギョン:あ、こいつら
    心証はムン・イルソクだけれど、これではムン・イルソクが真犯人だと言う
    証拠にはなりません。
テサン:けれど、印象としてはそのようになるでしょう
チェギョン:これだけでは、ムン・イルソクを捕まえる事は出来ません
テサン:捕まえられます
チェギョン:どの様にして?
テサン:ファン・テジュンが俺が録音機を設置したことを、ムン・イルソクに話して
    居ないんです。ムン・イルソクの家で捕まえられた時、俺が質屋で
    寝ていたと言う事だけを知っていたんです。
チェギョン:ミスクを殺したのがムン・イルソクだと言う事をファンテジュンの口から
       出たと言う事をイルソクが知ったら・・
テサン:ファン・テジュンの立場がとても危うい物になるでしょう
チェギョン:ムン・イルソクとファン・テジュンの仲を裂く事になりますね
テサン:しかし、ムン・イルソクだけを捕まえてどうしますか
     チョ・ソヒがまた力を使って救いだすだろうから
チェギョン:チョ・ソヒは私が・・あ、そうだ。私が話していませんでしたね
       マーティンと言うヤツが乗っていた車の所有が、ウィーナス通商です
テサン:昨日チョ・ソヒが住んでいる家の所有者もウィーナス通商だと言いませんでしたか?
チェギョン:もうひとつあります。
       写真館の建物もウィーナス通商の所有だそうです。
       この会社を追跡してチョ・ソヒは私が
テサン:時間がありません
    スジンの手術まで2日です。その間にムン・イルソクとチョ・ソヒを
    捕まえれば俺が堂々とスジンの手術室に入る事が出来ます

【チョ・ソヒの屋敷前】
12時5分になりソヒの屋敷の明かりが消える
テサンは辺りに人が居ないのを確かめると壁を軽々とのぼり屋敷内へ入る
その奥にある大きな屋敷
広い庭にメイドが出てきてCDをかける その時間が1時30分
ワインを片手に庭でひとり踊るソヒ。テサンはその姿を写真に撮影する。

【イルソクの屋敷】
暖炉のスイッチを押すと地下への通路が開く
地下に降りたイルソクはカバンにお金を詰め、資料をひとつ取り出す。

【チグクの家】
チグクに資料を差し出すテサン



チグク:酷い目にあったのに、こんな事を調べる余裕があったのか?
テサン:パク検事が調べていた物です。
     29歳でもともとの国籍はコロンビアなんですが、フランスの海外部隊
     出身だそうです。海外部隊で3年勤務すると国籍を手に入れられるんです
チグク:85年産まれか・・
テサン:コロンビアに養子に行くまでの事を調べるには時間がかかるそうです
     まだコイツが韓国人なのか、中国人なのか、日本人なのかもわかりません。
     ただ、韓国語を話すので韓国人である可能性が高いと言うだけです
     ところで、何故コイツがオジサンの息子かもしれないと思うんですか?

チグク:俺は暴力で暮らしてきたが、息子はそうでなければ良いと思って
     幼稚園に入園する時に万年筆を買ってやったんだ。
     キャップにヤツの名前のイニシャルを彫って
息子:先生おはようございます
チグク:その時やつの性格を心配したんだが、ヤツは恐れることなく良くついて
     まわったんだ。いつもくっついているから「タップル」(スティック糊)と
     呼んでいたんだ。
     ところが、ある日。家の前でちょっと遊んでいた息子が消えてしまったんだ
     
チグク:誘拐ならば金を要求しただろうが、現金カバンを用意して連絡を待っていたんだ
テサン:万年筆・・
     しかし、サンチ洞で別れた息子がどうやってムン・イルソクの手下に
     なったんでしょうか?
チグク:そうなんだ・・
テサン:オジサン。だから俺を助けてくれたんですか?
     いなくなった息子を思い出して、哀れに思われたんですか?
チグク:そんなもんだよ、人ってのは。(人之常情)人情ってもんだ
     あの子もお前と同じようにどこかで援助を受けながら愛情を受けてい・・
     こいつ、人に余計な事を言わせやがって・・
テサン:俺がスジンの手術さえ終えたら、必ず調べて差し上げます
チグク:死ぬか生きるかのヤツが、自分の役目をしっかり果たせ!


【イルソクの会社】
イルソク:これで、手術の日にやってきたところを捕まえて殺すしか道は無くなったな
     金に糸目をつけず人を集めて、腕の最高なヤツを連れて来い
     パク・チェギョンは何をしている?
イム室長:その後、家の外に出た事はないそうです
イルソク:本当に耐えているのか、耐えるふりをしているのか
     パク・チェギョンの家に手下を更に送って、イム・スンウ、ソ・イネにも
     尾行をつけろ。
イム室長:あの、会長。もうこの辺りでチャン・テサンを諦められては・・
イルソク:何?
イム室長:今の所、会長がオ・ミスクを殺したと言う物的証拠は何も見つかっていません
      自首して変わりをする人を見つけて、今からでも早く事件を処理されるのが・・
      今の状況では、最も安全な方法だと思います。
イルソク:イム・ヒョンジュン、お前なぜ金の奴隷になったんだ?
     俺は、誰も俺の言葉を無視する事が出来ないようにするために金を集めたんだ
     お前は俺がやった金が少なかったのか?
イム室長:そうではなく・・
イルソク:足りないならもっと持って行け!
      俺が言うとおりにしろ!この野郎!
      お前は手術の日にチャン・テサンの首を持ってくる事がお前が金を
      受け取ってする仕事だ!
イム室長:わかりました
秘書(声):会長、チャン・テサンと言う方が会長と通話なさりたいそうです
イルソク:チャン・テサン?
イム室長:会社に電話を!
イルソク:つなげ
テサン:チャン・テサンだ
イルソク:そうか、調子に乗ってるなテサンよ
テサン:俺がちょっと聞かせてやるから、隣にいる余計な職員は外に出してイム・ヒョンジュンと
     ファン・テジュンと一緒に聞きな。スピーカーフォンに変えてみろよ
イルソク:なんだと?
テサン:おい、ファン・テジュン、まだ会長になにも話していないようだな

テサン(声):ソクトゥが全部吐いたぞ、ムン・イルソクがオ・ミスクを殺したって
テジュン(声):ソクトゥ、てめぇ、チャン・テサンに会長がオ・ミスクを殺したと言ったのか?
         会長が殺したと言ったのか?いつだ!
ソクトゥ(声):あ・・あの時ですよ、あの、コ・マンソクが死んだ日です
デリョン(声):本当に会長が殺したんですか?社長が殺したんじゃなくて?
テジュン(声):おい、この野郎!俺はナイフで刺す事は沢山したが、人を殺した事はない!
      誰にも、チャン・テサンがここに録音機を設置したことを誰にも話すな。

イルソク:ファン・テジュンこの野郎・・
テサン:俺が何故お前がオ・ミスクを殺したと分かったかって?全部テジュンが
     デリョンとソクトゥにばらしたからだろう、正しい事は千里を行く
イルソク:仲たがいをさせるような事をするなテサンよ。
      これを何故オレに聞かせるんだ?これだけ確実な証拠があるなら警察署に
      持って行けよ。持って行ったところで無駄だから持っていかないんじゃないのか!
      このアホウが!
テサン:持っていくぞ。
イルソク:何?
テサン:俺が捕まえられずに証拠が出たら、ファン・テジュンを真犯人にするつもり
     じゃないか。その時に警察署に送るんだ。ファン・テジュンが真犯人じゃ
     なくて、お前だって・・

【写真館】
テジュン:何してる、さっさと詰めろ!
電話が鳴る

テジュン:誰だ!
テサン:ムショに行く準備はちゃんと出来てるか?
テジュン:おい、チャン・テサ・・
テサン:そうだよ、お前がオ・ミスクを殺して代わりに濡れ衣を着せたチャン・テサン
テジュン:なっ・・なにをいい加減な事を、ごちゃごちゃぬかしやがって
テサン:俺がムン・イルソクの家で捕まえられた時、ムン・イルソクが俺に何と言ったか
     知ってるか?俺を殺してお前を代わりに送りこむって言ってたぞ
     ナイフはお前の物だし、オ・ミスクの家もお前の妻の名義だし。
     それに、あの日監視カメラの映像におまえも一緒に写っていたじゃないか。
     ムン・イルソクの代わりにムショに行って、棺桶のふたが開くまでゆっくり
     過ごして来い
テジュン:この野郎が、まったく・・
続いてイルソクから電話がかかってくる
テジュン:はい、アニキ

【イルソクの会社】
イルソク:あ、テサンのヤツのように縁故がなく前科のないヤツひとり選べ
テジュン:はい?
イルソク:チャン・テサンを殺してチョ・ソヒに命じてパク・チェギョンから検事職を
      奪えば、ヒルのように今回の事件にへばりつくやつらが居なくなるから
      そうだな・・偶発的強盗殺人はどうだ?
テジュン:偶発的強盗殺人、アニキそれはいいですね
イルソク:そういうことにするなら、先ずはテサンのヤツから消さなければならんな
テジュン:もちろんですとも
イルソク:手術の日に、失敗がないようにメンバーをきちんと選べ
テジュン:はい、アニキ
イルソク:     があるなら、はやく消して
     早く動け、時間がない
テジュン:はい、分かりました
そこへテジュンに電話、相手は 妻 となっている

テジュン:ああ、俺だ

【テジュンの妻の家】
スンウ:全く、度胸がありますね、クォン・ヒオクを訪ねてきたのに知らないと・・ 
    夫が全てやっていると言っていたが、どうして妻名義のいえに内縁の妻を
    住まわせているんだ?
テジュン:だっ・・誰が内縁だと・・
スンウ:内縁じゃなければ、正式な契約書が何故家に無いんだ?
     ほら・・見ろ
     奥さんは、ご存じなのか・・
テジュン:いや・・前の契約書はなくしたんだ
スンウ:そうか?じゃあ、前契約書と契約金を入金した通帳のコピーを持って
     警察署に来い

【不動産会社前】
テジュンが慌てて車から降りてくる

テサン:無駄だぞ
テジュン:このやろ・・!
テジュンがテサンに向かって来たところを平手打ちするテサン

テサン:悪口言うなこの野郎。痛いか?痛いなら警察を呼べよ
     脱走犯チャン・テサンに殴られたって
テジュン:狂ってんのか? おかしくなったか?
テサン:ムン・イルソクは録音の事について何も言わなかっただろう?
     説教もしなかっただろう?
テジュン:おい、俺に仲間割れをさせようとしてるのか?
      アニキが俺をムショに入れるだと?
イルソク:会長は俺の時みたいに前科のない綺麗なヤツをひとり選べって言っただろう
      俺を殺した後に偶発的強盗殺人の殺人罪を着せるって
      しかしそれは、時間稼ぎをしてるんだよ、おまえがそれを有り難いと言って
      それは俺を殺そうと力を尽くすだろう?
      その間に、お前をどの様にして罠にはめようかと余裕持って策を練るんだ
テジュン:何を世迷言を言ってるんだ


デリョン(声):直接会長が殺したんですか?社長が殺したんじゃなくて?
テジュン(声):この野郎、俺はナイフで刺した事は沢山あるが、人を殺した事はない
         てめえら、チャン・テサンがここに録音機を設置した事を、誰にも話すな

テサン:俺がこれを会長に聞かせただろうか~聞かせてないだろうか~?
     目をつけているのに今の状況から逃げ出そうとすれば、今の俺の姿と
     同じ目にあうぞ。元気で行って来い
テジュン:このやろう、黙って聞いていれば!
殴りかかろうとしたテジュンは、逆にテサンに一撃で殴り倒される

【検察庁部長室】
中へ入ってきたサンフン

ジョンウ:パク・チェギョンはどうしている?
サンフン:よく分かりません
ジョンウ:現職検事が家宅侵入罪を犯した
     審議委員会を開かれる前に、弁明でもすれば罪を免れるかもしれないだろう
     どうせ懲戒処分をうけるからと警察署に出てこずにチャン・テサンの捜査を
     して回っているんだろう?パク・チェギョンは
サンフン:私からなにも申し上げる事はありません
ジョンウ:君はパク検事が検事を辞めても良いのか?
サンフン:部長が尋ねられるお言葉ではないようですが
ジョンウ:行ってパク・チェギョンに伝えろ。信じる信じないが重要ではなく
      必要かそうでないかを突き詰めろと

【居酒屋】
チェギョン:記者さん?イ・ドンミョン記者さんですね?
記者:そうですが
チェギョン:ここにビール一杯ね
男(声):はい
チェギョン:私があるチラシを貰ったんだけれど、情報を差し上げようかと思って
記者:10日前にチョ議員にインタビュー中の私に電話をして、チョ議員にかわって
    くれと言った方、チョ議員の記者会見の時に花束を渡されていた方、
    パク・チェギョン検事?印象的だったから少し調べてみました
チェギョン:挨拶をする必要がないようですね
記者:チラシも検事が送られたんですね?
チェギョン:では、ムン・イルソクを逮捕した人が私だと言う事もご存じですね
       だったら、私が何故訪ねて来たのかもご存じですね
       記事が全く出ないので・・送りがいのある方だと思って送ったんですが・・
記者:チョ議員は、記事を出せと言ったんです。
チェギョン:・・え?

【ソヒの執務室(回想)】
記者:ムン・イルソク会長が緊急逮捕されるが、48時間拘束されているかあるいは
    即釈放されるのか。ところが、即釈放する方に500万ウォンをかけると言うんです
ソヒ:それはどう言う・・
記者:それが、チョ議員がすぐに釈放してあげるだろうと言うチラシなんです
ソヒ:チラシ?
記者:どの様にお思いですか?
ソヒ:今、そのチラシを利用して、記事を書きましょうか?やめましょうか?
   許可を得に来られたんでしょうか?記者さん?
記者:このようなチラシが出ると言う事は、火のない所に煙は立たないと言う
    たとえもありますから。
ソヒ:私に、ウソか本当か尋ねに来られたと?
記者:国民全体のための善意ある確認と言いますか、これは爆弾級の記事なので
ソヒ:記事をお書きになれば
   記者が次期市長格だからと気をつかうから、この国がちょっとこんな風なんじゃ
   ないでしょうか?
記者:書いても良いと言う
ソヒ:自分が書いた記事に責任を取る気持ちがあれば良いのではないの?
   

【居酒屋】
記者:その前に私たちが知っていたチョ・ソヒではなかったんですよ
    瞬間、これはどう言う事か恐ろしくなってながらわれ知らず失礼しました
    そう言って部屋を出ました。
チェギョン:核爆弾だと言う事を知りながら暴露しろと言ったんですか?
記者:本当にムン・イルソク会長をすぐに釈放して、チョ議員が検察庁にまで
    訪ねて行ったそうですが、権力と言うのはそう言う物か・・
    はぐらかされた気分でしょう?
チェギョン:それでは、もう一回チラシを見たら、今度はどうなさいますか?



【警察署】
班長:妻の家でファン・テジュンは当たったし
    事件当時チャン・テサンを乗せたと言うタクシー運転手はどうなった
イルト:見つけました、翌日に退職していました
サンホ:会議が終わったら会いに行きます
班長:オ・ミスクを殺した時のナイフについては?
スンウ:手作りの物ですが、詳細は調べています、面白いのはナイフごとに
     模様がすべて違うと言う事です。
班長:だとしたら刃物のさやはこの世にひとつしかないんだな
スンウ:そうです
チョルキュ:鞘を見かけた人から当たってみます。
班長:しっかりと捜査を進行して行こう
    今夜の病院敬語は誰の番だ?
チョルキュ:俺です
班長:他人ではなく、イム刑事の家族だから宜しく頼む
チョルキュ:はい


【アバン宮】
病院の監視カメラに写っていた女性と同一人物が居ないかイルトがホステスたちを
確認中

スンウ:ファン・テジュン社長がこのナイフを持っている所を見た事がありますか?
     偽証をすれば、法に引っかかりますよ
ママ:言葉だけ社長なのよ、私たちもその方の姿を見る事は難しいんですよ


【車の中】
ソヒ:だから、デジカメのコピーなんて何故つくったの?
   ムン会長の事業スタイルを知らないとでも思ってるの?  
   三つ子の魂百までと言うけれど、慈善競売を終えたらこの国を出るのは私よ
イルソク:26日の夜の飛行機だそうですね
      何で私に一言も無く飛行機を決めたんですか
ソヒ:いつ発つかと言う事まで私が言わなければならないの?
   発つと言う事は知ってるじゃない
イルソク:当然、話すべきだろう。もう睨むのはやめて、
ソヒ:おい、ムン・イルソク・・あんた、どこで
イルソク:誰に向かって偉そうな口を叩くんだ、ただのヤクザを事業家にしてやったのに!
      このヤクザ出身の事業家があんたの生活費を10年間与えてやったんだ
ソヒ:え?
イルソク:あんたの今のその権力の半分は俺の物だ
      オ・ミスクの事件で余裕が出来たらあんたのその権力を使わなければならない
      だから、パク・チェギョンを首にして、チャン・テサンを殺す前までは
      韓国から発つな
ソヒ:発つな?
   チャン・テサンみたいなヤツに嫉妬してオ・ミスクを殺してこんな状況にしたのは
   誰なの!あんたが私の足を引っ張ると言う訳!
イルソク:だから、だからあんたの力を使おうと言ってるんだ
ソヒ:ムン会長、あんた。あんた・・ムン会長そんな事なら、競売を中断ね!
イルソク:中止しろ。俺は大企業家にのし上がるのに少し時間がかかるだけで終わり
      だが、チョ議員あんたはそのあとどうやって暮らすんですか?
      障害者の息子が暮らしていたスイスの場所とそっくりの土地をどこかへ
      建設中じゃないですか。そこに金をつぎ込んで金庫の中は空っぽのはずだが
      残金はどうやって支払って今後どうして、残りの人生をどの様に暮らすんですか、
      その2000億の金なしで・・
ソヒ:おい、ムン・イルソク・・
イルソク:その2000億を無事に手に入れたければ、先ずは俺がユジンガスを無事に
      手に入れるようにして、それから俺をオ・ミスク事件からはずしてくれなければ
ソヒ:あんた、盗人猛々しいにもほどがある
イルソク:自殺した夫の借金を払ってくれ、国会議員にしてくれ、息子のための王国
      建設まで、そういう態度はダメでしょう
ソヒ:金をくれないと?
イルソク:今まで俺が事業をしようと金の計算を良くしてきたようだ。
     あんたみたいな人も信じさせて、チョ議員、この国が地獄の様だと
     阿鼻地獄のようだと言いましたね
     しかし、この阿鼻地獄を離れるために更なる阿鼻になったのがあんただ
     だからその時までそんなに汚い真似はするな

【チグクの家】
おかもちにテサンの着替え、等を入れて持って来たチェギョン

テサン:検事このおかもちはどうしたんですか?
チェギョン:私がこの店に2年の間常連なのよ
テサン:借りたんですか?
チェギョン:3日間です。代わりにオートバイをレンタルしました
       
テサン:他の準備はすべて出来ましたか?
チェギョン:チャン・テサンさんは、台本を全て覚えましたか?


【森?公演?】
ソンセンが銃を組み立てている。メッセージが届いた音がする。
ソンセンが探すと携帯が見つかる

チグク(声):タップルか?携帯の充電をしておけ

ソンセンは無視して携帯をトランクに投げ入れ扉を閉める。


テサンはひげをたくわえスーツを着て変装
サングラスをかけて創造党のビルへ入って行く。

ソヒ:そうです、では後で会いましょう

内線
秘書(声):議員、イ・ドンミョン記者の遣いだと言う方がおみえです
ソヒ:イ・ドンミョン記者の遣い?
   何の用で来たと言ってるの?誰?
秘書(声):キム・ソンジュン君の事で、お話しがあるそうです。
ソヒ(声):ソンジュン?
      入るように言って
      ソンジュンの事だなんて・・
テサン:こんにちは、チョ・ソヒ議員
ソヒ:先ずは、どなたなのか知りたいですが
テサン:チャン・テサンです
ソヒ:ここをどこだと思って・・ すぐに、警察を呼ぶわ
テサン:庭の広いお屋敷をお訪ねしようかと思いましたが、こちらに来たんです。
     とても良い家にお住まいですね、チョ・ソヒ議員
     10分だけ時間をくださればインターネットにアップしたりしません。
     もちろん、その写真以外にいくつか有りますが。
     気楽に話せるように、盗聴器しらべをなさってください。
ソヒ:昨夜の写真を持ち込んだところをみると、それだけ気持ちが性急なようだけれど
   用件を話して
テサン:私はムン・イルソクを真犯人として逮捕したいんです
     2日後には私の娘の手術です。その前に私を殺そうと言うのは26日の
     競売のためだと言う事も知っています。
     それまでは、ムン・イルソクを無事でいなければならないからです。
ソヒ:用件だけ言いなさい。回りくどい事は言わず
テサン:私は私の娘だけ助けて、娘のために堂々としたいんです。他に望みはありません。
ソヒ:だから写真を数枚撮影して、どこかで拾った情報ひとつで、私を脅迫しようと
   訪ねてきたの?
テサン:私と私の娘の命にかかわる事です、脅迫ではなく何でも出来ます。
     チョ・ソヒ議員が本当に暮らしていらっしゃるあの屋敷。ウィーナス通商と言う
     建物だそうですね、その登記簿です。それと、その写真館の建物もです。
     その写真館の建物に子どもの母親が拉致されていました。
     もちろん、証拠もあります。そのCDの中に・・
     調査をしてみればウィーナス通商という会社がムン・イルソクのペーパー
     カンパニーだと言う事はすぐにわかるでしょう。
     ムン・イルソクをオ・ミスク殺害の真犯人として捕まえて、私の濡れ衣さえ
     脱ぐ事が出来たなら、議員とムン・イルソクのコネクションについて、そして
     奥にある豪邸の事は黙っています。

チェギョンは創造党の近くのビルの屋上でスタンバイしていた。

テサン(声):入って5分過ぎても出てこなければ、作業を始めてください

チェギョンは望遠レンズを取り付けたカメラでソヒの部屋の中を撮影する


【ソヒの部屋】



テサン:ムン・イルソクを渡してくれたら、その資料をパク・チェギョン検事に渡しません
ソヒ:これらの事を、パク・チェギョンが知らずに君ひとりでしたと私が信じるとでも?
テサン:はい
ソヒ:え?
テサン:これをもしも、パク検事と手を組んでいたとしたら、いえ、私の娘の手術が終わり
     私が議員を裏切ったら、議員は私をほっておきますか?
     私は正直言って議員が怖いです。チュンチョンでも死にかかって、昨日も
     死にそうになって、ムン・イルソクをパク・チェギョンに逮捕されても釈放
     させたのも全て議員なのに、私のようなヤツを1週間、1ヶ月いや、1年後
     であろうと、いつでも抹殺させる事が出来る方なのに
     この国に住んでいて議員から逃れる自信は、ありません
ソヒ:私が拒否したら?
テサン:子どもを救おうと覚悟を決めた私です。これらをすべてばらまいて、議員と
     ムン・イルソクのコネクションを暴露して、私の事情を知らせます。
     スジンの手術までは、国民たちに私を保護して欲しいと言って・・
     そうすれば少なくともスジンの手術くらいはさせてくれるのではないでしょうか
ソヒ:ムン・イルソクを逮捕する証拠は、ちゃんと持っているの?
テサン:それが無くて私が議員を相手に話が出来るとお思いですか?
     ムン・イルソクは私が捕まえます。だから議員は、ムン・イルソクを釈放なさらず
     じっとしていてくださればいいんです
     娘を救って、残りの人生は死んだように暮らします。
ソヒ:イ・ドンミョン記者とキム・ソンジュン、私の息子はどうやって知ったの?
テサン:それは、検事に聞きました
ソヒ:いいわ
テサン:本当ですか?
ソヒ:命をかけている事が十分にわかったから
テサン:有難うございます。有難うございます議員
ソヒ:これ・・また付けて
テサン:はい
     あの、議員。約束の証明をください
ソヒ:覚書をかけと言うの?
テサン:いえ、そう言う事ではなく。約束をしたので 宜しくお願いします
     と言う挨拶を
そう言うと手を差し出すテサン。ソヒはテサンに手を差し出す。

スジンはソ・スジン復活カレンダー 3に ×をつける
チェギョンはソヒの部屋で握手をする テサンとソヒの写真を撮影する。

D-2




韓国語は、まだまだ勉強中です。
不備はなにとぞご容赦くださいm(__)m


間にあった~^^;
・・・聞き取りも後2話・・

良く頑張ったなぁ・・私><。
全話をこうやって一言一句 ブログに書きだしたのは・・ 初めてです。

アラン使道伝の時は、 最終話近くでチャレンジしましたが。。
今後ジュンギ君のドラマでもこの作業が出来るかどうか~

とにかく! 15、16話 頑張りますm(__)m




韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ

ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります^^

TWO WEEKS DVD-BOX1<シンプルBOX 5,000円シリーズ>TWO WEEKS DVD-BOX1<シンプルBOX 5,000円シリーズ>
(2014/07/16)
イ・ジュンギ、パク・ハソン 他

商品詳細を見る


TWO WEEKS DVD-BOX2<シンプルBOX 5,000円シリーズ>TWO WEEKS DVD-BOX2<シンプルBOX 5,000円シリーズ>
(2014/07/16)
イ・ジュンギ、パク・ハソン 他

商品詳細を見る


イ・ジュンギ in TWO WEEKS<スペシャル・メイキング>DVD-BOX1(初回限定生産大判ブックレット・ケース仕様)イ・ジュンギ in TWO WEEKS<スペシャル・メイキング>DVD-BOX1(初回限定生産大判ブックレット・ケース仕様)
(2014/07/25)
イ・ジュンギ、パク・ハソン 他

商品詳細を見る


イ・ジュンギ in TWO WEEKS<スペシャル・メイキング>DVD-BOX2(初回限定生産大判ブックレット・ケース仕様)イ・ジュンギ in TWO WEEKS<スペシャル・メイキング>DVD-BOX2(初回限定生産大判ブックレット・ケース仕様)
(2014/07/25)
イ・ジュンギ、パク・ハソン 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト
2013/09/24 00:03 ドラマ「Two weeks」(聞取り) TB(-) CM(12)
コメント
ありがとうございます
聞き取りも、語学力もあって、耳がよくなければ出来ないし それ以上に、文字お越しはもっと大変な作業だと思います
いつも楽しませてもらって感謝しています
クランクアップ〜 ジュンギくんがつぶやくと ツイの嵐でしたね あと2話 もう待てない気持ちです
2013/09/24 00:24 JMYU URL [ 編集 ]
わーー
今、怒涛のジュンギさんのツイートを整理していたら、みゅーずさんの更新がいつのまにか。
ジュンギさんのツイートまた翻訳機だとヘンテコになったけど、後でアップされるみゅーずさんの参考にします♪


それにしても、わーいわーい。
14話聞き取り待っていましたー。
またこれ横に並べて14話観よう。観ないと寝れない(笑)

スジン救出後、公園でカップラーメンをテサンとチェギョンが食べている時、やたりソ・イネという名前が出てきて、それがなんの話か気になっていたんです。あらすじにはその話はなかったので。

謎が解けましたー。
自分のブログ書くために何回も13話と14話を見直していたので、すっきり。

明日が火曜日で、その次が水曜ですね。
うー、早い。
みゅーずさんもあとひと頑張り、お願いします。
いつも頼ってすみません。
2013/09/24 00:44 あんじぇ URL [ 編集 ]
Re: ありがとうございます
JMYUさん こんはんは!
コメント有難うございます^^

ねぎらいの言葉を頂いて、有難うございます。
ジュンギ君もまだまだ現場で撮影が続いているのかな・・と思いますが
さすが「イ・ジュンギの選ぶ作品だな!」とファンが納得できるドラマだったと
私個人的には思っています。

ジュンギ君も共演者がひとり、またひとりとクランクアップすると寂しいんだろうなぁ・・
人懐っこい方なので・・・

私も後2話待てなくて、明日が水曜なら良いのに!!
なんて、あり得ない事を考えています(笑)

私のつたない訳で楽しんで頂いて、私こそ感謝申し上げます。
後2話。 頑張ります(^-^)

2013/09/24 00:57 みゅーず URL [ 編集 ]
Re: わーー
あんじぇさん こんばんは
コメント有難うございます^^

私の聞き取りを楽しみにお待ちいただいて有難うございます。

テサンの出生の秘密も、ソンセンとチグクの関係も、それからスジンとテサンの行方も
イネとはどうするのかも・・・
後2話でどの様に終結するのか気になって仕方がありません。

明日、HPに少しでも早く15話の予告がアップされる事を願っています。
2013/09/24 01:13 みゅーず URL [ 編集 ]
ありがとうございます!
アランからずっとお邪魔してました(^-^)
two weeksのあらすじも、さすがみゅーずさん!読んでいると、そのシーンが浮かんできて、お陰で今回もドラマの世界にひたってます。

いい作品を選んでくれましたね、私たちの俳優さんは。

今週で終わりだなんて寂しい限りですが、みゅーずさんのUP、楽しみにしています。
2013/09/24 14:29 ゆきのじょう URL [ 編集 ]
溜飲を下げた14話!
聞き取りアップを私も待っていました~
ありがとうございます~~❤
14話,いいシーンがい~っぱい!
セリフがわかってますます感激です。

勉強がよく出来たとスジンに言ってましたが,テサン,たしか
オンマにアッパのこと尋ねたときも勉強してましたよね。
ふむふむ。

チェギョン,テサンにイネの信号のこと聞いてたんですね,天然チェギョン^^
(でもキム・ソヨンさん,今まで見た中で今回が一番かっこいい^^)

悪人連盟,仲間割れのきざしがあっても,まだまだしぶといでしょうから。
最後の最後まで気が抜けませんね。

明日明後日が待ち遠しい…

幸せなテサンたちの姿がみられますように。(こればっかり^^!)



2013/09/24 20:59 junph URL [ 編集 ]
みゅーずさん、嬉しいです。
Jinです。
みゅーずさん、ありがとう。
本当にあと2話ででおしまいだね・・・
あっという間です。
ここでしっかり話の内容がつかめたので明日が楽しみです。
といっても、画像見て、声を聴いて、あとは想像の世界ですが・・・
本当にありがとうございます。
2013/09/24 21:18 Jin URL [ 編集 ]
Re: ありがとうございます!
ゆきのじょうさん こんばんは
コメント有難うございます^^

本当に良い作品を選んでくれたと思います^^
最終回、ハッピーエンドを祈るばかりです。

文章にする際、頭を悩ませる事も多いのですが
楽しんで頂いて有難うございますm(__)m
2013/09/24 23:37 みゅーず URL [ 編集 ]
Re: 溜飲を下げた14話!
junphさん こんばんは^^
コメント有難うございます。

テサンとチェギョンの思惑通りに事が運ぶのかどうか
その点も気になるし、色々な伏線を張られているのでそれを
どの様に解決するのかも楽しみです。

キム・ソヨンさん20代後半のエリート女性の役柄を
とても素敵に演じていて、好感を持って見ています^^

ハッピーエンド!!! が言いに決まっています(^-^)

2013/09/24 23:43 みゅーず URL [ 編集 ]
Re: みゅーずさん、嬉しいです。
Jinさん こんばんは!
コメント有難うございます。

ドラマを見ながら2カ月があっという間。
ほとんどスタントを使わず自力でアクションを演じきるジュンギ君
アクションだけでなく、演技も素晴らしい!

画面の中で一瞬たりとも素のイ・ジュンギが居ないのが
不思議に感じられるほど、チャン・テサンです^^

明日の今頃は15話が終了していると思うだけで既に寂しいです。

2013/09/24 23:48 みゅーず URL [ 編集 ]
文字だけでも・・・
いつもありがとうございます。
終盤になって、ますます手に汗握るシーンの連続で、リアルちんぷんかんぷん視聴でもスジンとの病院シーンは泣きました。ジュンギ君の演技力は言葉を超えていますね。
そして、今、みゅーずさんの聞き取りを拝見して、文字だけでも涙が出たり手に汗を握ったり、ジュンギ君が演技をしていました。
みゅーずさんの聞き取りは、ただ聴きとるだけでなく、ちゃんとシナリオになっているので場面が浮かびます。
いよいよ、今日は水曜日。あと2回で終わるのは寂しいですが、結末が気になっているのも事実です。
みゅーずさん、体調と相談しながら(といいつつも落ち着いてもいられないですよね^^;)よろしくお願いします~~m(__)m
2013/09/25 08:35 mierin URL [ 編集 ]
Re: 文字だけでも・・・
mierinさん おはようございます
コメント有難うございます^^

さすが、ジュンギ君が選んだ作品!
さすが、ジュンギ君の演技力!

いよいよ今日15話、またまた手に汗握る1時間になるんでしょうね~

いつも私の体調を気にしてくださってありがとうございます。
体調と相談しながら、落ち着いてと思いますが・・・
ホント、気になって仕方がないのも精神衛生上良くないです(笑)

明日の最終回は・・エンディングがどちらに転んでも
万感が交差して泣きそう... タオル準備しておいた方が良いでしょうかww

2013/09/25 09:39 みゅーず URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
一日に1回ポチッ宜しくお願いしますm(__)m
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アマゾンショップ
キーワードをイ・ジュンギにしているのに・・ 他のジュンギ作品が紹介される事もありますが~^^;


Kindle
Kindle本ストアー
人気ブログランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポーツ&アウトドア商品