イ・ジュンギ大好きブログ^^
プロフィール

みゅーず

Author:みゅーず
みゅーずのイ・ジュンギ大好きブログ^^
宜しくお願いしますm(__)m

韓国語は、まだまだ勉強中です。至らぬ点、
誤訳もあり得ますので、記事の持ち出しは
ご遠慮ください



English Version

한국어 버전

カテゴリ
ジュンギ君動画
「CriminalMinds」ハイライト 「月の恋人 歩歩驚心:麗」ハイライト   「夜を歩く士」teaser1 「夜を歩く士」teaser2 「朝鮮のガンマン」ハイライト 「Two weeks」ハイライト 「アラン使道伝」teaser 2012.02.16 除隊teaser
JGshock / twitter
ジュンギ君のドラマ関連商品
Amazonファミリー
月別アーカイブ
.

[放映終了企画①]「2weeks」イ・ジュンギ、信じて使うアクション俳優の誕生


元記事は こちら ← クリック


放送関係では視聴率は、上手く行ったドラマと不振だったドラマを分ける絶対値だ。
それゆえに、俳優たちも、特定のドラマを好むファンたちも視聴率と言う小数点の数字に
これほどまでに(一喜一憂)泣き笑いする。
しかし、視聴率がドラマのクオリティーと叙事の良し悪しを分ける基準にする事は出来ない。
26日終映したMBC水木ドラマ「2weeks」(脚本:ソ・ヒョンギョン、演出:ソン・ヒョンソク)も
やはり、視聴率が低いからと言って、決して過小評価する事が出来ない作品だった。

20131007-1


このような完成度の高い作品の中心にイ・ジュンギが居た。
彼は2週間の脱走劇を含めたこの作品で劇の展開を担当した事はもちろん、
演出と作家が担当しなければならない完成度に対する荷を共に担うしかなかった。

「2weeks」は、出生の事実すら知らなかった娘の存在を知る事になった父親に対する
物語を扱った。
また、組織と警察両方から追われなければならないチャン・テサン(イ・ジュンギ扮)の脱走劇を
生き生きと伝達した作品だった。
すなわち、イ・ジュンギは感情演技を通して、父性愛を見せて、アクションも消化しなければならない
二重苦を体験したと言う事になる。


◆ロマンティック指数 0%、イ・ジュンギの専攻ではなかった

「2weeks」は、現在MBCで放送されるドラマの中で「スキャンダル」とともに
多少、重たい主題を扱った作品だった。
政治家と組織暴力団出身の企業家のコネクションと言う微妙な素材と、スジン(イ・チェミ扮)
の骨髄移植など、一歩間違えたなら全ての事が崩れてしまうギリギリの作品だった。

これに「2weeks」には、良く言われる所の「面白み」の有無は重要ではなかった。
「マイガール」「アラン使道伝」など、以前の作品などを通して積み重ねてきた
イ・ジュンギのロマンティックな面を見せる機会が初めから与えられなかったのだ。

しかしイ・ジュンギは、父性愛というまったく異なる分野の愛を見せながら、
視聴者たちの感動を引きだした。
脅迫に屈服した三流チンピラから父性愛で自身の目を開いて、幻想で見える娘スジンと
会話をかわす場面は、劇中のテサンが次第に父親の資格を備えて行っている事を見せてくれた。

この後、イ・ジュンギは、完全に覚醒したチャン・テサンの姿を見せながら
劇中の悪役たちを窮地へ追い込み、突然主人公の能力値が上昇した事にも
視聴者たちに違和感を感じる事がないようにさせることに成功した。


20131007-2



◆イ・ジュンギが苦労するほど見所が多かった

このドラマでイ・ジュンギは、切々とした父性愛演技以外にも、アクションが可能な
俳優であるという事実をもう一度想起させた。
振り返ってみれば、彼は「王の男」で綱渡りを直接練磨してスターダムに上って
「一枝梅」「犬とオオカミの時間」「アラン使道伝」を通してもアクション演技を繰り広げた。

しかし、「2weeks」で見せた素早いチャン・テサンのアクションと瞬間的に機知を発揮して
逆境を切りぬける姿は、男性性が強い俳優たちの見せるアクションとは、また異なる魅力が有った。

これに、イ・ジュンギは、撮影中ずっと格別な苦労をしなければならなかった。
撮影中ずっと数十回走ると言う事はもちろん、砂の山に埋もれるなど、あらゆる受難を
体験して、多少退屈することがある脱走劇に見どころを作り出した。

このようなイ・ジュンギの大変な苦労は視聴者たちの好評につながった。
スパイ映画を観るようだったと言う評価はもちろん、前作を通して証明されていた
アクションに対しての視聴者たちが持っていた一抹の危惧心を完全に飛ばしてしまった。

成績が良くなかったとしても、熱心に勉強した学生の能力まで評価する事が出来ないように
視聴率が悪いからと言って、イ・ジュンギがソ・ジソプに負けたと断定する事は出来ない。
苦労しただけの補償が受けられなかったという残念感はあるとはいえ、イ・ジュンギは
この作品を通してone top俳優としての可能性を視聴者たちの脳裏に刻印させた。



*******************************************************

遅くなりました~^^;
やっと ジュンギ君がツイッた記事をひとつ訳しました。

まだ、2つ?程あるのですが、ボチボチ訳しますm(__)m
(仕事が遅くてすみません(大汗))





韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ

ランキングに参加しています。それぞれにポチッとしていただけると励みになります^^
スポンサーサイト
2013/10/07 18:39 『Two Weeks』関連記事 TB(-) CM(2)
コメント
こんばんはー
やはりちゃんと訳してる記事は、私が以前アップした翻訳ツールくんの文章とは違いますねー。
もう意味不明なところ満載ですが、気にせず、アップしちゃいますからー。

2weeksは終わりましたが、みゅーずさんの今後の活躍に期待してます。
また来ますねー。
2013/10/08 01:07 あんじぇ URL [ 編集 ]
Re: こんばんはー
あんじぇさん おはようございます^^
コメント有難うございます!

しばらくは「2weeks」を追いかけようと思っています^^
ご期待に添えるかどうか分かりませんが、頑張ります(笑)
2013/10/08 07:18 みゅーず URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
一日に1回ポチッ宜しくお願いしますm(__)m
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アマゾンショップ
キーワードをイ・ジュンギにしているのに・・ 他のジュンギ作品が紹介される事もありますが~^^;


Kindle
Kindle本ストアー
人気ブログランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポーツ&アウトドア商品