イ・ジュンギ大好きブログ^^
プロフィール

みゅーず

Author:みゅーず
みゅーずのイ・ジュンギ大好きブログ^^
宜しくお願いしますm(__)m

韓国語は、まだまだ勉強中です。至らぬ点、
誤訳もあり得ますので、記事の持ち出しは
ご遠慮ください



English Version

한국어 버전

カテゴリ
ジュンギ君動画
「CriminalMinds」ハイライト 「月の恋人 歩歩驚心:麗」ハイライト   「夜を歩く士」teaser1 「夜を歩く士」teaser2 「朝鮮のガンマン」ハイライト 「Two weeks」ハイライト 「アラン使道伝」teaser 2012.02.16 除隊teaser
JGshock / twitter
ジュンギ君のドラマ関連商品
Amazonファミリー
月別アーカイブ
.


'イ・ジュンギ・演出・ソヒョンギョン'完璧だった'2weeks'の3拍子[夜TV]


元記事は こちら ← クリック


201309270506151115_1_59_20130927071601

MBC水木ドラマ「2weeks」(脚本:ソ・ヒョンギョン、演出:ソン・ヒョンソク、チェ・チョンギュ)が
16部を最後に終映した。

26日放送された最終回では、とてもひどくチャン・テサン(イ・ジュンギ)をがんじがらめにした
ムン・イルソク(チョ・ミンギ)が結局自身が大した事ないと眺めていたチャン・テサンの
手で逮捕される姿が電波に乗った。
劇を代表する悪人ムン・イルソクとチョ・ソヒ(キム・ヘオク)が法の審判を受ける事になると
チャン・テサン、ソ・イネ(パク・ハソン)、ソ・スジン(イ・チェミ)家族は、8年ぶりに初めて
ひとつの場所に集い笑う事が出来た。

保身を図らない演技、緊張を緩める事が出来ない、しっかりと組まれた演出、荒を見つける事が
困難な緻密な脚本まで、ウェルメイドドラマとして評価を受けた「2weeks」を輝かせた3つの
要素を探ってみた。


▲ 'イ・ジュンギ',チャン・テサンとともに復活した万能型俳優

俳優イ・ジュンギは「2weeks」を通して「信じて見る俳優」と言うタイトルが虚名ではないと言う事を
証明した。デビュー作である映画「王の男」で繊細な感情演技で注目を受けたイ・ジュンギは、以降
MBCドラマ「犬とオオカミの時間」とSBSドラマ「一枝梅」などを通じて、メロードラマとアクション力まで
認定された万能型俳優だった。

8年前、相手を守るために、どうする事も出来ず別れたソ・イネとの関係、人生の新しい意味を吹き込んで
くれた娘、ソ・スジンとの用心深い初めての出会い、全国がスマートフォンを通して自身の逃走の消息を
リアルタイムに接する状況で、息を飲むの脱走劇を行わなければならない逃亡者の運命まで・・・
感情演技とメロー、アクションなど、全てのジャンルを消化しなければならないチャン・テサン役を
イ・ジュンギが引き受ける事になった事は、俳優にとっても視聴者にとっても幸運だった。

イ・ジュンギは、土に埋もれてストローひとつに頼って息をして、山道を転がり、川に飛び降りるなど
撮影中ずっと保身を図らない演技を繰り広げた。
ドラマの撮影日程が映画に比べて相対的にギリギリに撮影される点を考えてみれば、劇中彼の逃走激が
居がのように華やかに完成されことは、更に驚くべきことだ。

「2weeks」という新しい代表作を通してイ・ジュンギは、過去に印象的である有望格として注目を受けた
自身が、今や代替えが不可能な俳優として完璧に生まれ変わった事を証明した。



▲ '演出', 韓国版 '24'は、どの様にして完成されたか

劇の序盤、「2weeks」が注目を受けた事は、まさにその題目自体からだった。
2週と言う時間を意味する「2weeks」。実際に生活するな変え2週は短く感じる事も出来る時間だが、
作品の中の2週間は無意味な人生を送っていたチャン・テサンが、ひとりの人間が体験する事が出来る
全ての苦痛を体験しながらも娘のために「堂々と」生きて行く事が出来る人間に変化していく
過程を込めた十分に長い時間だった。

このような、チャン・テサンの脱走劇を「2weeks」では、毎回一日ずつの話を込められた方式で展開した。
劇中一日の時間に日アチャン・テサンの危機が有ったし、反転が有ったし、最終的に彼の進化が込められた。
そして、14日間、チャン・テサンに起きた進化が積り、娘ソ・スジン(イ・チェミ)の手術当日、視聴者たちは
ついに家族を守りとおした、頼もしいパパチャン・テサンに直面する事が出来た。

「2weeks」が放送される前、一回に一日の時間を込めたと言う設定を伝えたために多くの人々は
アメリカドラマ「24」の設定を例に挙げた。
「24」は毎回1時間の間、多様な場所で繰り広げられる事柄を同時に描き出しながら、最終的に事件の
実態を完成させていく形式のシリーズ物だ。
「2weeks」を前にして、多くの意見は事前政策が困難な韓国ドラマの現実で、一回に込める1日と言う
短い時間の話を圧縮的に描き出す事に対する憂慮を表した。
差し迫った撮影日程が新っこうされる場合、後半部分へ行くほどに完成度が落ちるのではないかと言う事に
対して心配が存在したことも事実だった。

しかし、制作陣は隙のない仕上がりを完成させて、これで韓国ドラマ社には「24」に代る「2weeks」という
新しい事例が名前をあげる事になった。



▲ 'ソ・ヒョンギョン', やはり信じて見る作家

もちろん、この全ての事は、長い時間「2weeks」を構想してきたソ・ヒョンギョン作家のしっかりとした
脚本が有ったからこそ可能な話だった。

撮影過程で「2weeks」に出演中であるある俳優側の関係者は「ソ・ヒョンギョン作家の台本を読めば
感嘆が漏れる。
非常に優れた分がとても詳しくて台本だけ読んでいても該当場面が頭の中にそのまま描かれる。
今回の撮影過程で、何故俳優たちがソ・ヒョンギョン作家を選ぶのか如実に実感した」と感嘆を表した。

実際に「2weeks」の結末は繊細で几帳面だった。
14日の時間が流れる間チャン・テサンは人生に対する医師を持ったひとりの家長として生まれ変わり、
チョ・ソヒ(キム・ヘオク)の逮捕ひとつだけを見つめて生きて来たパク・チェギョン(キム・ソヨン)は
ホワイトボード一杯につけていた捜査記録とともにオ・ミスク(イム・セミ)に対する心の重荷を整理
する事が出来た。
ハン・チグク(チョン・ホ人)とキム・ソンセン(ソン・ジェリム)父子は、たとえ体は離れていても
心だけは共にする事になったし、後輩パク・チェギョンを失望させた部長検事ハン・ジョンウ(オム・ヒョソプ)
までも、チャン・テサンの無罪を立証して弁護士として第2の人生を始めた。

比重と関係なく劇中のキャラクターひとりひとりを逃さない、ソ・ヒョンギョン作家の緻密な構成は
視聴率以上の感動とスリルを視聴者に残した。





韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ

ランキングに参加しています。それぞれにポチッとしていただけると励みになります^^

スポンサーサイト
2013/10/09 18:37 『Two Weeks』関連記事 TB(-) CM(2)
コメント
こんばんは
記事の翻訳お疲れ様でした。
2weeksは記事はどこでもべた褒めですね。
視聴率命の韓国ですが、これも含めて年末の賞レースは評価してもらいたいですね。
ジュンギさん、賞もらいたいだろうなー。

視聴率は負けたけど、作品的には十分満足してるとは思うけど、やはり明確な結果を望んでいるのだろうなと思います。

日本放送も早く決めて欲しいです。
絶対にファンが増えると思うもの。

それからDMしました。
いつものです。申し訳ないです。
2013/10/10 03:13 あんじぇ URL [ 編集 ]
Re: こんばんは
あんじぇさん おはようございます^^
コメント有難うございます!

今回は視聴率と言う意味では本当に残念でした。

韓国では予告を観て、結末が予測できるので
途中経過を観ても~「どうせ娘を助かるんでしょう」なんて
簡単に思って視聴しなかった可能性があると思っています。

けれど、以前のジュンギ君のツイにも有ったように
一度だけしか見ない と言う人はいない模様で^^
MBCの掲示板にも、評判を聞いてダウンロード(有料)して全部観た
と言う書き込みがありました。

ジュンギ君には自分を信じて、これからも作品性の高いドラマに
出演し続けて欲しいです^^

あ、それからDM有難うございました^^
2013/10/10 08:30 みゅーず URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
一日に1回ポチッ宜しくお願いしますm(__)m
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アマゾンショップ
キーワードをイ・ジュンギにしているのに・・ 他のジュンギ作品が紹介される事もありますが~^^;


Kindle
Kindle本ストアー
人気ブログランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポーツ&アウトドア商品