イ・ジュンギ大好きブログ^^
プロフィール

みゅーず

Author:みゅーず
みゅーずのイ・ジュンギ大好きブログ^^
宜しくお願いしますm(__)m

韓国語は、まだまだ勉強中です。至らぬ点、
誤訳もあり得ますので、記事の持ち出しは
ご遠慮ください



English Version

한국어 버전

カテゴリ
ジュンギ君動画
「CriminalMinds」ハイライト 「月の恋人 歩歩驚心:麗」ハイライト   「夜を歩く士」teaser1 「夜を歩く士」teaser2 「朝鮮のガンマン」ハイライト 「Two weeks」ハイライト 「アラン使道伝」teaser 2012.02.16 除隊teaser
JGshock / twitter
ジュンギ君のドラマ関連商品
Amazonファミリー
月別アーカイブ
.


[ブルーインタビュー] イ・ジュンギ、 "`2weeks` 一等功臣はイ・チェミ?"①
입력 : 2013-10-18 07:00


元記事は こちら ← クリック

雨が降るある日、秋の香りが濃く感じられる俳優イ・ジュンギに会った。

B20131017213335393

イ・ジュンギは最近終演したMBCドラマ「2weeks」(ソ・ヒョンギョン脚本、ソン・ヒョンソク、
チェ・ジョンギュ演出)でチャン・テサン役で出sんして多くの愛を受けた。「2weeks」は、
殺人の濡れ衣を着たひとりの男、チャン・テサン(イ・ジュンギ)が自身に白血病にかかった
幼い娘がいると言う事実を知る事になり、娘の生命を助けるために孤軍奮闘する2週間の物語を
込めた作品だ。


◆ 憂鬱なこの感じ、チャン・テサンとの別れ


イ・ジュンギはちゃん。テサンを演技しながら保身を図らないアクション演技と父性愛溢れる演技で
多くの好評を受けた。アクションが上手い俳優として一足出たが新しい魅力を誇り「信じて見る事が
出来る」俳優として更に成長した。だからだろうか?彼はやはりいまだにチャン・テサンとの別れが
辛いように見えた。イ・ジュンギは、最近寂しさから友達に親戚まで動員して酒を飲んでいると説明した。
憂鬱感に家にいる事が嫌なほどだそうだ。

「今回は色々と緊張して負担感も大きかったようです。感情の消耗も多かったし、ローラーコースター
に乗る感情でした。家族に対する切々とした情を感じながら生活したらイ・ジュンギとしてひとり
かけ離れたので空虚感が大きい様です。憂鬱です。後遺症が本当に長く続く感じです。もう少しかかり
そうです。もともとは作品がおわったらキャラクターと僕を上手に中和させるのに今回は、とても没入
したようです。狭い場所で人々と騒がしく息つく間もなく忙しく生活したので孤独感が大きい様です」

彼は本当に寂しそうに見えた。「2weeks」のチャン・テサンと娘スジン役のイ・チェミまで、全ての事に
対する愛情と余震を深く閉じ込めていた。特に劇中娘として出演したイ・チェミに対する感情はチャン・
テサンを越えて俳優イ・ジュンギの心にも大きく場所を占めていた。

「チェミと別れた事も大きいようです。今回の作品は本当に良かったです。結婚する時が来たなと思ったり
もして、娘を持ちたいです。チェミが僕の娘だったら良いのにと言う思いもしました。ドラマの一等功臣は
チェミじゃないかと思います。本当にチェミのおかげで没入出来ました。撮影する間のスジンの残像が残り
チェミを沢山思い出します。チェミが僕をもっと愛してくれたら嬉しいと思って貢物を沢山捧げました(笑)」

イ・ジュンギには母親役のパク・ハソンとチェミを間において互いに更に愛を受けようと競争したりもした。
また、これから娘バカになりそうなイ・ジュンギは「僕は相手にならないと思っていたけれど、パク・ハソン
さんがチェミが自分をもっと好きだと言ったんです。母親の方を更に好きになしかないと言う思いに
なりました。最も長くくっついていて、そうしていたら好きになるのではないかと思ったが、パパの愛情も
あるんじゃないですか?」と言い「チェミが少し前に音声メッセージを送ったんです、僕の名前を先に
話しました。イ・ジュンギパパとパク・ハソンママ会いたいです。間違いなく僕が先頭にいました。
これはパパを先に考えたと言う事です。」と付け加えながら笑いを誘った。

◆ `パパと言う名前で` チャン・テサン、そしてイ・ジュンギ


イ・ジュンギは劇中から娘がいるかもしれなかったが突然その存在を知る事になる。そして、強く
引かれる、すなわち父性愛を感じて白血病にかかった娘を助けるために自身のすべての物をかける。
彼はチャン・テサンが父性愛を感じる事に対してこのように説明した。


「テサンが娘に会うやいなや父性愛が出来た事が、別の味方をしたら理解する事が困難であると
言えます。僕らも本当に沢山の会話を交わしました。ドラマはミニシリーズで圧縮しなければ
ならない部分があるじゃないですか。それで作家様が『俳優が重要なのだ』と言いながら僕に
要求なさって、テサンに対する繊細な表現を研究してみようとおっしゃいました。極度の不安感、
焦燥感と心配を持っていました。表現が出来ないのではないかと思って。けれど撮影をしながら
結果的に血縁に対する引かれると言う事があるようです。感情的に反応が出来るのではないだろうか?
本当に僕の娘を持った事はないけれどこの年でそのような感情を知らないのでイメージ化させて
みなければならなじゃないですか。血縁の情と言う事のようです。会っていなかったとしても、
或る引かれるものが瞬間的に感じる事があるようです。また、テサンはスジンに対する罪責感と
申し訳なさを持っているので複合的に作用する事が間違いなくあるようです。」

ファンたちには残念な言葉かもしれないが、イ・ジュンギは今回の配役を通して家庭を持ちたいと言う
思いを持ったと言う。そして結婚と言う事にこれから恋愛の必要性に対して切実に感じた。


「酒は寂しさを少しおさめる事が出来る道具であるだけ、治療剤ではないようです。最近は憂鬱で
酒を飲んでも涙が出ます。感情の起伏が大きくなってどの様にしてイ・ジュンギとして回復させ
るのかが重要であるようです。けれど最近周辺で『恋愛する時が来たようだ』と言ってくれるんです。
けれど、僕が上手くやれないようで心配になります。付き合うならちゃんと相手をする事が出来るだろうか
と思うし、僕の寂しさを解消するために付き合うのはいけないじゃないですか。付き合う事に対して
責任感も持たなければならないので...実際に周辺では『心配の塊』と言います。しかし、付き合うと
考えたらその人を朝から夜まで僕の人だと付き合う事が出来るだろうかと言う思いにもなって、僕の
仕事人だけ没頭するのではないかと心配になります。深思熟考しなければならないようです。
恋愛が必要なと言う事は確実な事のようです。」


B20131017213258393


◆ `2weeks` アクションシーン、イ・ジュンギ姓名の危機を感じる?

殺人の濡れ衣を着て逃亡者の身分になったイ・ジュンギは山に登り、ストローひとつで息をしながら
土の中に埋まったりもしてみて、絶壁に立ち飛び降りたりもするなど本当に孤軍奮闘脱走記を継続した。
アクションも上手いイ・ジュンギだったが、今回の「2weeks」は飛行機から飛び降りつ事だけ除けば
全てやったようだ。

「山にのボツ事もしにそうだったが、死にかけたのは急流シーンでした。安全装置や対策がありません
でした。ただ事ではない流速に流されて行くので。ご覧になればお分かりでしょうが、その表情は
リアルです。失神まで行ったようです。撮影して死ぬ場合もあるじゃないですか。本当に大変な事に
なるかもしれないと言う思いをしました。保身を図るという方々も理解が出来ました。
水も飲んでひっくり返って、そうしていたら「死ぬな」と思う程でした。また、俳優がアクションに
対して欲を出す事はカッコイイけれど無謀な欲は努力の結果物を水の泡にしてしまう事もあると言う
考えもしました。主演俳優が死んでしまったらどうにもならないので保身を図る事もプロらしいと
言う思いもしたようです」

しかし、イ・ジュンギはそのような苦労をしながらも「2weeks」のソ・ヒョンギョン作家にアクションを
更に要求した。それでスタッフたちからイ・ジュンギに対する恨みごとが広がったと「作家様にもっと
書いてくれと言いました。スタッフたちが悪口を言いました。頼むからこれ以上言わないでくれと。
本当に8話までが頂点だったようです。昭陽江(ソヤンガン)ダムで最後にボートから飛び降りもして
そうしました。深水やく200メートルくらいだったのですがスタッフたちもそれを画面に入れようとしたら
(水の中に?)来なければならないのでスタッフたちの恨み事が広がりました。僕を見て「ドラマを感情で
進めなければ、体でごまかすのか」と言うほどでした。けれど、感情が十分だから見どころを見せなければ
ならないと思いました。視聴率をあげる事が出来る方法が「見どころ」じゃないですか。」

主演俳優が疲れることなくするので良かったようだと説明するイ・ジュンギは「幸いに天が助けてくれた
様です。打撲傷は甘受するけれどアクションをしながら大きく怪我をすると言う事がありませんでした」
と話した。本当に幸いだった。急流で水葬されるのではないかと言う危険を感じながら自らを無謀だと
思ったがイ・ジュンギは喜びを感じた。「『やってみよう』と言ってどんな事でもそのようにした様です。
無謀にしたと言う思いもしました。けれど見ながら喜びが感じられもしました。アクションを追及しながら
僕ほど出来る俳優はいないだろうと言う自負心も持ちました。けれど監督様は『愚かで無知なんだろう』と
おっしゃいました(笑)」


「俳優が現場で考えが多いのは良くないです。作家様と監督様と調整した状態で現場に行けば、
映画のように余裕を持って考えてする時間が無いので早く撮影していかなければなりません。
僕がやりたい演技をしたければ、迷わずに躊躇せずにしなければなりません。今見ると飛行機から
飛び降りる事だけ除いてほとんど全部やってみた様です。キム・ソンセンと屋上シーンもCGの
ように映し出されて残念です。皆でビクビクしながら撮影しました。次には更にきちんとしなければ
ならないと言う思いもして、ビルディングにぶら下がることもしてみたいです。キム・ソンセン役の
ソン・ジェリムも苦労して、ぶるぶる震えながら喜びも感じて感情で見せる事が出来ない事を
身体演技に助けを受けることもあります。そんな事がひとつひとつあってくれるなら息詰まるように
走る事が出来るのでそう言う感情で演技する事も俳優の役割だと思います。」



◆ 8年, 3流チンピラ チャン・テサンのスイッチが切れていた時間

イ・ジュンギはドラマで1~2話が最も苦労したと説明した。予想外の答えだ。危険極まりないアクションも
素敵に消化したイ・ジュンギだったが話の下書き。すなわちチャン・テサンの物語が始まる部分を
視聴者たちが逃すことなくついてくる事が出来るか悩み、泣きもしたそうだ。


「1~2話が最も苦労したようです。編集室に行き確認して再撮影もして最も悩んだ回であるようです。
また最も難しかったです。重要な部分で、逃していけばダメな部分も多くて作家様と監督様もだから
「俳優が重要だ」とおっしゃいました。視聴者が理解する事が出来るようにしなければならないし、
騙す所もなければならず、ついて来れるようにつくってあげなければならないので。毎日監督様と
作家様に哀訴して泣いたようです。『助けてくれ』と言って。けれど作家様もそうだし、皆十分に良く
出来ると言って下さいました。そう言って賞賛してくださりながら終わると注文なさってもう少し、
もう少しと心配になったようです」

イ・ジュンギはソ・ヒョンギョン作家が俳優たちのためにビハインドストーリーを整理してくださった
おかげでチャン・テサンに更に没入する事が出来たと説明した。またチャン・テサンが人生の目的なく
3流チンピラで暮らした8年に対してこのように説明した。

「チャン・テサンが自分自身を捨てたと言うよりは、人生の目標や希望がなかったと言う方が
合っているようです。自身の道を失って両親の愛も受ける事が出来ず、愛しさも大きかっただろうし
怒りも大きくて人が嫌いで人に対する欠乏が大きかった人物です。色々な事件でどうする事も出来ずに
イネを捨てなければならず大きな傷も受けた事も人生の路線を失うしかなかったんです。8年をそのように
生きたんです。だから利用もされて特別にどの様な事も感じる事が出来ない哀れで暗澹な時間をすごし
増した。虚脱感とともにチャン・テサンがチャン・テサンに感じる憎しみも有っただろうし初めて
人生の欲求を感じたのが家族が現れた時であるようです。チャン・テサンは待機モードで8年を生き
ました。人生に引かれるままに生きるしかなかったチャン・テサンが家族の存在に会った時生き帰り
目的も見つけて要求、欲望も出来てスイッチオン状態になったようです。


B20131017213310590


インタビュー ② につづきます



*****************************************

実は一度訳し終えて・・
保存ボタンを押したら、パスワードを要求されて
記事が全て消えてしまいましたTT


気を取り直して再度訳してみましたが・・・






韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
ランキングに参加しています。それぞれにポチッとしていただけると励みになります^^

スポンサーサイト
2013/11/13 15:54 「2weeks」インタビュー TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
一日に1回ポチッ宜しくお願いしますm(__)m
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アマゾンショップ
キーワードをイ・ジュンギにしているのに・・ 他のジュンギ作品が紹介される事もありますが~^^;


Kindle
Kindle本ストアー
人気ブログランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポーツ&アウトドア商品