イ・ジュンギ大好きブログ^^
プロフィール

みゅーず

Author:みゅーず
みゅーずのイ・ジュンギ大好きブログ^^
宜しくお願いしますm(__)m

韓国語は、まだまだ勉強中です。至らぬ点、
誤訳もあり得ますので、記事の持ち出しは
ご遠慮ください



English Version

한국어 버전

カテゴリ
ジュンギ君動画
「CriminalMinds」ハイライト 「月の恋人 歩歩驚心:麗」ハイライト   「夜を歩く士」teaser1 「夜を歩く士」teaser2 「朝鮮のガンマン」ハイライト 「Two weeks」ハイライト 「アラン使道伝」teaser 2012.02.16 除隊teaser
JGshock / twitter
ジュンギ君のドラマ関連商品
Amazonファミリー
月別アーカイブ
.


予告動画は KBS公式HP より 방송보기 ⇒ 미리보기

本編動画は、同じく 방송보기 ⇒ 다시보기
で見ることが出来ます(^^)


第 16部 :: 朝鮮のガンマン :: 8月 14日 木曜日
2014-08-14(木)22:00 KBS 2TV

山元に変装したユンガンによって、全ての計画が
露見した守護派は大院君を前面に出して軍乱に
拍車を加えて、反乱軍の刃を中宮に向ける。
そして、中宮をそばで守っていたスインは危険な状況に置かれるが・・・


***************************************************
【あらすじ 聞き取り】

ユンガンとスインの前に現れたへウォン
ユンガンに銃を向けるが、隙をついて銃を奪うユンガン

しかし、へウォンが拳銃を出しスインに向ける
ユンガンが私の最も大切な人を奪ったので、自分もユンガンの
もっとも大切な人を奪う、と言って銃を撃とうとするへウォン

ユンガンは、へウォンの銃を狙い撃ち、へウォンの手から銃が
はじかれる。

自分を早く殺せと言うへウォンに、ユンガンは今日は我慢する
自分も父を殺され辛さを味わったので、気持ちはよくわかると言う。
しかし、今度会ったら許さないと言うユンガン

へウォンがあんな事をするのが信じられないと言うスインに、父を
失い出来た空洞を怒りで埋めようとしたのだと言うユンガン


ウォンシンはジャヨンに自分を助けてくれた事に対する礼を言う
ジャヨンは、これからしてもらわなければならない事があり、それを
やり遂げれば今までの事は全て許すと言う。
それは、どんな事かと尋ねるウォンシンに、間もなくわかると
言うジャヨン

ウォンシンは、自分が死んだと思っているだろうから娘に無事を
知らせたいと願い出て許しをもらう。

自殺しようとしていたへウォン、こんなみじめな形で生きていたくない
と言うへウォンだったが、ウォンシンが戻ってくる。
ウォンシンは我々は簡単に死んではならないと言う。


ウォンシンは、ビョンジェのもとを訪ねる。
そして、ビョンジェにはジャヨンに助けられた事は言わず、ジャヨン
に会う前に先ずビョンジェを訪ねたと言う。
そして、ビョンジェの口からジャヨンが王を代えようと軍乱を準備
していると聞かされる。
先ずはウォンシンにジャヨンに従うようにと言うビョンジェだが
もしも失敗に終わった時の事も考えている模様


さて、鉱山開発をし、その利潤をジャヨンに渡すと商談を持ちかける
ユンガン。ジャヨンは考えてみると言う。
先ず済ませなければならない件があるので、それを済ませて返事を
するという。
そこへ、ビョンジェが尋ねてくる。

ユンガンはビョンジェとは直接会ったことがあるため顔を見られない
様に背を向ける。
山元が来ていると聞いて、挨拶をしたいと言うが、ジャヨンが
山元は君が会う人じゃないと言われ諦めるビョンジェ

ジャヨンの屋敷の様子をイルトに知らせるユンガン
どうやら軍乱を企てている様子だが、確たる証拠が無い
そこでユンガンは、明日全ての役人がジャヨン宅に集まるそうなので
自分が直接行って確認すると言う。
家の構造は、自分が把握したと言うユンガン

イルトは危険だと言うが、他に方法が無いので自分に任せてくれと言う
ユンガン、そこでイルトは表で手助けをするという。

イルトが門番の注意を弾いている隙に屋敷に忍び込んだユンガン
王を新しく立て朝鮮を守ろうと言う目的のもと。血判状を作成する
ジャヨンら守護派

廷臣たちが帰ったあと、血判状を確かめたジャヨン
すると、隠れていた屏風の後ろから出て来たユンガンがジャヨンに
銃を向ける。
連判状を奪うと、ジャヨンを人質に屋敷の外へ出るユンガン

塀を乗り越え屋敷の外へ出る瞬間、中へ入ってきたウォンシンの
姿を見るユンガン
外へ出ると、イルトが馬でやってきてユンガンを馬に乗せ逃げる

王の手に渡った連判状
王はイルトに命じて、兵を差し向けて全て逮捕しろと言う

翌日、謀反人たちを捕えて長きにわたる争いを終わらせようとする王
しかし、一足早くジャヨンらが旧軍の兵たちをそそのかし、軍乱を
起こす。

宮中から出ようとしていたユンガンは、ジャヨンの屋敷から逃げる
時に見た人影がウォンシンではなかったかと疑う
そして、スインの後ろ姿を見たユンガン・・・・そこへ、兵たちが
押し入ってくる。

スインが襲われそうになり助けるユンガンは、すぐに宮中から出る
様にと言うが、中宮様が危ないので助けなければならないと言う
危険だと言うが守らなければならないと言い張るスイン

仕方なくユンガンとスインは中宮を助けに行く。
ホギョンは輿に乗せて宮中の外へ中宮を連れ出そうとしていたが
それでは危険だと言うユンガンと言い争いになる。

スインは尚宮の装束になり輿に乗る。そして中宮は女官の装束を着て
列の一番後ろに並んでいた。
無事に宮中の外に出た中宮

ホギョンは中宮がヨジュへ行くとヘリョンに告げると中宮を追いかけ
その場を去る。
そこへ兵たちがやってきて、ヘリョンの命を欲しがっている人が
いると言う。
私を殺したところで、同じ志の学士が現れ王様の隣を守る
それが朝鮮の運命だと言う。
ヘリョンは王様、死んでも王様のそばをお守りします。そう言うと
兵に切られて死んでしまう。

ジャヨンは大院君を説得して、王の命は助けるが中宮を殺すと言う
新しい王を立てるが中宮が死ぬ事により民の怒りを抑えると言う。

そしてジャヨンはウォンシンに中宮暗殺を命じる

へウォンは商団の強みである情報網で怪しい輿がどちらへ向かっている
のかと言う事を把握しウォンシンに伝える
しかし、これは危険なのではないかと言うが、万が一に備えて
準備している人が別にいるので心配するなと言うウォンシン

この戦いは勝っても負けても 勝つのはこの父だと言うウォンシン
そして、ジャヨンを訪ねるようにとへウォンに言う。


夜も更けたため、中宮を乗せた腰はあばら家で休むこととなる。
たき火をしながら、以前ガンマンに追われて廃家に隠れた事を
思いだすと言うスイン
あの時は怖かったと言うスインに、今は怖くないのかと言うユンガン
怖いがユンガンがそばにいてくれるので大丈夫だと言うスイン
いつもユンガンがそばで守ってくれると言うスイン

ユンガンが何故宮中にいたのかと尋ねるスイン
ジャヨンの連判状を手に入れ王に渡し、軍乱を企んでいると知らせ
たが、手を施す前に軍乱がおきたと言うユンガン

宮中の王を心配するスインに、ユンガンは王様には守ってくれる
人が宮中に沢山いるが、スインの方が心配だと言う
どうしていつも危険な事に顔を突っ込むのだと言うユンガン
あの時も自分と一緒に宮中の外へ出れば良かったものをと言う。

スインにとって王様と中宮様がそんなに大切だと言うのかと言う
ユンガン
王様と中宮様が無事で有ればユンガンの濡れ衣が晴らせるから
と言うスイン
自分の命を賭けてでも王と中宮を助けると言うスイン
それを聞いたユンガンはスインを抱き寄せる
(・・・って、これに感動するなよ~ユンガン若様TT 何か違うんじゃない? )

夜が明けて、ウォンシンらが廃家へやってきて。
この場をたって間もないと察する。船に乗る前にとらえなければならない
と言うウォンシン

間もなく渡し場と言う所でウォンシンらが追いつく
ユンガンと銃撃戦になるが、逃げる中宮を見たウォンシンが先回りをする。

間一髪と言うところでへウォンらが追いつき、中宮を取り囲む。
ウォンシンはホギョンが新兵を率いているのを見て、狙撃を諦める。

中宮は甥(姪かも)の家に身を寄せる。
そして、中宮から王に自分は無事だと言う手紙をあずけられ届ける
と言う。ユンガンが危険だと言うのを聞かないスイン
ユンガンはその手紙は自分が届けると言う。

ユンガンは、ホギョンに自分の代わりに中宮さまとスインを守って
くれと言い残して都へ戻っていく。

ウォンシンらは中宮がいる屋敷を捜しあてる。
そして、義禁府をたずねたユンガンは、ジョンフンに中宮の手紙を
託す。

王は中宮の安否がわからず気が気でない。
ようやく築きあげた事が全て崩れた事にいらだちを隠せない。
そこへ、イルトが中宮の手紙を届けに来る。

王に清国の軍隊を引き入れて中宮を救えと言うキム大監とそれは
いけないと反対するオッキュンそうすれば清国に干渉されなにも
出来なくなると言うのだ。

清国の軍を引き入れ中宮を救えと力説している声を盗み聞きした
尚宮がビョンジェにそれを伝える

ビョンジェは王は中宮を救うためにその方法を取るだろうから
軍乱は失敗する。ウォンシンが命令された事はやめるように早急に
伝えるようへウォンに命じるビョンジェ

ユンガンはサンチュからジャヨンは屋敷にいる事を確認
ジャヨンの屋敷に忍び込む

スインは、ホギョンがジャヨンの息子であると言う事はショックだったが
が父はホギョンにそばにいてほしいと思っているだろうから、また
家に戻って今までのように過ごして欲しいと言う。

そこへ、黒覆面の男たちがこちらへやってくるのを見るスイン
銃を構えるホギョン

そして、ジャヨンの前に姿を現すユンガン

連判状が王の手に渡ったと聞いても平然としているジャヨン
ユンガンは、お前を逮捕出来ないなら自分の手で殺せば済むこと
だと言う。その前に聞きたい事があると言うユンガンは
何故自分の父を殺し、謀反人に仕立て上げたのかと問うと
ジャヨンは、この国の安全を守るために誰かに犠牲になってもらう
必要が会ったのだと言う。
この国の秩序を守るためだったのだと言う。

お前の懐を守るための秩序なのか?両班たちを守るための秩序の
ことか!と言うユンガン

すまない。許せ と言うジャヨン
私を助けてくれたら今からでもお前の父の立場を元通りにしてやる
と言うジャヨン

ユンガンは自ら審判を下す と言う


ここで、つづく


***********************************************

ユンガン・・・学習しないと言うか・・(ーー;
血判状を手に入れた時だって、屋敷から逃げ出すのに
ジャヨンを人質にとってやっと逃げたと思うのに・・

またもや単独で忍び込み・・

どきどき状態で 続く~!ではなくて
やれやれ・・ と言った気分で 次週を待つ事になりました><




韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります^^


Amazonタイムセール 毎日チェック
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
一日に1回ポチッ宜しくお願いしますm(__)m
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アマゾンショップ
キーワードをイ・ジュンギにしているのに・・ 他のジュンギ作品が紹介される事もありますが~^^;


Kindle
Kindle本ストアー
人気ブログランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポーツ&アウトドア商品