イ・ジュンギ大好きブログ^^
プロフィール

みゅーず

Author:みゅーず
みゅーずのイ・ジュンギ大好きブログ^^
宜しくお願いしますm(__)m

韓国語は、まだまだ勉強中です。至らぬ点、
誤訳もあり得ますので、記事の持ち出しは
ご遠慮ください



English Version

한국어 버전

カテゴリ
ジュンギ君動画
「CriminalMinds」ハイライト 「月の恋人 歩歩驚心:麗」ハイライト   「夜を歩く士」teaser1 「夜を歩く士」teaser2 「朝鮮のガンマン」ハイライト 「Two weeks」ハイライト 「アラン使道伝」teaser 2012.02.16 除隊teaser
JGshock / twitter
ジュンギ君のドラマ関連商品
Amazonファミリー
月別アーカイブ
.





クィ:もう終わりだな、キム・ソンヨルはやく
   私を殺しに来い、私はそなたに永遠に
   終わらぬ暗闇を贈ってやる

チョルジュン:狂った奴・・もう、全ておしまいだ




スヒャン:どこへ行くのだ?

ヤンソン:あの、ちょっと行かなければならない
     ところが有ります

スヒャン:都の中はそなたを探している官軍たちが
     あふれているのに、どこに行くというのだ
     旦那様の所に行くのか?

ヤンソン:学士様がクィと闘って死ぬかもしれません 
     ですから、私の血を・・

スヒャン:それがどれだけ危険な事なのか、そなたも知って
     居るではないか  だめだ

ヤンソン:学士様なら必ずその力に負けたりなさらないし
     自身を取り戻されるはずです

スヒャン:そうだとしても、途中でそなたがクィに捕えられでも
     したら、足手まといになるのは分かっているだろう

ヤンソン:もしもそうなったら、自決します


ホジン:あ、お出かけですか?

ユン:キム・ソンヨルはどこにいるのだ?

ホジン:それは・・ ちょっと黒服団と話があると仰って

ユン:まさか、一人で戦いに行ったのか?

ホジン:そうではなく・・ 旦那様が殿下のお体だけは
    守らねばならぬと仰いました

ユン:私はすでに王ではないと言っておるのに

ホジン:何を仰せになられるのですか、旦那様がクィを
    倒したとしてもこの国を導く方が生きておられなければ
    全てが台無しになってしまいます

ユン:では、王命ゆえどけ




兵:ここは、この国の王がおいでになる
  さがれ、

儒学生:吸血鬼を庇護しているのか!
    はやく門を開けろ

民:門を開けろ!

兵:下がれと言っている

黒服団:なぜ、誰一人見えないのでしょう?

ソンヨル:まずは地下宮に移動しよう
     クィの気を感じない

黒服団:それは好都合です この隙に爆薬を・・・

ソンヨル:ここに来るまでの間、宮中内を警護する者を
     ただ一人も見る事が出来なかった、
     私が中へ入り調べて来るゆえ、その間に周辺を・・




ソンヨル:まさか・・
     何故まえもって察する事が出来なかったのだ
     宮中内に吸血鬼たちが溢れている

ユン:一刻を争うのだ、日が暮れたら全てが狂ってくる

儒学生:さあ、門を開けよ
    我々は王と一緒に宮中に入ろう!

民:そうだ、そうだ、 門を開けろ

ユン:さあ!

兵:門をあけろ




ホジン:わ、わ、私が皆殺しにしてやる

護衛兵:逆さに持ってる

ユン:そなたまで銃を持つ必要はない

ヤンソン:万が一の事を考えたら、習って
     置くべきです
     このようにすればよいですか?

護衛兵:殿下!

ホジン:ヤンソン!

ヤンソン:大丈夫です

ユン:有難う 間もなく日が暮れるゆえ、日が沈む前に
   キム・ソンヨルを見つけなければならない




ホジン:ヤンソン、早く・・

護衛兵:お逃げください

ホジン:逃げてください

ヤンソン:無理です

ユン:

ホジン:あー、早く早くお行きください
    旦那様!

ソンヨル:皆、下がられよ

ホジン:旦那様・・

ヤンソン:学士様

ホジン:旦那様

ソンヨル:何故ここにいるのだ、危険だと言ったのに
     早くホジンとここから出なさい

ヤンソン:ですが・・

ホジン:ヤンソン・・

ソンヨル:早く!




ソンヨル:来たか・・

クィ:日が暮れるまで私を待って居てくれたのか

ソンヨル:お前が私を待っていたのだろう?

クィ:私が準備した贈り物は気に入ったか?

ソンヨル:相変わらず殺す事を遊びだと思っているのだな
     死んだあの者たちが味わった苦痛、私が
     何倍にもしてし返してやる

クィ:それは有難いな だが、吸血鬼が人間をおもちゃに
   するのは、いけない事か?

   流石に疲れているようだな・・キム・ソンヨル

ソンヨル(声):このままでは、ヤツを引き留めておくことが・・

クィ:どこに行くのだ?
   逃げる方向も分らないのか?

   昔の恋人の死んだ場所を墓場にしたいのか
   悪くないな さて、最後にしようではないか




ヤンソン:学士様・・

ソンヨル:ヤンソン!  何故ここに居るのだ?
     クィが間もなくやって来る

ヤンソン:私が申し上げたではありませんか
     私は学士様と生死を共にします
     ですから、はやく私の血を・・

ソンヨル:私が何故そなたを守ろうとしたのか
     まったく分からないと言うのか!

ヤンソン:学士様こそ何故私の気持ちがお分かりに
     ならないのですか

ソンヨル:そなたに会う前の私は、何も失うものが
     無かったゆえ、クィを倒すためであれば
     どんな事でもしただろう、だが今は違う
     
ヤンソン:失うのではありません、私は学士様が
     行かれる場所はどこであっても一緒に行きますから
     早く私の血を飲んでください そうでなければ
     志を遂げる事が出来ません

ソンヨル:だめだ、だめだ ヤンソン

ヤンソン:さあ

ソンヨル:そなたを愛している、それが私がそなたを
     守らなければならない理由だ、ゆえに私は
     必ずそなたを記憶してその心を忘れたりしない

ヤンソン:学士様




吸血ソンヨル:まだ生きていたのか

       そんな人間の剣を振り回して
       お前が私の相手になろうと言うのか

       もう、お前の体に流れていた人間キム・ソンヨル
       の血は、100年を超える間に吸って来た者たちの
       血のために希釈され消えてしまった。
       認めよ、そなたは既に120年前に死んだゆえ
       もうそろそろ消えても良いのではないか?

ソンヨル:そうか、では、お前も一緒に行かねばならぬな
     私はもうこれ以上、人間でも獣でもない




クィ:目覚めたのか?だが、何故餌をみすみす
   逃がしたのだ?

ソンヨル:お前はここから一歩も逃げられないぞ
     ここがお前と私の墓になるのだ

クィ:死に長ければ、お前ひとりでここに眠れ

ソンヨル:そこまでして生きようとする理由はなんだ

クィ:理由、そんなものが何故必要なのだ?
   この力と永遠の命さえあれば望む物は全て
   手に入れる事が出来るのに

ソンヨル:だからそなたの欲望は永遠に埋める事が
     出来ないのだ お前も生命が有限だと言う事を
     知ったならば、はじめてこの世を治める事が
     出来るだろう

クィ:お前ごときがどれくらい生きてきたと私に説教
   するのだ

ソンヨル:お前に比べたら短いが、誇らしい人生を生きた
     だがお前は、ただ一度も自らを生かしたことが
     無いではないか クィ、お前は永遠に死んだ者
     であるだけだ

クィ:キム・ソンヨル!


ホジン:あ、ヤンソン

ユン:キム・ソンヨルに血を与えたようだ
   幸い、生命に異常はなさそうだが、治療をしてくれ

ホジン:はい

ユン:私は爆薬を仕掛けなければならないゆえ、ここで
   ヤンソンをみていてくれ

ホジン:はい


クィ:覚醒すれば、前回のように私を倒せると思っていた 
   だろう?だが、どうだ、私も週百年を生きてきて
   このような場面を潜り抜けて来たのだ




ソンヨル:何をしているのだ、早く戦いを終えよう

クィ:なんと、美しいな・・

ソンヨル(声):獣のような人生だったが、そなたの
        おかげでしばしの間光を見た
        有難うヤンソン




スヒャン:お見かけするにお客様には似合わない儒学生で
     いらっしゃるようですが、何のご用でしょうか?

儒学生:私は必ず手に入れたい書籍があり・・頼む

スヒャン:ついて来てください

儒学生:私はヨ・ナムと申す、実は新文物に関心が多く
    見る目は有ると自負しているが、このように珍しい
    物は初めてみる、このように大きな力をお持ちに
    なるのになぜ隠れておいでになるのですか

ホジン:私は、私を召し抱えてくださっている方より
    しばし任されているだけだ、いつかその方が戻られたら
    またその方がこの場に戻られるだろう

儒学生:このような行主様がお仕えしている方なら、いったい
    どれくらい立派な方なのでしょうか

ホジン:書籍ならば、読んでいない本は無いし、武芸もまた
    叶う者が居ないほどだ

儒学生:ところで、その方はどこにおいでになるのですか?
    私は一度お目にかかりたいが

ホジン:おそらく、100年の間はお戻りにならないだろう
    もしかして!この世が混乱したら、いつかまた戻って
    来られるかもしれないが




ソンヨル(声):私がちょっと遅くなったな

ヤンソン(声):もうお戻りになられたのですか?
        私はあと50年くらい待とうかと思って
        いました

ソンヨル(声):行こう

ヤンソン(声):どこへですか?

ソンヨル(声):どこへ行きたい?

ヤンソン(声):学士様が行くところならどこへでも

ソンヨル(声):しっかりつかまれ





韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります^^


Amazonタイムセール 毎日チェック


スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
一日に1回ポチッ宜しくお願いしますm(__)m
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アマゾンショップ
キーワードをイ・ジュンギにしているのに・・ 他のジュンギ作品が紹介される事もありますが~^^;


Kindle
Kindle本ストアー
人気ブログランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポーツ&アウトドア商品