イ・ジュンギ大好きブログ^^
プロフィール

みゅーず

Author:みゅーず
みゅーずのイ・ジュンギ大好きブログ^^
宜しくお願いしますm(__)m

韓国語は、まだまだ勉強中です。至らぬ点、
誤訳もあり得ますので、記事の持ち出しは
ご遠慮ください



English Version

한국어 버전

カテゴリ
ジュンギ君動画
「CriminalMinds」ハイライト 「月の恋人 歩歩驚心:麗」ハイライト   「夜を歩く士」teaser1 「夜を歩く士」teaser2 「朝鮮のガンマン」ハイライト 「Two weeks」ハイライト 「アラン使道伝」teaser 2012.02.16 除隊teaser
JGshock / twitter
ジュンギ君のドラマ関連商品
Amazonファミリー
月別アーカイブ
.

Q.心残りがあり、もう一度撮影したならば と思うシーンがあるならば?

今、数多くのドラマを撮影しながら、ついに貴方のドラマを再編集する時ですか?
今思う、今そのー キスシーンを撮影しろと言えば本当に上手に出来る気がします。
今キスシーンはとても上手になりました(笑) しかしあの当時は本当にロマンス物を
経験していなかったので、さっき見ながらもそうだし、映像を見た時もそうだし
あーキスシーンは全部 心残りです。

もっと美しく、もっと視聴者の方々にうずうずさせるように作ることが出来るし
そのシーンをもっと生かす事が出来るのに、あーこれは余りにも残念ではないか
今ならばキスシーンの角度や、キスシーンに対する呼吸や、そういう物を確実に
分かっている状態であれば、とても残念に感じるしもう一回やったならもっと上手く
演じる事が出来るのにと思ってみたりしました。今はロマンスシーンを沢山撮影
した経験があるので。


Q. 記憶に残る嗚咽シーンがありますか?

嗚咽シーンは、皆さん方が良くご存じなので、挙げるとしたらお父さんが亡くなった
時です、お父さんが亡くなった時は、その当時当然スタッフの皆さんたちは台本を
先に読んでいて、ご存じのとおりスタッフの皆さんは毎年 数十編の現場で本当に
プロフェッショナルに仕事をなさっている方々なので、いちいち泣いたりされないんです
俳優・・視聴者の皆さんはシーンを見て泣かれますが現場でそれを撮影していく
スタッフ達は実はいつも見ているので、すでにその台本を読んだ時からイメージ自体に
没入しているスタッフ達だし、私はだから、スタッフ達がむしろ おい、これをどんなふうに
演じるんだ、どうするんだ? 毎回私が泣くシーンが多いものだから私がどんな風に泣くのか、
スタッフ達が学んで気にして、ともすると毎回同じになる事もあり得ますよね、加えて
お父さんが亡くなったんです これはあまりにも大きいじゃないですか ヨンの人生で
最も大きな悲しみなのに私は当時本当に大きな負担を感じていたようです。
どうしよう、このシーンを台無しにしたらどうしよう。スタッフ達はあのように期待していて
毎回(泣くシーン)でやって来て(どんなふうに泣くのか)聞いてくるのに
これどうしよう、あまりにも悲しくてどうにかなりそうだ、これをしっかり演じなければならない
視聴者の皆さんが大騒ぎになるだろう と大きな負担感を抱きました。
おい、大変だこれ・・  人が泣くのをどれだけ見せたらいいんだ そうしていたんだけれど
その直前まで悩んでいたけれど シーンに入る直前まで沢山悩んでいたのだけれど
いざ、撮影に入ってお父さんが横たわっていらしてイ・ムンシク先輩がとても悲し気に
横たわっていらして、その悩んでいたことが全て無意味な事になりました。 一瞬で 監督が
カット!と言われて、私にそれが分からないほどに感情が溢れてして、一気に噴き出したんです
私はその時完全に正気ではなかったです。私が何をしたのかもわからないし、むしろ
カメラ監督が私について来ようと努力してくださり、そうして瞬間的にハッと正気に戻ったら
完全に魂が抜けてしまって息が詰まって全てを注ぎ込んで、全て終わっていて そして
撮影を終えて、スタジオで撮影したんですが、スタッフたちが鼻をすする音、自分たちが
私の前で泣いている姿を見せるのが嫌で部屋を出ていく姿、カメラ監督も感情を隠せなくて
そんな状況を起こすのは簡単ではないんですよ、さっき監督もおっしゃいましたが
俳優として最もジーンときた瞬間でもっとも 恍惚とした瞬間でした。視聴者の方々よりも
最も難しいのが、スタッフたちを泣かせる事なんです。毎回見ているスタッフたちは技術的に
見ているので、その瞬間 本当にスタジオ全体が悲しみに包まれ皆泣いていて、スタッフ
たちが泣きながら (親指を立てて)賞賛していてとても最高だった これで終わりだこの場面で
自分があえて色々言わなくても視聴者たちはスタッフが泣くほどならば涙するに違いない
良かったと思っていたら、本当に放送されたら 大騒ぎになりました 視聴者の方々が
皆さん泣いたと言って 視聴者の掲示板がパンクするほどポータルサイトにそのシーンが
毎日毎日ずっと流れていて 私にとっても最高のシーンでした 余りにも悲しくて 苦労が
多かったシーンですが 本当に・・ それまでの間にイ・ムンシク先輩が ヨンのために
積み重ねて来てくださった名品の感情線があったおかげで私がその感情を思い出すことが
出来たし、視聴者の皆さんもその感情をそのまま感じる事が出来たのだと思うし、これは
単純に私が良く演じれ感情に没入したと言う事ではなくて、その感情を爆発させるまでに
本当に大勢の方々が感情をその都度積み上げてくださってそれがあったからこそ、このシーンが
本当に視聴者の皆さんが共感を覚えて涙を流す事になったシーンになったのではないだろうか
今でも、とても感動的なシーンであるようです


Q. 開かれた結末を締めくくるとしたら?

私は当時、殺してくれと言っていたんです(笑)
完璧に殺しておいて、もっと人々に英雄として(記憶に)残るといいな と
言っていたのだけれど、今のエンディングも もう一度見てみたら 良いと思うし
その後には私は、実はイルジメが死んでいても生きていても おー世の中を
結果的には本当に身分の低い立場にいたヨンが一枝梅となりながら、その後には
一人の人物が、本当に義賊でありながら世の中を変えたケースじゃないですか
なので全国各地でずっとその消息を聞いて本当に私よりも貧しく暮らしている人々
そういう人々のために利をむさぼる悪人たちを懲らしめる、そういう噂を全国各地で
起きただろう、世の中を変えたであろう そのよう結末を考えたりします。
ヨンが死のうが生きていようが、私はだから その後本当に私が生きていると
聞いたのに、視聴者の方々は間違いなく死んだはずだと思った方々も多かったんです
そんな解釈も悪くないようです。死ぬことも出来たけれど、死んだと言う事にしたら
その足跡が民衆に対して良い意味で世の中を変えるケースになるのではないか
その後 互いを想って世の中を変える事になるのではないか そんな思いをしたりします。


一枝梅(イルジメ>を愛してくださる ファンの皆様へ・・・

はい、今日は・・・本当に 一枝梅を愛してくださり 覚えていてくださる皆さまの
お陰で、本当に良い時間を持つことが出来たようです。私も久しぶりにこの様に
思い出そうと思いながら一枝梅を観ながら、私が本当に あー 大きな作品を
作ったんだな、本当に沢山の方々に愛されることが出来るそんな時間を過ごして
いたんだな、再び細かく考えながら感慨深かったです。
そうしながら、私は本当に祝福を受けた俳優だな この様に愛される作品も
結局時が過ぎれば忘れられ、それが当然の事なのに、それにも関わらず
私は祝福されて 多くのファンの皆さん、視聴者の皆さん方がこうやって
新しく誕生する事が出来たんだな 更に良い思い出に残るアルバムとしてもう一度
残す事が出来るんだな そう思うと本当に 福を受けた祝福された人間だなと
そんな俳優なのだなと感じました。 今一度心から感謝の言葉を申し上げ
私たちが熱く愛していた熱く視聴していた2008年度一枝梅を 今一度この様に
思い出してともに楽しむ事が出来て、光栄です 更に良い作品で これくらい
または、これ以上の良い作品を皆様方にお届けする事が出来る様に、これからの
俳優生活をこれからの俳優生活を更に誠実にすごいタイと思います。
心から感謝を申し上げ、 わずかですが戻って来た 一枝梅として ご挨拶を
申し上げます。 これからも良い作品でご恩返しします。 いつも健康で
幸福で 一枝梅と共に 長く愛しながら暮らしていただければ幸いです。
お元気で 近いうちに良い作品で またお目にかかります。
有難うございました


以上で Blu-ray イ・ジュンギインタビューを終了しました。
途中 聞き取れない部分等 割愛していたり 意訳したり
しています。 ご容赦ください。

韓国語あ まだまだ勉強中なので 誤訳の可能性があります。
なにとぞご容赦ください。
上記の理由から 持ち出しはご遠慮くださいますよう
お願いいたします <(_ _)>

テキストだけの 記事を最後までお読みいただき
有難うございます。
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
一日に1回ポチッ宜しくお願いしますm(__)m
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アマゾンショップ
キーワードをイ・ジュンギにしているのに・・ 他のジュンギ作品が紹介される事もありますが~^^;


Kindle
Kindle本ストアー
人気ブログランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポーツ&アウトドア商品