イ・ジュンギ大好きブログ^^
プロフィール

みゅーず

Author:みゅーず
みゅーずのイ・ジュンギ大好きブログ^^
宜しくお願いしますm(__)m

韓国語は、まだまだ勉強中です。至らぬ点、
誤訳もあり得ますので、記事の持ち出しは
ご遠慮ください



English Version

한국어 버전

カテゴリ
ジュンギ君動画
「CriminalMinds」ハイライト 「月の恋人 歩歩驚心:麗」ハイライト   「夜を歩く士」teaser1 「夜を歩く士」teaser2 「朝鮮のガンマン」ハイライト 「Two weeks」ハイライト 「アラン使道伝」teaser 2012.02.16 除隊teaser
JGshock / twitter
ジュンギ君のドラマ関連商品
Amazonファミリー
月別アーカイブ
.


【NCI】

ナナ:ここが最後よ
    ずっと携帯は切れている状態だし

ギヒョン:警察が訪ねて行ったとユン・ジョンソプが知ってしまったら
      極端な行動をとる事もあり得る
      クォン・ユジンが危険になる

要員:チーム長 女性が訪ねてこられました



ギヒョン:ソン・ユギョンさん、どういう事ですか

ユギョン:不安で、彼を探していきました

ギヒョン:ご主人には何と言いましたか?
      
ユギョン:事実をそのままです、警察が訪ねてきて
      殺人事件について尋ねたと
      あった事をそのまま

ギヒョン:暴行を受けたんですか?
      
ユギョン:彼が突然何故なのかわかりません

ギヒョン:ソン・ユギョンさん、隠していることがあるなら   
      正直に言ってください

ユギョン:私、実はお酒は飲めません

ヒョンジュン:ご主人はお酒がとても好きなんですね

ユギョン:いいえ、私が飲むんです
      平素は細やかで良いんです
      ですが、お酒が入ると

ジョンソプ:愚か者が

ユギョン:ごめんなさい ごめんなさい

      お酒に深く酔った時だけ そうなります
      嘘をいってごめんなさい
      何と言ったらいいのか怖くてそう言いました
      ただ、裏切りたくなかったので、愛した人じゃないですか

ソヌ:その指輪、ご主人がくれたんですか?
   
ユギョン:はい、私の誕生日のプレゼントです
      何故ですか?
    
ソヌ:誕生日は数日前でしたか?

ユギョン:ええ、でもそれを何故・・

ソヌ:その指輪、お嬢さんと一緒につけたんですか?

ウンジョンの母:ウンジョンの二十歳のタン譲位プレゼントに
          私と一緒につけた指輪です     

ソヌ:被害者のものと同じ指輪に見えます

【ジョンソクを探すヒョンジュンら】

ユギョン:夫を訪ねて行きました
      家を出て何日も連絡が取れないので
      飲み屋の前で会ったのだけれど
      めったやたらに私を殴り始めたんです
      その後はわかりませんどこへ行ったのか

ヒョンジュン:どうなりましたか

刑事:あそこの2階です 上がってください

ヒョンジュン:ユン・ジョンソプ じっとしてろ!

【NCI】

ヒョンジュン:ついて来い

ナナ:恐れなくていいですよ
    温かいお茶を飲みますか?

ヒョンジュン:緊張している様子はひとつも見えませんね



ギヒョン:あいつは絶対に簡単に口を割らないぞ

ソヌ:支配者タイプです
   こういう時に備えて詳細な事までひとつひとつ
   前もって計画して練習したんです

ギヒョン:尋問室のエアコンを消して照明もおとせ

ハン:心理  です 心理的拷問とも言います
    明るい照明より完全に暗い
    心理温度や湿度で随時高いとか暗い中で
    容疑者を不安にさせるんです

ギヒョン:あいつが知恵を使って計画した状況に
      最大限に異なる環境をつくらなければならない
     
ヒョンジュン:行かないんですか?
        まった、ヤツが反応を見せ始めました

ギヒョン:ユン・ジョンソプにミスさせるようにしなければ
     ならない

ヒョンジュン:私が行きます、ヤツを刺激してみましょう

ヒョンジュン:気分はどうだ?
        遺体の状態    今調査中だから
        間もなく来るはずだ
        証拠品も全て出そろっているし
        これでやったのか?爪をはがす時女たちの
        苦痛にゆがむ顔を見ながら よかったか?
        なんだよ、その表情は反抗を認めると言う事か?
  
ジョンソプ:車から工具が出て来たからと言って
       この女の爪を俺が抜いたと言うんですか?      

ヒョンジュン:カン・ジェドクが主犯でお前は拉致した
        間違いなくDNAが違うと言うのも二人目は
        カン・ジェドクだったんだし残りはお前だ
        そうだろう?
        どうした、カン・ジェドクが最初は嫌だと言ったのか?
        だから、カン・ジェドクを統治しようとお前が
        させたのか?

ジョンソプ:映画を沢山ご覧になったんですね
       刑事さん

ヒョンジュン:カン・ジェドクとSカルチャーをしていた
        んだろう?

ジョンソプ:カン・ジェドク・・ヤツは最近何してるんですか?

ヒョンジュン:ユン・ジョンソプよく聞け
        友達らは既に自白してるから
        無駄な事言わずに従え

ジョンソプ:だったら法通りにしたらどうです

ギヒョン:ユン・ジョンソプは今わざと強いふりを
     しているんだ

ハン:本能的に見える反抗行動です

ソヌ:一般的な方法で崩れる奴ではありません

ギヒョン:ソン・ユギョンはいまどこにいる?

ナナ:ユン・ジョンソプ、あんた待ってなさい
    これさえ出来たらあんたはイチコロだからね

    チーム長・・
    嫌です、絶対にだめです
    ソン・ユギョンさんは今とても怖がっているはずです

ギヒョン:もっともユギョンの気持ちを理解できるのは
      君だ  君だけがソン・ユギョンを説得する事が
      出来る。

ナナ:でも・・

ギヒョン:これ以上迷っている時間はない
      これ以上遅くなったらクォン・ユジンを
      救う方法がない。
      決定は君がしろ

ナナ:あんただったらどうする?

    私、オンラインじゃなかったら
    ユギョンさんの話、聞きました



    そうしたら、忘れていた以前の私の姿を
    思い出して・・
    21歳の頃だったかな、声がとても好きだったの
    何をしてもその人の事を思い出すの
    なんでも一緒にしたくてハッキングを習ったの
    男がその方の専門家だったの
    そうしているうちに知ることになったの
    私が人を殺したと言う事を
    ある日家に戻ったんだけれど、家の中が
    空っぽになっていたの、話あたしはその時全てを
    失ってしまったの

ユギョン:初めは、私だけを叩きました
      それが始まりだったんです
      だんだんと酷くなったんです
      私にとって彼が全てなのに
      頼る所もない私を受け入れる男なのに

ナナ:誰もユギョンさんを傷つける事は出来ません
    助けが必要でしょう
    助けてあげられます

ユギョン:とても怖いです

ナナ:私たちにはユギョンさんが必要です
   拉致されたクォン・ユジンさんがどこにいるのか
   知っているのがご主人だけだから
   今どこにいるのか分ったらクォン・ユジンさんを
   助ける事が出来ます

ユジョン:本当に・・大丈夫でしょうか

ナナ:私たち二人 その時代から自分を救うのよ
    私たちの力で



ユギョン:私、拉致されたその女性を助けたいです
      クォン・ユジンさん、いまどこにいるの?
      警察があなたが人を殺したと言っていたけれど
      本当にあなたが殺したの?
      違うわよね、何故そんな事をしたの?
      
 ジョンソプ:お前と関係のない事だ
        
ユギョン:あなたが人を殺したなんて信じられないわ

ジョンソプ:おい、この女連れ出せ
       おれは絶対に話さない



ユギョン:だから私がカン・ジェドク あの人と
      会わないでと言ったじゃない
      私の言う事を聞いていたら良かったのに
      教えてよ いまどこにいるの

ジョンソプ:俺がそれを何で言わなければならないんだ
       しっかりしろソン・ユギョン あいつらは今
       俺らに罪を着せようとしているんだ
       5人、5人なんだと

ユギョン:あなた
      どうか言ってちょうだい

ジョンソプ:言っただろう お前と関係ない事だって
       出て行け
       この女を外に出してお前らで探せ 
       わかったか!
       出て行けよ何してるんだ 出て行けすぐに!

ユギョン:あなた本当に話さないつもり

ジョンソプ:ああ、絶対に話さない

ユギョン:主人が、本当に人を殺したの?

ミニョン:   なので幾つか書類を出せば帰る事が出来ます
     ですから辛いでしょうけれど、もう少し我慢してください

ユギョン:私は、どうやって生きて行けばいいですか
      私どうやって生きたらいいですか

ナナ:ユギョンさんは本当に勇敢でした
    ユギョンさんはこれから一人でも全てちゃんと
    出来ますよ

ユギョン:有難うございます
      ちょっと・・
      私ちょっと風に当たって来ます

ヒョンジュン:カン・ジェドクを誘引してお前が拉致した
        二人のDNAが異なると言うのは2名は
        カン・ジェドクで残りはお前だと言う事だ
        だろう?

ギヒョン:写真では、ユン・ジョンソプの家で見た秩序が
      存在しない
      ましてやユン・ジョンソプもカン・ジェドクも
      実母に対する怒りが確実なトラウマじゃない
      いったい二人は何故こんな犯罪を犯したんだ?




ソヌ:わざと強いふりをしています

ギヒョン:キム・ヒョンジュンが尋問した時も
      強いふりをしていたな

ジョンソプ:それが俺とどんな関係があるんですか   
       だったら法どおりにすればどうだ

ギヒョン:敵対するだけでなく反抗的行動だ

ソヌ:あたかも演技しているかのように見えます

ギヒョン:ソン・ユギョンの行動を映せ
      まったく恐れていない

ハン:僕の目には恐れを抱いているように見えますが

ギヒョン:ストップ
      戻して見ろ
      目を先に合わせたのは ソン・ユギョンだ

ハン:え?

ギヒョン:恐れているなら顔じゃなくて別の場所を
      見て居なければならない
      目を合わせられないはずだ

ハン:残酷に殺された写真をみても
   恐れても、嫌悪したりもしませんね
   あの女驚くほど落ち着いています

ギヒョン:ヤツは様子を観察している
      ユン・ジョンソプはソン・ユギョンが導くのを
      待っているんだ

ユギョン:本当に話さないの?

ソヌ:待って、これは何か確認しようとしているように
   見えます

ジョンソプ:しっかりしろ ソン・ユギョン
       あいつら今俺らに殺人罪の濡れ衣を
       着せようとしているんだ
       5人5人だそうだ

ユギョン:本当にあなたが殺したの?
      違うわよね どうしてそんな事をしたの

ギヒョン:感情的にユン・ジョンソプを守りながら
      ユン・ジョンソプに全て引き受けろと命令を送り

ジョンソプ:お前と関係ない事だ
       おい、この女を外に出せ
       俺は絶対に話さないぞ

ギヒョン:この事件から自分を排除しろと指示
      した後

ユギョン:あなた、本当に話さないつもりなの

ジョンソプ:ああ、絶対に話さない

ギヒョン:最後に絶対に話さないと言う確約まで
     受け取ったんだ
     ソン・ユギョンは今、どこにいる?


【ナナの部屋】

ユギョン:バカ女 娼婦のような女は殺さなければ


ギヒョン:家をよく片付いていますね
      整頓が良く出来ていて

      ご主人に会って何とはなしましたか

ユギョン:真実の通りです
      警察が訪ねてきて殺人事件について聞いたって
      あった事をそのまま

ギヒョン:カン・ジェドクやユン・ジョンソプを誘導して
      自身は被害者であるように演技して
      これらすべてを企み計画した人間
      ソン・ユギョンだ

要員:はい、はい・・・えっ!


つづく

ギヒョン:ソン・ユギョンの男  なだけだ

ジョンソプ:うるさい

ソヌ:反応を見せ始めました

やつは絶対に諦めたりしないだろう

警官:なんだお前

ソン・ソクジュ記者と申します

ユギョン:私は間違っていない

声:イ・ジュンギュン刑事 脱出しろ

遺体発見

ナナ:私たちが考えて居る  その事では
    ないわよね

ヒョンジュン:僕らチーム全体を狙っていると思う



***********************************************:

あぁ~~!
ひとまず追いつきました(・・;)

分からない単語も多くて
途中 飛ばしたり 間を開けたりしていて
キチンと出来ていません 

また、聞き違いや 誤訳の可能性があります
ご容赦ください<(_ _)>





韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります^^


Amazonタイムセール 毎日チェック


スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
一日に1回ポチッ宜しくお願いしますm(__)m
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アマゾンショップ
キーワードをイ・ジュンギにしているのに・・ 他のジュンギ作品が紹介される事もありますが~^^;


Kindle
Kindle本ストアー
人気ブログランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポーツ&アウトドア商品