イ・ジュンギ大好きブログ^^
プロフィール

みゅーず

Author:みゅーず
みゅーずのイ・ジュンギ大好きブログ^^
宜しくお願いしますm(__)m

韓国語は、まだまだ勉強中です。至らぬ点、
誤訳もあり得ますので、記事の持ち出しは
ご遠慮ください



English Version

한국어 버전

カテゴリ
ジュンギ君動画
「CriminalMinds」ハイライト 「月の恋人 歩歩驚心:麗」ハイライト   「夜を歩く士」teaser1 「夜を歩く士」teaser2 「朝鮮のガンマン」ハイライト 「Two weeks」ハイライト 「アラン使道伝」teaser 2012.02.16 除隊teaser
JGshock / twitter
ジュンギ君のドラマ関連商品
Amazonファミリー
月別アーカイブ
.




ソヌ:どうしたの

ミニョン:ハウンの幼稚園で遠足に行った場所が
     独立記念館みたいなんです
     はやく戻るようにと電話しなければ

ソヌ:わかってるでしょう、今回の事を外部に知られたら
   どうなるのか

ミニョン:わかっています先輩 誰にも話してはいけない
     と言う事を けれど先輩はハウンが私にとって
     どんな子なのか知っているじゃないですか
     姉と義兄が死んであんなに小さな子が・・
     だめです、電話をしなければ電話をすべきなんです

ソヌ:ユ・ミニョン落ち着いて
   あなたの気持ちはわかるわ、娘と同じ存在でしょう
   けれどあなたがとった行動で他の子どもたちまで
   危険にさらす事は出来ない
   これが私たちの仕事で、私たちはこれに勝たなくては
   ならないの
 
ミニョン:はい、わかりました 申し訳ありません

ソヌ:助けられるわ、 いえ必ず救って見せる
   だからあなたも気持ちをしっかり持ちなさい

【独立記念館】

ヒョンジュン:現在の状況は

要員:メインの     を終えました

要員:

ヒョンジュン:犯人の侵入を防がなければならない

要員:機動隊要員は先ず東側へ集合してください

隊長:待機しろとは、どういう事ですか

ソヌ:現在プロファイル中です
   犯人たちの動静を完全に把握するまでは
   うかつに動いてはいけません

隊長:あの施設の中に人が何人いるのかわかって
    言ってるんですか!

ソヌ:わかっています。しかし、犯人が観覧客だけを
   狙っていない可能性もあります

隊長:奴らが居る事はとうに知って居ながら
   ただ、このまま見て居ろと言うのか

ヒョンジュン:奴らは既に我々が追っていると言う事を
        知っています
        うかつに動いては更に危険を招きます

局長:君も知っているようにPTSDの症状は短期間に
    克服されない その間チーム員たちは皆一緒に
    後遺症をうけることになる

無線:チャーリーチャーリー ぺク・ギジュンです
    動きますか?

隊長:3分後にAチーム突入すr

ソヌ:いけません 待機してください

隊長:もしも事をしくじった場合誰に責任が
    掛かると思いますか
    その責任、あんたたちが取れるのか?

ギヒョン:すべての責任は私が取ります
      待機してください
      今、要員たちが内部に設置されている監視カメラを
      確認している所です
      犯人の動向を把握して次の行動を予測したら
      我々の方に牌がやってっきます

ナナファン:全施設の監視カメラ補完出来ました

無線:作戦待機2分前

ヒョンジュン:我々が先に入ります

ギヒョン:少しでも緊急事態が起きたら
     すぐに支援を呼べ

ヒョンジュン:はい

隊長:Aチーム狙撃体制で待機

ナナファン:外部の監視カメラも接続できました

ヒョンジュン:僕は2階に行きます

ソヌ:何か発見したらすぐに連絡してください

ヒョンジュン:市内で人々を狙うとしたら
        直接さらす方法しかない
        僕が犯人ならば・・
        この様な比率的な方法は選ばない
        風が必要だ

ソヌ:風ですか?
   チーム長あいつが何を狙っているのかわかった
   気がします

   送風機です
   誰かが、炭疽菌を設置しています

ギヒョン:わかった
      技術チームを送ろう
      送風機の作動時間を調べろ

ナナファン:はい、既に開始しましたキャプテン
       独立記念館の場合、1時間に1回10分間定時に
       送風機が作動しています
       今、52分なので8分残っています

ギヒョン:今すぐ全館の送風機作動を停止しろ

要員:はいわかりました

ウソン:5分残った
    恐れずにちゃんと準備しろ

ソックン:はい

職員:はい、今まで使っていた物だからですね
    統制室に直接で合っています
    あー、なんで突然

ヒョンジュン:止まれ!
        すぐにそこから手を離せ
        最後の警告だ ひとつ、ふたつ

ウソン:次の段階にはいるすぐに始めろ

ヒョンジュン:チーム長、チョン・ウソンは屋上方向に
        逃走中です

ギヒョン:奴らには間違いなくプランBがあるはずだ
     それが何かを見つけなければならない
     風・・
     風をつくる・・・

ギヒョン:外角の監視カメラを全てみせてくれ

ナナファン:え?は、はいキャプテン

ギヒョン:事件がおきた公園い駐車していた公車両の中で
     一致する車両があるかどうか調べろ

ナナファン:はい、キャプテン   
       ありません  見えません

ギヒョン:画面を広げて探して見ろ
     時間がない
     停止

ナナファン:そうです、公園にいた車両と一致します

ギヒョン:独立平安側から共犯が運転中とみえる
     車両を  中だ現場の要員は即刻移動

ミニョン:けれど先輩はハウンがどういう子なのか
     しっているじゃないですか
     姉と義兄が死んで幼い子が

ソヌ:イ・ソッカンと思われる男を捕捉しました

要員:イ・ソッカン逮捕完了

ヒョンジュン:動くな
        その指を少しでも動かしたら
        その手が飛ぶと思え

ウソン:祝祭は今からだ

ヒョンジュン:やめろ!

ナナファン:電波遮断準備出来た
       で、本当に押しますか?

ソヌ:時間がない、早く押して(撃って)
   
ナナファン:キャプテン
        イエッサー



ギヒョン:車の中で爆弾が破裂すればその威力で
      炭疽菌が広がるだろう
               するまでは
     ここに居る全ての人が危険だ

ソヌ:無理に止めようとしたら自動的に作動
   するようになっている

ナナ:これは一時的に爆発を停止できるけれど
    その次は不可能よ
    5分内に 自動で連結するようになっているので
    信号がまた動きだすわ
    早くそこから出て

ソヌ:ここから移動するわ 安全なところはどこ?

ナナファン:ハ・ソヌ どうかしているんじゃないの
       早くそこから出なさい

ソヌ:もう出発したわ 時間がない早く!

ナナファン:まずはそこから出て
       その先を教えてあげるわ

        事故が起きていて抜け出せないわ
        宇動ける道が全くない

ヒョンジュン:はい、ソヌさん
        無理に停止させたり、起爆装置を謝って触ると
        爆発します

ナナファン:1分30秒のこってる

ソヌ:まだ時間があります どうすればいいですか
   
ヒョンジュン:いまから僕がいうことをよく聞いてください
        先ずは通信機連結されている爆弾切り
        離さなければなりません
        通信機を誤って触るとすぐに爆発します
        赤い線、赤い線を切って
        その次は白い線
        その次は緑の線を切ればいいです

ソヌ;切りました
   次は?

ヒョンジュン:最後に起爆装置と連結している全ての
        線を切ればいいです
        出来ますね



ナナファン:10秒残ってます

ヒョンジュン:もう爆薬を持って車の外に出て!
        早く!
        もしもし、ハ・ソヌさん

ハウン:おばさん

要員:治療剤です


22名の死亡やをだした急性肺疾患は
新種のウイルスによるものと判明し
    これに対するワクチン開発に
成功しました   治療中の感染者は現在
回復に向かっており


ソヌ:大丈夫なんですね

治療剤を打ちはしたけれど
腹部の傷が深くて感染速度がとても速かったんです
今は経過を見守らなければなりません

【ミニョンの家】

2週間後

ミニョン:気を付けて

ハウン:はい

家政婦:一日中ご機嫌ね
     どうしてあんなにキムパが好きなの?

ミニョン:6年まえにママと約束したからなの
     キムパを積めてピクニックに行こうと約束していたのに
     その日に姉夫婦が交通事故にあったの

ハウン:そんなに美味しいの?

【公園】

ミニョン、ハウン:ハンビョル
  
ミニョン:さあ、私が直接作ったキムパだから
     沢山食べてください

ナナファン:まあ、綺麗に巻けてるわね
       ミニョンが結婚したら



ミニョン:ひさしぶりですね
      チーム長が笑う姿

ギヒョン:そうだったか

ミニョン:ヒョンジュンさん本当に良い人の様です
     後でハウンの先生に聞いたのですが
     無線機を持った人が走って来て、
     補修検査中なので非難するようにと言ったそうです

ギヒョン:間違いなくそう言っただろうな
     その時にその人(ヒョンジュン)がそこにいたなら

ミニョン:それは、どういう・・

ギヒョン:その時キム・ヒョンジュン要員は2階にいたんだ

ミニョン:では、もしかしてソヌ先輩が・・


ソヌ:外に出てください。ここは補修工事中です
    ここにいるととても危険なので他の建物に
    移動してください

ヒョンジュン:ここに居たんですか

ソヌ:この人たちは、家族すら何故犠牲になったのか
   知らないじゃないですか
   誰かが覚えておかなければ
    
ヒョンジュン:ハンも一緒だったら良かったんだが

ソヌ:それでももうすぐ退院するそうなので
   良かったです

ヒョンジュン:何故話さなかったんですかミニョンさんに

ソヌ:しなければならない事をしたんです
   キム・ヒョンジュンさんでもそうしたはずです

ヒョンジュン:あぁ、良い風だ
        ちょっと一緒に歩きましょう


        時に信念は嘘よりもさらにこの世の敵となる ニーチェ

ギヒョン:ハンビョル、ハンビョル

車の中のハンビョルの姿が見えないので 
名前を読んで探す ギヒョン

シャッター音がするので その方向を見るギヒョン

ここで続く


************************************************:::

5話は いつにもまして 聞き取れなくてギブ
しそうになりました。

5話までの中で 一番聞き取れていないかもしれません
肝心な単語が分からず 随分飛ばしています

聞き間違い、誤訳 もあると思います
ご容赦ください。




韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります^^


Amazonタイムセール 毎日チェック



ギヒョン:市民の森推薦当時チャン博士が
      どんな主張をしていたのか確認してみろ

ナナファン:はい、キャプテン
       市民公園を調査した敷地と比較して
       生活研究センターを作ろうと主張していました

ソヌ:こんなテロでは共犯がいる可能性が十分あります
   チャン博士はこの後どうなりましたか?

議員はチャン・ジュヒョ博士の過激な主張を不安だと判断され
結局国防科学調査団は中断されて他の疾病施設も閉鎖されました

ギヒョン:チャン博士はいまどうされているんですか?

ナナファン:あの、私が調べてみたんですけど
       現在チャン博士は、多国製薬会社の一員として
       仕事をしています

ハン:製薬会社ならば研究用の炭疽菌を手に入れる事が
    出来ますね

ミニョン:チーム長 12時現在 志望者が3人更に増えました

ギヒョン:君はイ・ハンとチャン博士を調査しろ
      共犯がいるなら間違いなく痕跡があるはずだ
      ソヌは俺と一緒に製薬会社に行こう

【病院では多くの患者が苦しんでいる】
【製薬会社】

局員:数日前から出勤なさっていないので、
    私たちも探していました
    もしかして、チャン博士になにか問題でも

ソヌ:詳細はお話する事が出来ません

ギヒョン:研究室を見せてください

局員:はい、こちらです

【チャン博士の屋敷】

ハン:ここです
   長く家を空けてはいないようです

ヒョンジュン:あの、ごめんください

【門や扉が開いていて中に入る ハンとヒョンジュン】

【製薬会社研究室】

局員:   反応です

ギヒョン:ここには炭疽菌に関する痕跡はない
      チョン博士の家で確認出来たものがなか
      確認してみろ

ソヌ:はい

【チョン博士の屋敷】

ヒョンジュン:はい

ソヌ:何か発見出来たものがありますか?

ヒョンジュン:最近まで人が暮らしていた跡はありますが
        戸締りが出来て居なくて・・・なんだか・・

ソヌ:もう少し探して見て連絡をください

ヒョンジュン:はい、わかりました
        イ・ハン全部探・・  どこにいったんだ

ハン:ん?女子伝?

【イ・ハンが女子伝の本を取ろうとすると隠し扉が開き 地下へ】

地下研究室の中に入ったイ・ハンが 床に血の跡があるので
その跡を追うと 突然男が出て来て イ・ハンの腹部を刺した後
どこからか荷物を持ってきて、更にイ・ハンに止めを刺そうとするが
後からヒョンジュンが隠し扉をみつけて地下へ降りて来て
警報が鳴ったため、男は炭疽菌をふりまき出ていく】

【ヒョンジュンが警報の音がするほうへ行くと扉があり
 中をのぞくとイ・ハンが内側から扉の鍵をかける】

ハン:下がってください 下がらなければ
    来ないでください

ヒョンジュン:どうしたんだ
        扉を開けろ

ハン:やめてください お願いです
    ここには今、炭疽菌が撒かれました

ヒョンジュン:なんだと?

ソヌ:なんですって?
   チーム長、ハンが炭疽菌にさらされたそうです

ギヒョン:なに

【汽車の中】

友達:ママ 私汽車に乗ったよ
   また電話するね
   ハウンあんたもママに電話する?

ハウン:うん

友達:はい

【NCI】

ミニョン:はい、ユ・ミニョンです

ハウン:ママ 私よハウン

ミニョン:おばさんと言いなさいって言ってるでしょう

ハウン:友達がママに出発前に電話したらって
     言ったのよ

ナナファン:大変よミニョン、ハンが・・どうしたらいいの

ミニョン:ハウンごめん、後で電話するね

ナナファン:どうしたらいいの

【地下研究室入り口】

ヒョンジュン:おい、イ・ハンおまえどうかしてるぞ
        すぐに出てこい!

ハン:炭疽菌は長時間潜伏して
   初期はひどくありません。

ヒョンジュン:お前すぐに出てこないと、この扉を壊して
        中に入るぞ
        折れに殴られて死にたくなかったら
        すぐに飛び出して来い
         早くどけ!

ハン:兄さん 僕は本当に死にませんよ
    IQ187の天才だから IQが高いと言う事は
    問題解決能力が最も優れていると言う事だから
    ここで僕が探したら、治療剤・・すぐに見つけられるんです
    犯人も見つける事が出来るし

【屋敷の外に救急車、パトカーが到着する】

ヒョンジュン:少し待ってろ すぐに戻って来る

ハン:大腸が5㎝だ皮膚削りながら  傷だ
    この場合は特別な治療をせずに止血すればいい

ヒョンジュン:ハンよく聞けよ 準備が出来次第防護服を着た
        要員たちが中にはいるぞ
        お前はその時に外に出て治療を受ければいいんだ
        わかったな

ハン:いや、ここで事件をちゃんと調査する人が必要です

ヒョンジュン:おいお前おれの言う事が聞けないというのか!

ソヌ:被害者たちの生存時間が7時間しか残ってないんです
   糸口を見つけられなければ病院へ行っても無意味です

ヒョンジュン:そうしていて探せなかったら?
        すぐに出てくるように言ってください
        チーム長!
        二度と私の目の前で同僚が死ぬのを見る事が
        出来ません

ギヒョン:イ・ハンを信じて見よう
      それが全てを救う道かもしれないのだ

ナナファン:監視カメラと連結した画面です

ソヌ:今まで私たちが分っていることを整理するわよ
   あなたがそこで見たことを話して見て

ハン:研究室の中に入った時、入口から血の跡がありました
   その時 チャン・ジュウォン博士が死亡していて
   遺体の様子をみると ステンレスで殴られたようです
   遺体の様子から死んで数日経っているようでした
   


ヒョンジュン:一番目のテロが発生する前にチョン博士は
        既に殺害されていたんです
        僕が取り逃がしたアイツに

ソヌ:ハン、そこに共犯についての証拠があるはずよ
   必ず犯人を見つけなければならない

ハン:探して見ます

ギヒョン:中に何が見えるんだ?

ハン:二つの机があります
    一つは机の上が雑然としているけれど
   もう一つは整理が出来ています
   
ヒョンジュン:だったら、作業机が二つと言う事か?

ハン:はい、筆跡が二つあります
   あ、見つけました 名前イ・ソッカン 韓国大学微生物学
   学位をえています
   学位を取った当時の担当教授がチャン博士だったんです
   
ミニョン:イ・ソッカン・・・ 確認してみます

ハン:なんか変です

ヒョンジュン:どうした 何がだ

ハン:イ・ソッカンが作成した研究ノートで性格を見てますが
    派遣された軍人(?)と数日間生活しています
    反抗する事も出来ない従属的です
    自身を主張する性格ではありません

ギヒョン:罪を主導して犯す性格ではないと言うのか?

ナナファン:ハン 写真を見つけたわ
       あんたを攻撃した犯人かどうか確認して

ハン:違います

ヒョンジュン:僕らが取り逃がしたヤツもコイツでは
        ありません

ソヌ:ハン 確かなの?

ハン:しっかりと覚えています こんな目元ではありません

ソヌ:ハン、しっかりしなさい
   そこにあんたを襲撃したヤツについて何かあるはずよ

【上のメモ】
5日目 ネズミ
15日目 犬
30日目 人

ハン:臨床実験に対するメモがあります
   5日目 ネズミ
   15日目 犬
   30日目 人間

   臨床実験の過程は初めにネズミから始めて
   犬のような大きさで試して、少ししたら 人に対して
   感染度を実験するんです

ギヒョン:犯人もテロを起こす前に先ず臨床実験をしたと
      言う事か?

ソヌ:では既に炭疽菌に対する犠牲者が発生しているはずです
   ですがこの事件以前に似たような事件はありませんでした

ヒョンジュン:炭疽菌で死亡するのを知らなかったんでしょう
        ウイルスが広がる時も誰も初めの感染患者が
        ウイルスに感染したことは誰も分からないはずだから
        ナナファンさん聞いているでしょう
        3日前に肺疾患に関連した急性事例があるか調べてください
 
ナナファン:互いに異なる病院の救急室で同じ時間に肺疾患で
       昏睡状態に陥って急死してます
       
ギヒョン:犠牲者たちの名前は?

ナナファン:30歳ミン・ジュヒ、36歳パク・チャンソン、52歳チョ・ヨングです

ヒョンジュン:その日同じ場所に3人がいたかどうか
        確認をしなければなりません

ナナファン:同じ場所で行事員をしてました
       民間競業  周知する行事
       代表の名前はチェ・ウソン・・・オーマイガー
       チャン博士が勤務していた国防研究所で2009年から
       2013年まで4年間軍人として一緒に勤務しています
       ハン、この男の顔を確認して    

ハン:そ、そうです
    そうです、この人です

ヒョンジュン:そうだ、コイツだった

ウソン:何故今になって言葉を変えるんですか

チャン博士:私が使用としていたのは人を殺そうと言うのではない

        大韓民国を混乱に陥れなければなりません
        戦争が再び起きたと考えながら暮らさなければならない
        といっているんです

ウソン:この国を混乱に陥れなければならないと言ったのは
    あなたです
    今更立ち止まることは出来ません
    炭疽菌を新種に作ったのもそんな意味があったからです

チャン博士:核兵器は更に強い核兵器、炭疽菌は炭疽菌
        私は生化学武器テロからこの国を守ろうとしていたのだ

ウソン:ふざけたことを言うな
     あなたは兵卒者であるだけだ、弱い臆病者は必要ない
     言う事が聞けない臆病者には確実な警告が必要なだけだ
     あんたのような



ギヒョン:状況を整理しよう

ミニョン:チャン博士がテロが開始される前に殺害された理由は
     チェウソンの計画に反対したからと言う可能性が高いですね

ソヌ:恐れは人を支配する強力な武器です
   イ・ソッカンはチェ・ウソンに対する恐れから
   服従しているのでしょう

ヒョンジュン:ではチェ・ウソンは軍隊では専門部隊が全部だけれど
         20代で海外派遣の経験があります

ソヌ:軍隊から何故出る事になったんですか
   
ナナファン:   に勤務した時遂行能力が足りないと言う理由で
       部隊院に復行しました。

ソヌ:自己中心性が強い成果主義者のようです

ギヒョン:一度決めたら最後まで変えずに突き進む性格だ

ヒョンジュン:チョ・ウソンが別のテロを準備するとしたら
        絶対にやめないと言う事ですね

ソヌ:では、チェ・ウソンが最後に狙う場所はどこでしょうか

ナナファン:見つけました でも変です
       コードブラック(閲覧不可能)が掛かっています

ヒョンジュン:コードブラック?

ギヒョン:その問題は私が解決しよう

ミニョン:チョ博士の家   を終えたと
      中へ入るそうです

【地下実験室】

要員:ハン要員 大丈夫ですか

【外】

ギヒョン:コードブラックに接触してください
     必ず必要な情報があります
     局長が直接アイツの情報を全てもってきて
     ください チェ・ウソンに対する正確なプロファイル
     が出せるだけのテロの最終目的地を見つける事が    
     出来ます

局長:もう一度尋ねる、本当にこの方法しかないのか

ギヒョン:はい、お願いします

局長:チョ・ウソンは若い時期にアフガニスタン戦争に参戦
    しているが、生化学攻撃で全て全滅した
    しかし実体はは東  国家へ流出した事故だった
    この事実関係を   これに関連するすべての情報を
    廃棄したんだ。

ソヌ:犯人が狙う場所はどこでしょう

ギヒョン:チェ・ウソンのような心理の持ち主は最も象徴的な
      場所を狙うだろう  公共施設や国家遺産のような

ナナファン:チェ・ウソンが使用したコンピュータの暗号化
        されたファイルをいくつか開いて見ましたが
        写真が数枚出て来ました
        送ります
            テロが起きた公園施設で撮影された
        監視カメラ写真で  別の物は天安市東安区
        位置する監視カメラから撮影された写真です

ギヒョン:天安市トナン区・・戦争・・赴任  そして
      象徴的な場所

ミニョン:独立記念館


先生:ぶた

園児:ブーブー

ハウン:わあ、飛行機とてもカッコいい でしょう!

先生:

園児:カンカン

先生:ひよこ

園児:ピヨピヨ

【ハウンがぶつかって転ぶ】

男(ウソン):大丈夫?

【駐車場:恐怖でウソンの言いなりになっているソッカン】

【空調施設に何かを取り付けたウソン】

ウソン:心配する事はない
     イ・ソッカン我々はこれで世の中を変えるんだ

ソッカン:はい


***************************************************************

今回は何時にもまして、聞き取りが難しいですTT
40分まで 聞き取りをしました

分からない部分は空白に、また前後の流れで
創作している部分もあります

聞き間違い、誤訳の可能性があります
ご了承ください<(_ _)>




韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります^^


Amazonタイムセール 毎日チェック




5話



調査官:リッパーがカン・ギヒョンチーム長を狙っていると
     わかったのは何時ですか?

ミニョン:リッパーから強迫電話が来て、ハンビョルが居なくなった
     後でした

調査官:リッパーがカンチーム長本人ではなく、家族を狙った理由は
      何でしょう?

ハン:それがチーム長にとって最悪の苦痛を与えるからです
    他の人の苦痛を見ながら、上位に居る事を感じる
    理想心(異常心)です

調査官:結構です
     5月17日検挙当時の状況をお話しください

ナナファン:私は本当にこの状況に理解が出来ません
       そうじゃないですか、リッパーがチーム長に
       どんな事をしたのか、全部ご存じじゃないですか

調査官:その日、カン・ギヒョンチーム長の行動が理性的
      だったと思いますか?

ソヌ:それは既に報告書に記載した内容です

調査官:よろしいでしょう
     今度は別の問い方をしましょう
     リッパーが再び現れたらカンチーム長は事件を
     理性的に判断できると思いますか?

ソヌ:私が一つうかがいます
   すべて終わった事件でチームを揺るがす本当の理由が
   何なのか

調査官:防がなければならないのではないですか
     リッパーが脱獄して姿を消したと言う事は
     いつでも同じ事が起こりうると言う事ですから

調査員2:今日もキム・ヒョンジュン要員は調査に
      来ませんでした 
      こういう事だと私が別途追跡せざるを得ません

アナウンサー:全国を恐怖に陥れたソウル西北部連続殺人魔
         キム・ヒョンチョルの脱獄の消息をお伝えして
         いつの間にかひと月が過ぎようとしています
         国民の安全が危険である非常事態であるにも
         かかわらず、警察による遅々として進まない
         捜査状況に対し非難が集まる中、警察は
         未だキム・ヒョンチョルの足取りについて
         何一つ手がかりすら把握できていないと
         明らかにしました

ナナファン:キム・ヒョンチョルは甲状腺機能亢進症が治療出来る
       タパゾールを持続的に長期服用していた記録がのこっています
       脳症のためにアンピシリンやメチシリンのようなペニシリン系の
       抗生剤も大量に貰っていて
       だから、1か月間全国にある薬局の処方リストを調査してみたんだけれど
       ある男が感染を理由に偽造した処方箋でこれらの薬を大量に購入した
       記録を確認しました  明確ではないけれど監視カメラの印象が
       キム・ヒョンチョルと類似しています 
       この男がオキシコドンと言う麻薬鎮痛剤と一緒に購入しているので
       オキシコドンは麻薬が大量に含まれているので多量に服用した場合
       幻覚症状を起こす事があるんです
       中毒性が高いので規制対象です

【局長室】

局長:カンチーム長だが、PTSDの症状があると
    心理検査結果が出た
    知っていたか?
    確かに目の前で妻を失ったのだから
    当然の事だがな
    本人が望むので復帰させはしたが、
    上司としては心配ごとが多い

ソヌ:チーム長の問題を何故私にお話になるんですか

局長:君が経過報告をしてくれ

ソヌ:理解できません
   仰りたいことは正確に何でしょうか?
   
局長:君も知ってる通りPTSD症状は、短期間で
    克服できない その期間中チームの者たちは
    皆一緒に後遺症を受ける事になるんだ
    上層部ではカンチーム長を捜査から排除
    すべきではないかと言う事も言っているんだ

ソヌ:あの日私だったらあの場でアイツを殺していたでしょう
   しかし、チーム長は耐え抜かれました

局長:言いたいことは何だね

ソヌ:ハンビョルの為にもチーム長は絶対に崩れたり
   しないでしょう

局長:個人的な感情ではなく、チームのために冷徹に  
    判断したまえ
    結局、君がチームを率いる事になるかもしれないのだ

【公園】

テロップ:事件発生10時間経過 PM22:00

次々と体調を崩す人が現れ 病院がパニック状態

【ミニョンの家】

ミニョン:楽しい?
     ハウン 叔母ちゃんに あーん

家政婦:あら、ハウンいいわね
     叔母さんが美味しいキムパを作ってくれて

ハウン:とっても最高!!
     チョー最高

ミニョン:あー叔母さんがハウンに
     そんな言葉づかいやめなさいって
     言ったよね

ハウン:はい

ミニョン:はい?
      はい、わかりました
      ハウン、叔母さん緊急事件が起きたから
      出かけなきゃいけなくなったの

ハウン:私のキムパは? 約束したじゃない
     叔母さんが手作りのキムパ作ってくれるって
     
ミニョン:おばさん お願いしますね
     私が出て電話します

ハウン:叔母さん

【NCI】

テロップ:事件発生19時間経過 AM07:00

ミニョン:ユ・ミニョンです

イェヨン:疾病管理通知センター ホ・イェヨンです
      昨夜ソウル   救急室だけ52名入院しました
      被害者たちは全て昨日の昼12時頃に公園にいたと
      確認が取れました
      その10時間後の22時頃初の死亡患者が発生したんです

ミニョン:午前7時20分現在 志望者は全体で7名という状態です
      疾病管理センターの報告によると患者たちの血液成分
      分析の結果、炭疽菌が検出されたそうです

ヒョンジュン:炭疽菌?

スンへ:炭疽菌の場合代表的な生物武器です
     炭疽菌に感染したら、初期には病原が潜伏
     した状態で風邪と類似した症状が現れて
     感染程度が酷くなると結局死に至ります

ソヌ:まだ国内での事例はありませんが
   日本ではこれと似た生科学テロ事件がありました
   1993年6月17日と7月2日の2例
   (調べてみたら実際の日付とは異なっています)
   東京にあったオーム真理教支部が炭疽菌を配合して
   撒いた事がありました

ハン:2002年アメリカでは911事件以降
   炭疽菌を      捕まえてくれと言う
   炭疽菌オープンテロで人々を恐れさせました
   異常なのは、炭疽菌だけではこんなに早く死亡に
   至ったりしないと言う事です

ギヒョン:変種だとしたら
     テロを起こす時は普通感染しやすいように
     病原を作る
     空気を通して感染するようにしているはずだ

ハン:その通りです
    息をしただけでも感染するように変種を作ったんです
     
ヒョンジュン:ここのこの傷は数10分の間に傷が2倍に
        広がっている

イェヨン:更に危険なのは外部的な傷ではなく
     呼吸器官の肺です
     毒素が肺に入ると解毒する方法がないので

ナナファン:そでじゃあ、皆死ぬというの?

ギヒョン:マスコミ側の状況は

ミニョン:24時間の間国家情報の緊急報道禁止命令が
     出されている状況です
     また、被害者たちは急性肺疾患患者として報道されています

ヒョンジュン:それでも当事者には先ず話すべきでは
        ありませんか

ギヒョン:もしもこの用法が外に漏れた場合、起こりうる混乱に
      対しては考えないのか

ハン:集合心理学者ル・ボンは群衆の中で暮らす全ての人々の
    理性や自意識が抹殺されると言っています
    情報が露出したら集団パニックが発生する事もあり得る
    と言う事です

ヒョンジュン:混乱を防ぐためならば自分が何故死んで行くのか
        分からない犠牲者を作っても構わなと言う事ですか

ギヒョン:さあ、この問題はここまでにしよう
     我々が被害者を救う道は、事件を知らせる事ではなく
     事件を最大限早急に解決出来る方法を探し出す事だ

ヒョンジュン:チーム長

ソヌ:キム・ヒョンジュンさん、やめましょう

ニュース:急性肺疾患患者が急増していると言う報道です
      昨夜から突然増加した肺疾患患者のために ソウル全域の
      救急室が満員状態だと言う事です

男:このままではだめだ
  集配は終わったか?

研究員:はい、ほとんど終えました
    
【局長室】

局長:事件統制本部をはなから我らの側で設置
    しろというんだな?
    これは、簡単な問題ではない、国にテロ組織が
    介入している可能性も排除できないし

ギヒョン:北朝鮮やISのような海外テロ組織のような動きは
      ほとんどないと言う情報を確認しました

局長:内部者の仕業だと言うのは確かなんだな

ギヒョン:調査が必要な国防部は青瓦台に関連する宿所
        関連新聞社の面談です

局長:一つ間違えばここに居るこの人たちは何としても
    責任を問うだろう
    それがどういう意味なのか君が一番知っているだろうし

ギヒョン:今は、そういうことを問いただしている状況では
      ありません

局長:いいだろう。30分以内に全員到着するよう申請しよう
    すぐにプロファイリング出来る様に準備しておけ

    きみ、大丈夫か?

ギヒョン:ご心配になる様な事はありません


【病院】

医者:特殊犯罪捜査チームから来られた方よ
    いくつか質問をするそうよ辛いなら中断してもいいです
    
ソヌ:じゃあ、今から起きた事を思い出してもらいます
   昨日公園に行った場面をも一度思い浮かべてください
   大丈夫ですか?
   自転車に乗って公園に行かれたんですね
   日差しが当たる感じ、髪の毛が風にそよぐ感じ
   思い出して、どんな音が聞こえたのかそこにどんな
   人たちがいて、また何をしていたのか思いつくままに
   話してください

女学生:暖かくて、風はさわやかでした
     家族と一緒の人たちもいて、とても
     幸せに見えます

ソヌ:さあ、周辺に何がありますか?

女学生:木です、それから 森  散歩に出て来た子犬も
      見えて、丘・・・

ソヌ:何がありますか?

女学生:誰かが居ました 後ろに・・男

ソヌ:どんな男ですか?

女学生:黒い服を着た 顔がよく見えない

医者:毒素が脳に回り言語野が働かないのでしょう
    状態が徐々に進行していると言う証拠です

ソヌ:さあ、もう一度 話してください

ヒョンジュン:セヨン(ソヨン?)さんもう結構です 
        休んでください

ソヌ:もう一度話してみてください

ヒョンジュン:もう、このくらいにしましょう

【病院の廊下】

ソヌ:いきましょう

ヒョンジュン:分からないな
        家族にまでも秘密にすることが正しいのか

ソヌ:我々がいますべきことは
   最大限に早く病原炭疽菌を撒いた犯人を
   探す事です
   犯人の持って居る炭疽菌の抗体が感染した患者を救える
   唯一の道だからです



【NCI】

今から、炭疽菌を散布した事件の容疑者についての
プロファイリング発表を開始します
周辺にプロファイリングと一致する容疑者が居たら
申告してください

ギヒョン:今回の事件は公園で起きました
      公園は散布するには弱い場所です
      しかし、犯人には公園を選択するだけの
      個人的な理由があったと思われます

ハン:このように個人の感情を重視するテロ犯人の場合
   自身の仕事が大変重要だと言う空想家が一因です

ギヒョン:おそらく過去に国内でもこのようなテロが起こりうると
      主張していたと思われます
周辺の人々は彼を感情の起伏が激しく、偏執的で
      秘密が多い、近くに居たくないと評価しているでしょう
      最近数週間共有可能な病剤をつくるのに追加勤務を
      しているはずです  また、炭疽菌提案のために
      自身だけの最高数を持って居るかもしれません

ハン:世界戦に提案、文章を書き本を出版している可能性もあります
   それにもかかわらず、誰も世界戦に関して自分の意見に
   耳を貸さなかったことに怒っている可能性が大です

ギヒョン:時間が緊迫しています
      最大限に早く犯人を捕らえなければ
      深刻な状況に陥るしかありません
      犯人は皆さんの周辺にいると思っています

【外】

記者:出て来たぞ

記者:公園が閉鎖された本当の理由はなんですか

    国家捜査    と言う話もありますが事実ですか
 
ミニョン:まだ確実に発表出来る事はなにもありません
          状況が確実になり次第すぐに記者会見を
     開きますのでご協力をお願いします

ソヌ:浄化作業、終わりましたか?

要員:はい、もう安全です

女学生:家族たちと一緒に来ている人たちが居て
     散歩に出て来ていた子犬もみえて
     とても幸せにみえます
     誰か、居ました・・

ソヌ:遠くに誰かいた・・丘に
    黒い服を着た男

ヒョンジュン:事件が起きた時間に北東の風が吹いていて
        おそらくこの場所だったはずです
        犯人はここで風に乗せて粉を撒いて・・ あそこまで
        飛ばしたはずです

ソヌ:その日被害者は何も知らず公園に散歩に来た人が
    大部分です

ヒョンジュン:被害者が死んでいく事を考えながら快感を
        感じていたんでしょうか

ソヌ:だとしたらもっと実覚的に反応を感じる事が出来る
   方法をとったはずです
   間違いなく他の理由があるはずです

ヒョンジュン:過程を見ながら楽しむやつも居るでしょう
        うしろのヤツみえるでしょう
        炭疽菌だと報道されていないのに一人
        保護マスクをつけて、いつでも逃げ出せるように
        運動靴まで

ソヌ:あいつがその理由であるとも言えますね



ヒョンジュン:はい、ナナファンさん

ナナファン:はい ヒョンジュンさん
       ソウル森の近所30キロメートル以内の監視カメラ
       全て確認してください

【NCI】

ナナ:あ!

ヒョンジュン:どうでしたか?

ナナ:あーそれが、だから まともに撮影出来ている場所が
   一か所もありません
   ましてや帽子をかぶっていて顔面認識検索も出来なくて

ヒョンジュン:どれ・・
        間違いなく組織敵意訓練を受けたやつだ


【捜査本部】

ソックン:私は新劇部隊所属チョ・ソックン大尉と申します
      私が見つけた兵士を確認してみられますか
      話されていたプロファイルと一致する部分が
      あると思うんです
      
      ジュピタープロジェクト問題で開かれた国会聴聞の
      映像です。
【ジュピタープロジェクト:駐韓アメリカ軍の
 駐韓アメリカ基地の生化学戦対備防護体形構築プログラム】

今、アメリカによって数十万人を殺害出来る量の炭疽菌が
駐韓アメリカ基地の   に宅配で配達されました
これはまさに、大韓民国の現実です

【後ろの横断幕:研究有益評価会】

もしも、これが北朝鮮の仕業だったらどうしますか
この炭疽菌を不特定多数を対象に公園や公共施設に
撒かれたら数百いや数千人が死ぬでしょう
こんな風に継続して目をつぶっていたら、準備も出来ずに
我々国民全てが犬死にをすると言う事です


****************************************************

今回は、化学兵器と言う事で
何時にもまして 聞き取りが難しいです><

分からない部分は飛ばしたり 前後の流れて
創作(捏造)していますご了承ください<(_ _)>

誤訳の可能性がありますので、持ち出しはご遠慮ください<(_ _)>




韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります^^


Amazonタイムセール 毎日チェック




ミニョン:リッパーが奥様とハンビョルを連れてどこに
     行ったんでしょう

ハン:リッパーは相手をとどまらせておくタイプです
   だから奥様も自分の方に来れないようにしたんです

ヒョンジュン:チーム長に自分の力を見せているんだ

ソヌ:おそらくチーム長に感情的に大きな力を感じる所
   見せようとしているんでしょう

ナナファン:チーム長にとって感情的にもっとも大きな
       物を感じる場所

ヒョンジュン:まてよ さっきキム・ヒョンチョルが通話しながら
        何と言った?

ハン:玄関
    玄関の扉を開けてくれと言いました

ミニョン:家、チーム長の家です

ヒョンジュン:リッパーはチーム長の全ての物を手に入れる事を
        望んでいるんだ

ソヌ:チーム長

ギヒョン:ああ、なんだ

ソヌ:リッパーがチーム長の家に行っています

ギヒョン:分っている

ナナファン:チーム長 リッパーが電話を掛けています

へウォン:ギヒョンさんあなた大丈夫なの?

ギヒョン:もちろん俺は大丈夫だ

へウォン:だけど何故・・新しい要員が言うには



へウォン:ギヒョンさん

ギヒョン:へウォン、キム・ヒョンチョルは今俺らの通話を
     聞いているんだろう?

へウォン:ええ・・ ごめんなさい
      私あの人の言葉だけを信じて

ギヒョン:へウォン、辛いだろうが
      弱い姿も恐れている事も見せるな

へウォン:わかったわ

ギヒョン:怖がるなへウォン

ヒョンチョル:カン・ギヒョンは俺との取引について話してくれたか?

へウォン:取引ですか?

ギヒョン:聞くなへウォン
     お前を怒らせようと言う魂胆だ

ヒョンチョル:だからお前が話をしておけよ!
        おー、ごめんごめん
        お前の傲慢なプライドのせいで
        美しいへウォンさんはもうすぐ死ぬ事になるぞ
        このちびっこ警察も

へウォン:あの人、今何を言ってるの?

ギヒョン:無視しろ、聞いたらだめだ

へウォン:私はあなたを信じるわ
      あなたを信じます

ギヒョン:へウォン、隣にハンビョルがいるだろう
      ハンビョルに言うんだ、俺が事件の捜査をしているんだが
      ハンビョルの助けが絶対に必要だって

へウォン:ハンビョル聞こえた?
      ここにおいで、お父さんに挨拶しなさい
      
ハンビョル:お父さん アンニョン

ギヒョン:アンニョン ハンビョル
  
ハンビョル:お父さん、お父さんの友達が悪い人なの?

ギヒョン:そうなんだ、ハンビョルよく聞くんだぞ
      ハンビョルは今から俺と一緒に事件を解決しよう
      お父さんはハンビョルの助けが必ず必要だ
      お父さんが今何を言っているのかわかるな

ハンビョル:うん
       お父さん心配しないで

ギヒョン:ハンビョル、お父さんの代わりに お母さんを一度
     ぎゅっと抱いてくれるか?

へウォン:お母さんがハンビョルの事をどれだけ愛しているのか
      わかってるわよね

ハンビョル:お母さん

ギヒョン:ハンビョル 開始 チクッ タクッ

ハンビョル:お母さん僕 出動しなきゃならないんだ
        お父さんと一緒に事件を捜査しているんだ

ヒョンチョル:ちびが とても可愛いな
        見つけてやるぞ ちびっこハンビョル

へウォン:あなた、ギヒョンさん(こっちへ)来ているんでしょう?
 
ギヒョン:へウオン すまない



へウォン:いいの、私に謝らないで
      私は貴方と幸せだっただけで充分よ
      ハンビョルが私の事で自分を責めないようにして
      あぁ、あなた私はもう一度だけ会いたいけれど
      だめよね
      これ、貴方がハンビョルに言ってちょうだい
      私がハンビョルから離れたんじゃないって
      やくそくして、約束してちょうだい

ギヒョン:約束するよ 約束する


ヒョンチョル:お前はおしまいだ お前の息子 あのチビを
        探し出して 死んだ両親を見せて
        これら全部 お前の息子のせいだと話して聞かせてやる
        そしてその後に・・



ソヌ:チーム長!
   殺す価値もない者に振り回されては
   我々も資格がありません (射撃が出来ません?)


ギヒョン:そこで何をしていたんだ?
      
ハンビョル:お父さんのように事件を捜査していたんです
      警察ごっこ

ギヒョン:カン・ハンビョルお父さんと一緒に事件を捜査してくれて
      有難う。 お父さんはいつもお前の助けが必要だ



ハンビョル:お父さんの言う通りに事件の捜査をしていました

ギヒョン:よくやった 偉いぞハンビョル
      よくやった

ハン:ハンビョル 大丈夫か?


ソヌ:もしも悪魔が存在しないと言うならば
   それは、人間が悪魔の代わりをしているからだ 
   ドストエフスキ―


 
へウォン:私の旦那様は私がいなかったらどうやって
      生活するのかしら  ネクタイも絞められないのに

ギヒョン:行ってくるよ

ナナファン:おー上手ね

       今度はここね


緊急速報です
全国民を恐怖に陥れた連続殺人魔キム・ヨンチョルが
緊急逮捕され5日ぶりの今朝午前1時拘置所から
脱獄しました。
殺人魔キム・ヒョンチョルは自殺を図った後
病院へ緊急移送中に脱出したと知らせられました





韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります^^


Amazonタイムセール 毎日チェック



【NCI】

ナナファン:ヒョンジュンさん

ヒョンジュン:ソ・ジナンの引き出しから出て来た物です
        基本の検査は全て終えてます
        
ナナファン:これなんだろう
       ジナンの
       さあ、開いて見ますよ

【取調室】

ジナン:私が皆殺しました
     初めから私が殺しました
     
ギヒョン:あなたが本当にリッパーですか?
   
ジナン:全て覚えています
     一番目の殺人は2002年4月25日  公園でした
     林の中に入りました
  
     公衆電話です
     公衆電話があったんです



     警察に電話を掛けました
     私がまた人を殺しました 
     1回2回3回 続けていたら慣れて来るでしょう
     
ヒョンジュン:どうしたんですか?

ギヒョン:あいつは犯人じゃない

ヒョンジュン:指紋、現場監視  写真ファイル
        加えて容貌と条件 それに決定的な本人の自白まで
        もっと(なにか)必要なんですか

ギヒョン:あいつが今自白しているのは3番目の事件だ
      リッパーが初めて公衆電話から通報を始めたのは
      4番目からだった

ヒョンジュン:嘘の自白をしていると言うんですか?

ハン:頭を下げたまま唇をぐっと閉じて
    指先をずっと掻いていますね
    不安が現れていますね

ソヌ:何かに追われている人のようにずっと
   震えています

ギヒョン:なんだろうか
     あいつをあんな風に恐れさせているもの

ハン:リッパーが狙ったのがチーム長の家族でしたね
   
    この人たち、今どこにいますか?

ジナン:知りません

ヒョンジュン:おい、よく見ろ
        本当にリッパーに脅迫されているのか?

ハン:リッパーです、リッパーが
    ソ・ジナンさんの家族で強迫したんです

ジナン:あいつです あいつが俺の家族を
     あいつに捕らえられたんです
     息子を息子を助けてくれ
     申し訳ない 申し訳ない どうか 息子を 息子を

ナナファン:チーム長・・ これはどういう事なのか分からないんですが・・  
  
ソヌ:なに、どうしたの?

ナナファン:私たち、ハッキングされたみたいです

ギヒョン:どういうことなのか説明してみろ

ナナファン:外部から攻撃されたのではありません
       誰かが内部プログラムをハッキングしたようです

ヒョンジュン:USB    
ソ・ジナンの家からもってきた証拠品です

ハン:リッパーが写真の中にわざとプログラムを忍ばせたんです

ハン:これは、ステガノグラフィーです

【ステガノグラフィー :メッセージが転送されていると言う事実を
              隠す技術。メッセージおよびオーディオファイルと同じ
              多様なデジタル媒体を通してメッセージを隠して転送
              する事を言う】

ハン:転送できる機密情報をイメージファイルやXファイルで暗号化して
   植え付ける暗号ファイルです
   イメージをクリックした瞬間に内部に接触してハッキングされたんです

ヒョンジュン:リッパーが保護プログラムを持ち出して全ての事を創作
        したんだ
        
ハン:一時的に   プログラムを使ってみましょう

ナナファン:既にやってるわ
       幸い、まだ保護プログラムには侵入していないようです

ハン:   していたなら、侵入されるのは時間の問題です

ヒョンジュン:リッパーはすでに全て知っていたんです
        だからソ・ジナンを送り込んだんでしょう

ソヌ:我々がなにか見落としているんです・・」間違いなく

ギヒョン:ヤツがずっと我々を見張っていたとしたら

ミニョン:え? それはどういう意味ですか?

ヒョンジュン:ちょっと待ってください。 先日セヨンが変な事を
        言っていました。

        そうだ、セヨン 僕になにか話があるんじゃないのか?

セヨン:ハッカ飴

ヒョンジュン:ハッカ飴?

セヨン:あのおじさんから匂ったの ハッカ飴の匂い

ヒョンチョル:ユジンが手をぎゅっと握っていたそうです
        どれだけ苦痛だったら
        (どれだけ苦痛だったら)
        指を開こうとしても、開かなかったとそうです
        (開かないんです)
        開かなかったそうなんです

ギヒョン:キム・ヒョンチョルはどうしてあの日コ・ヒジンの指が
      開かなかったことを知ったんだろうか
      あの時ヒョンチョルは既にリッパーに数十回刺された
      状態だったはずだ
      たとえ意識があったとしても、コ」ヒジンの指を開ける
      位置にはいなかっただろうし
      誰がキム・ヒョンチョルにそれを離したんだろうか
      あたかも自分がそうしたかのように・・

ソヌ:ようやくわかりました
   何故カップルを殺害してなぜあんなことを言ったのか
   
ヒョンチョル:お前たちは俺を不安にしたが、俺は幸せだ
        それは俺をこんな風にした両親に俺が出来る
        最高の復讐だと思ったんだ

リッパー:俺の顔が気になるだろう?

ヒョンチョル:本当にリッパーを捕まえられるんですか
        もしも一致しない10%に真実があったとしたら
        その時はどうするんですか?
        地獄は一度落ちれば絶対に抜け出す事は
        出来ません  それで終わりだ

ギヒョン:キム・ヒョンチョルがリッパーだった

ナナファン:オーマイガッ

ヒョンチョル:どうだカン・ギヒョン  少しは驚いたか
        この世が面白くなってきた あー ところで
        どうする? この動画が再生されていると言う事は
        お前本当に  
        この人たちが見えるか? お前の手にあの人たちの
        命が掛かってる どうだ、お前が救い出しに走って来るか
        まだ、後悔しない自信があるのか?

ギヒョン:どけ、あいつが俺をからかっているのが見えないか
     ヤツの狙いは俺だ

ヒョンジュン:あれはヤツが仕掛けた罠です
        お分かりになりませんか

ミニョン:チーム長これはすでに12時間も過ぎた録画状態です

ヒョンジュン:ヤツは結局家族や人質のどちらも選択できないように
        仕向けるはずです

ナナファン:キム・ヒョンチョルは ヤツが追跡した痕跡を継続して
       見せています  鳥肌が立つわ

ギヒョン:ストップ!

      よろしく頼む

要員:私の家族のように考えます

ギヒョン:カン・ギヒョンです
      リッパーが位置を追跡しているようです
      継続して監視しているはずです
      今どこにいるのか知らねばなりません
      メッセージに気づいたら連絡ください

ナナファン:位置追跡出来ました


ギヒョン:救急車を呼べ 救急車

要員:チーム長
    すぐに救急車が来ます すこしだけ耐えてください
    
要員:申し訳ありません

ギヒョン:キム・ヒョンチョルはへウォンの顔を知っています
      へウォンが持って居る番号はなんですか
      
要員:チーム長私が教えませんでした
    私が話したのではありません

    私が口を割る前に私の命がなくなるだろう
    
ヒョンチョル:お前が苦痛をこのように味わってもか
        お前が生きている間に俺に話す事になるさ

要員:チーム長

ギヒョン:隣にいます

要員:チーム長に言わなければならない事が残っています
    
ヒョンチョル:へウォンさん、子供の名前では番号登録をしていないだろうから
        もしかして、簡単に短縮番号で・・     
 
        もしもし、ソ・ヘヨンさん?
        あー、間違いましたすみません

        もしもし、ソ・ヘヨンさん?

ヘヨン:はい、私です



ヒョンチョル:あー ソ・ヘヨンさん

要員:通話しないでください、これは私ではありません

ヒョンチョル:驚かせて申し訳ありません
        私は特殊所属チョン・ジノンと言います
        今問題が起きました。奥様を警備していた特殊要因が
        殺害されました 

へウォン:なんてすって? それはどういう事ですか?

ヒョンチョル:それと奥様、これは何と申し上げて良いか
        カン・ギヒョンチーム長も殺害されました
        私との通話を終えたらだれとも通話をしては
        いけません。今使っている電話機もすぐに
        捨ててください盗聴されています
        何とかして他の電話機を手に入れて、
        私に電話してください

へウォン:あの、本当にギヒョンさん・・
      本当に確実なんですか?

ヒョンチョル:面目ありません
        奥様、申し訳ありません

        また会おう
要員:奥様がリッパーの手に渡ろうとしています

ギヒョン:もう少し もう少し堪えてください

要員:チーム長 申し訳ありません チーム長・・


ミニョン:奥様の携帯の位置追跡も不可能だし
      どうしたらいいでしょう

ヒョンジュン:何としても方法を見つけなければ

ハン:連結出来ました

ギヒョン:要員の携帯からへウォンに電話をしてる
      ヤツはへウォンに要員と俺が死んだと話したんだ

ソヌ:すぐに携帯の位置追跡をしてみます
   奥様に携帯はありませんか

ギヒョン:いや、キム・ヒョンチョルはへウォンに携帯を捨てて
      別の携帯から電話をしろと言ったんだ
      
ヒョンジュン:チーム長今どちらにいらっしゃるんですか
        私がそちらに行きます

ギヒョン:へウォンが俺に電話をしてくるかもしれない
  
ソヌ:チーム長先ずは事務所に戻ってください

ギヒョン:へウォンならばきっと確認するはずだ
      俺が死んだという事を信じる事が出来ると思うか

ソヌ:落ち着いて考えてください
   今、奥様はキム・ヒョンチョルを信じています
   キム・ヒョンチョルはずっと一歩先を行っています
   今頃は奥様がいらっしゃる場所を見つけているかもしれません

ヒョンジュン:もしかして、ヤツがどこに連れて行こうとしているか
        心あたりがおありですか?

ナナファン:見つけたわ! キム・ヒョンチョルは
          を忙しくうろうろしています

ギヒョン:それはどこだ?

ナナファン:まだソウルです
        キャプテン、いま座標を送ります

ソヌ:チーム長?チーム長?
   今、電話を切ったの? この音は何?

ナナファン:チーム長です
       キム・ヒョンチョルに電話を掛けてるわ

ヒョンチョル:ひさしぶりだな カン・ギヒョン

ギヒョン:どこなのか言え

ヒョンチョル:おー、怒った
        心配するな、お前が持って居る物全部
        それは慎重に整えてやるから
        どうした、面白くないか?
        もしもし
        あーっ、静かだから怖いじゃないか
        俺が知っているカン・ギヒョンは挫折なんて
        しないと思うが ちがうか?

ギヒョン:お前の言う通り挫折などしない
      何故だかわかるか?俺はお前が考えて居るより
      ずっと意志が強いんだ

ヒョンチョル:そうだろう
        そうこなくちゃ
        それでこそカン・ギヒョンだ

ギヒョン:実はお前はへウォンの居場所も知らないんだ
     だから探し出すようにしたんだろう

ヒョンチョル:どうするよ 失望だな
        俺がそんなに怠け者にみえるか
        
ギヒョン:お前は今拉致していると見せようとしているんだ
     
ヒョンチョル:


ギヒョン:キム・ヒョンチョルお前の母親は父親からお前を守ろうとした
      だがそれが出来なかったんだろう 
      だから母親を憎んだんだ ちがうか?
      母親が死んでその時から全ての女たちを弱い存在だと
      思ったんだ

ヒョンチョル:お前の考えだ  折れの考えは違うぞ

ギヒョン:お前が家に火をつけて両親を殺したのは
      いつだった?
      その時が9歳だったか?

ヒョンチョル:それはただの事故だったんだ

ギヒョン:確実にその事故はお前にとって耐えがたかったはずだ

ヨンチョル:それも誰と会話してるんだ?
       別に面白くもない 退屈だ
      
ギヒョン: キム・ヒョンチョル俺にとってはただの有名な
       連続殺人魔じゃない お前はリッパーだから
       約束するよ 我々は     するよ 無視したりしない

ヒョンチョル:どうして弱気になるんだ
        これからが始まりなのに(始まったばかりなのに)
        
ギヒョン:頼むからキム・ヒョンチョル
      もう一度考えてみろ

ヒョンチョル:どうだ、そろそろ感じるか
        徐々に恐れと言うのがどういう物か

ギヒョン:お前は本物として生きたことがないじゃないか
      愛する人たち、家、幸せな笑い声

ヒョンチョル:だから   俺はお前からそれを奪うんだよ
        どうした、ダメか?
        おーっちょっと待て これはどなたかな
        へウォンさんが笑うのは本当にいいな
        香りもいいだろうな そして、可愛いちびっこは
        どこへいったんだ?
        あー、・・・みつけた
        ちょっとまった、ちょっとまった

        はい、奥様 私は到着してお待ちしていました
        いいえ奥様 そのまま玄関のドアを開けてください
        私が今入っていきます

へウォン:はい、はいわかりました

ヒョンチョル:カン・ギヒョンさん すなまいなどうしたらいい
        行かなければならない  美しいお前の妻が
        俺を待っているんだ


*****************************************************
43分辺りまでです

聞き取れない部分はねつ造していたり
飛ばしていたりします。ご了承ください<(_ _)>

誤訳の可能性もありますので
持ち出しはご遠慮ください<(_ _)>



韓国芸能人・俳優 ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性芸能人・タレントへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると励みになります^^


Amazonタイムセール 毎日チェック


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
一日に1回ポチッ宜しくお願いしますm(__)m
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アマゾンショップ
キーワードをイ・ジュンギにしているのに・・ 他のジュンギ作品が紹介される事もありますが~^^;


Kindle
Kindle本ストアー
人気ブログランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポーツ&アウトドア商品